財テク

大学時代から財テクに興味を持つようになりました。当時は中期国債ファンドの利率も4%程度あり、毎月利息が増えるのが楽しみでした。

現在は超低金利時代ですが、お金のより良い運用方法を考えていきましょう。


お勧め金融商品
  1. 郵便局の1ヶ月もの定期貯金を千円一口で預ける。自動更新にすると、年利率は1.2%ですが、毎月現金受け取りにしておいて、1ヶ月+2日毎に預けかえると年利率は2%程度になります。
    今年(1999年)から一口千円にすることができなくなってしまいました。現在自動継続中のものはそのまま残るようですので、自動継続中のものはなるべくおろさないことをお勧めします。(実践中)
  2. 証券会社(野村證券がお勧め)の US MMF。アメリカのMMFで、為替変動リスクや、円/ドル変換手数料が往復で1%程度(1ドル辺りの変換手数料は野村證券の場合往復1円)かかるものの、現在の予想配当利回りは5%弱になっています。(実践中)
  3. 証券会社(野村證券がお勧め)の ユーロ版 MMF(のようなもの)。野村證券では「ボンド・セレクト・トラスト」という商品の中に「ユーロ」を扱うものができており、これは円/ユーロ変換手数料が往復で1.5円で、他の証券会社の同様の商品に比較して割安です。現在の予想配当利回りは3%程度になっています。(実践中)

お勧め証券会社
セゾン証券(セゾンカードからの案内にはセゾンカードのホームページから Finance GALLERY を選択とありますが。)
フリーダイヤルで通信取り引きができます。証券会社が近くにないときでもここなら手軽に取り引きできます。ずっと待ち望んでいた US MMF も「スーパーMMF」という商品名で11月から始まりました。

Natchsoft's Home Page へ

natch@anet.ne.jp
counter since 1998.2.16