ELISAT10.DOC



恵梨沙フォントバージョン 1.00 for X Window System

    Copyright 1993,1994,1995 (C) by ELISA FONT PJ all rights reserved.


1. はじめに

X Window System 用恵梨沙フォントバージョン 1.00 "elisat10.bdf " は恵梨沙
フォントPJの正式な承認を得て、としちゃんが公開するものです。

恵梨沙フォントを X Window System 用に変換したものとしては、「いじじま☆
だい」さんによる 10x8 ドット版の elisau10.bdf *1 があります。本パッケー
ジは 8x8 ドット版です。


2. 変換処理の内容

フォントイメージはオリジナルの ELISA100.FNT そのままです。オリジナルの
ELISA100.FNT を「ふぉんと昆布 *2」を用いて DOS/V $FONTX2 形式に変換した
後、自作の「fontx2bdf *3」 を用いて X Window System BDF 形式に変換しまし
た。その後コメント等を手作業で変更しました。


3. 使用条件、再配布条件、転載条件

使用条件、再配布条件、転載条件については全てオリジナルに準じます。詳細は
同包のオリジナルドキュメント elisa100.doc を参照してください。


4. 著作権

X Window System 用恵梨沙フォント elisat.bdf の著作権は恵梨沙フォントPJ
が所有しています。


5. インストール方法

通常の X Window System 用フォントと同様です。
「OpenBSD/NetBSD 日本語環境補完計画」中の
    http://cclub.tutcc.tut.ac.jp/netbsd/japanese/netbsd-jp19-0.html
に詳しい説明があります。また、いしじま☆だいさんによる、10x8 ドット版恵
梨沙フォントのドキュメントにも詳細な記述があります。参考になると思います。


6. おまけ: JIS.X0201, ISO-8859-1 フォントセット

X Window System 用恵梨沙フォントは、JIS.X0208 フォントです。通常これと組
み合わせる JIS.X0201, ISO-8859-1 フォントが必要になります。本アーカイブには
4x8 ドットの JISX.0201, ISO-8859-1 フォントを同包しています。

NIFTY-Serve FHPPC のデータライブラリ 8番に yadcd00.lzh というアーカイブ
が登録されています。このアーカイブ中に jpnhn4x.fnt という DOS/V FONTX2
形式のフォントデータが収録されています。このフォントを、恵梨沙フォントと
同様の方法で X 用に変換しました。

jpnhn4x.fnt の著作権については yadcd00.lzh 同包の jpnhn4x.doc に記述され
ています。このドキュメントは短いので、ここに全文を引用します。

-=-=- cut here -=-=- cut here -=-=-
jpnhn4x.fnt

    FONTX2形式の4×8ドット半角フォントです。英数字と記号は関谷が作成
    し,カナは大島篤氏が作成されたものに関谷が手を加えました。

    このフォントはPDD(Public Domain Data)扱いとしますので,自由に改
    変,転載してくださって構いません。

                        JBD00432 ひろ.(関谷博之)

-=-=- cut here -=-=- cut here -=-=-

7. 連絡先

としちゃん

URL:http://www2a.meshnet.or.jp/~tea/



$Id: elisat10.doc,v 1.2 1997/11/19 17:19:17 toshi Exp $

*1 http://w3.tri.pref.osaka.jp/~ishijima/freesoft/elisau10-doc.html

*2 http://www.vector.co.jp/vpack/browse/software/dos/writing/sn018864.html
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/software/dos/writing/sn022261.html

*3 http://www2a.meshnet.or.jp/%7etea/toshi/exhibition/



注記)諸般の事情からメールアドレスの表記を削除しております。(2003.10.26)



Go Family

Go Home