==========================================================

 

KAZIK

 

Japanese character direct input code "KAZIK" Ver.2.15

WXG ローマ字ギャラリー設定ファイル

Copyright (C) 2000 Yoji Hagiya

==========================================================

 

  KAZIK(ケイズィック)について

--------------------------

 

 KAZIKは、日本語の入力において、漢字を入力する際に、仮名漢字変換を使用せずに漢字を直接入力する為のコードです。

 このような入力方法のことを一般に漢字直接入力或いは「漢直」と呼びます。

 漢直に関する詳細な情報を知りたい方は、次のホームページを参照してください。

 http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/index.html

 

 KAZIKは、習得しやすさを追及した「漢直コード」です。その分、習得後の作業効率は若干犠牲になっています。その理由は無連想式の場合、2から3ストロークで漢字を1文字入力できますが、それに対してKAZIKでは平均4ストロークが必要になるからです。

 

 例えば、「漢」という文字を入力する場合は、"kz;r"と入力します。

 

 KAZIKは、連想式可変長ストローク型の漢直コードです。コードの前半は、入力しようとする漢字の代表的な読みをAZIK風の拡張ローマ字で記述したものです。AZIKに関する詳細な情報を知りたい方は、次のホームページを参照してください。

 http://hp.vector.co.jp/authors/VA002116/azikinfo.htm

 

 読みは、JISコードの作者がその配列を決定する段階で、その漢字の位置を決定するのに用いたであろうと思われる読みです。殆どの漢字は音読みですが、常に音読みであるとは限らないので注意が必要です。例えば、猫はビョウではなくネコと読んでいます。

 

 後半は、同音の漢字を異なるキーに割り当てる為のIDです。同音のグループに属する漢字は、その頻度順に、打ちやすいキーに割り当てられています。この様にKAZIKを習得する際には、読み方と頻度という2種類の基準でコードを決定してあるということを念頭に置いておくと習得するのが容易になると思います。

 

 キーの打ちやすさの基準は、そのキーを押すための指の運動量と疲労度です。科学的或いは統計学的な根拠はありません。単に作者の経験だけで決定しました。

 打ちやすさの順に並べると、中指、薬指、人差し指、小指、人差し指伸で押されるキーの順になります。人差し指が薬指より下位になっているのは、人差し指が薬指の倍のエリアをカバーする必要が有り、特に内側のキーを押す場合にその運動量が大きくなり、疲労度を増す原因になると考えられるからです。

 段については、中段、上段、下段の順が打ちやすいと考えられます。

 手は、左手、右手の順が打ちやすいと仮定しています。これは、IDの1文字目が';'か'/'になるので、反対側の左手の方が打ちやすく感じられるからです。

 

  IDの1文字目は最初の30個までには';'を使用し、それより後のものには'/'を使用します。

 

  IDの2文字目の順番は次の通りです。

        d s f a g k l j ; h e w r q t i o u p y c x v z b , . m / n

 

 

 AZIK風ローマ字拡張法

--------------------------

 

  AZIK風ローマ字拡張用のキー配列図(m(as)m氏作。一部追加)

 

            +----+----+----+----+----+ +----+----+----+----+----+

            |ky/|W /|−/|R /|T /| |Y /|−/|−/|−/|hy/|

            |/ai|/ei|/E |/ut|/it| |/ot|/U |/I |/O |/ou|

            +----+----+----+----+----+ +----+----+----+----+----+

            |−/|S /|D /|F /|G /| |H /|J /|K /|ry/|; /|

            |/A |/at|/en|/et|/  | |/uu|/un|/in|/on|/  |

            +----+----+----+----+----+ +----+----+----+----+----+

            |Z /|sh/|ch/|by/|B /| |N /|M /|  /|gy/|  /|

            |/an|/ak|/ek|/ui|/uk| |/ik|/ok|/  |/  |/  |

            +----+----+----+----+----+ +----+----+----+----+----+

 

 ヘボン式ローマ字で記述された文字列をAZIK風のローマ字拡張で短縮するには、以下のような変換を段階的に適用します。

 

        撥音拡張(漢字の読みが撥音のみの場合)

                ann -> an

                inn -> in

                unn -> un

                enn -> en

                onn -> on

 

        拗音拡張

                sh? -> x?

                ch? -> c?

                ky? -> q?

                hy? -> p?

                by? -> v?

                ry? -> l?

                gy? -> .?(文末の'。'の直後では、先ず'。'を確定する必要有り)

 

        二重母音拡張(但し、漢字の読みが二重母音のみの場合は適用しない)

                ai -> q

                ui -> v

                uu -> h

                ei -> w

                ou -> p

 

        撥音拡張

                ann -> z

                inn -> k

                unn -> j

                enn -> d

                onn -> l

 

    ツクチキ拡張(一語目の母音と二語目の子音の良くあるパターン)

                at?     -> s

                et? -> f

                ut? -> r

                it? -> t

                ot? -> y

                ak? -> x

                ek? -> c

                uk? -> b

                ik? -> n

                ok? -> m

       

    上記以外の場合はふたつ目の子音までを使用します。

   

    具体的なデータは、KAZIK.GRXファイルを参照してください。

 

  パッケージの内容

--------------------

  README.TXT ... このファイルです

 KAZIK.GRX  ... KAZIKの設定ファイル(ソース)

 KAZIK.GRT  ... KAZIKの設定ファイル

 

  インストール方法

--------------------

  "KAZIK.GRT"を「WXG」の"DIC"フォルダにコピーする

 「WXGのプロパティ」の「入力・変換」タブの「カスタマイズ」ボタンを押す

 「WXGカスタマイザ」ダイアログの「ローマ字」ボタンを押す

 「ローマ字」ダイアログの「ローマ字ファイル」を"KAZIK.GRT"に変更する

 「OK」または「閉じる」ボタンを押して、開いているダイアログを閉じる

 

  使用方法

------------

ローマ字かな漢字変換のモードで使用してください。普通のローマ字を打つようにKAZIKコードを打ち込めば、IDを入力した時点で対応する漢字が表示されます。

 

 

 

 

  注意点

----------

  かなの入力はAZIKとほぼ同一ですが、「っ」専用キーがKAZIKでは、:(DOS/V)または、”’”(US)になっています。これは、漢字のIDのプレフィクスとして、;を使用している為です。この為、「ー」を入力する場合は従来通り、-を入力する必要があります。

 

  漢直の練習法(河合氏直伝)

-----------------------------

  覚えたい漢字を使った熟語をなるべくたくさん思い出して、くりかえし打つ練習をする。その際、対象漢字の熟語内の位置や読み方が替わるように熟語を選ぶようにすれば、より効果的。

  例えば、覚えたい漢字が『石』であれば、石川(いしかわ)、岩石(がんせき)、明石(あかし)、流石(さすが)というように、音読み/訓読み/その他、熟語の先頭/最後に置かれるなど、バリエーションが多いほど良い、ということです。

  また、読みを頭の中でしっかり発音しながら打鍵します。

  熟語の他の漢字をまだ覚えていない場合は、かなで打ちます。

 

  動作確認

------------

 WXG Ver.4.03.027以降でのみ動作確認しています。

 

  配布条件

------------

  Freewareとして取り扱ってください。

  作者の承諾無しに商用に利用することは著作権法に違反します。

  このコードを使用することによって発生するいかなる問題に関しても、作者は 一切責任が無いものとします。

 

  謝辞

--------

  KAZIKを開発するにあたり、次の方々のご協力を得たことを感謝します。敬称略。

 

  増村成吾         数々のアドバイスをして頂きました。

                   漢直ナビゲーションソフト「漢ナビ」の開発者。

                   このドキュメントも増村氏の作成物を一部利用しています。

      http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/index.html

 

  河合宏昌         KAZIKの元となるデータと諸々のアドバイスを頂きました。

                   ローマ字かな漢字変換と併用可能な無連想式漢直法の開発者。

                   漢直トレーニングソフト「漢トレ」の開発者。

      http://www.sala.or.jp/~hiro-kwi/index.html

 

  木村 清          KAZIKにAZIKの概念を適用することを許可して頂きました。

                   AZIKの開発者。

      http://hp.vector.co.jp/authors/VA002116/azikinfo.htm

 

  Tomohira Tabata  漢字の出現頻度表を利用させて頂きました。米国在住。

      http://www.loba.net/index.html

 

  連絡先

----------

  KAZIKに関するご意見・ご質問等は、

  萩谷洋治 / Yoji Hagiya

y_hagiya@f5.dion.ne.jp

  まで。

 

 

  拙作のCtrlPlus(Use WordStar Commands in Windows)もよろしく。

  http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an016686.html

  http://www.geocities.com/y_hagiya/