bar_logo

Home / Products / Applets / Lab / Shop  


PRODUCTS / GeoStudio / 1 2 3 4 5 6 7 Download
back next
gs_title
 GeoStudioには、主に教育・研究など非商用利用バージョンのアカデミック版と、デザイン・DTP用のスタンダード版があります。

 操作や基本機能はほぼ同一ですが、スタンダード版にはIllustrator形式での書出し機能が追加されています。
 アカデミック版がサポートするPICTやWMFでは、ファイル形式自体の制限で座標が近似値(整数値)に置き換えられる場合があります。スタンダード版のIllustrator形式は精度も高く、Adobe IllustratorやMacromedia FreeHandなどのプロ用グラフィックソフトで精密に編集加工し、DTP用図版を作るような用途に最適です。

 アカデミック版ユーザーは、後でスタンダード版へグレードアップすることもできます。

 
Ver1.999の機能
搭載投影法
正射方位、正距方位、Lambert正積方位、Miller、正積円筒、Mercator、正距円筒、正距円錐、Lambert正角円錐、Albers、正規多円錐、Hammer、Aitoff、Winkel Tripel、Eckert1〜6、Sanson、Mollweide、Bonne、van der Grinten2&4、UTM(ユニバーサル横メルカトル)図法
描画要素
簡略データ……海岸線、湖岸線、国境線
詳細データ……詳細な海岸線、湖岸線、国境線
オプションデータ……主な河川、主な国の行政区分
都市マーク(首都、主な大都市)、等距圏、方位線、大圏コース、指示楕円
設定可能要素
中心経緯度(分単位=60分の1度まで)、標準緯線、経緯線間隔
縮尺、等距圏の中心と間隔、方位線(4、8、16、32方位)、大圏コースの始点と終点、描画要素の色や線種
統計主題図凡例(区分や色)など
書出し形式
アカデミック版……Macintosh-PICT、Windows-WMF・BMP
スタンダード版……Illustrator3形式(Macintosh、Windowsとも)
         Macintosh-PICT、Windows-WMF・BMP
  Ver1.998→1.999 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 非常に大きな図になった場合のメタファイル書出しにおけるエラーを修正しました。
2) メルカトル図法の描画限界を南北84度から南北86度に変更しました。
  Ver1.997→1.998 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 等距圏の描画エラーを(再度)修正しました。
2) ランベルト正角円錐図法の変換式において、第1標準緯線と第2標準緯線が赤道について対称 (北緯45度、南緯45度など) であった場合の計算式を修正しました。
  Ver1.99→1.997 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 等距圏の描画エラーを修正しました。
2) UTM図法の変換式において、微修正を行いました。世界全図レベルでは、ほとんど影響はないものと思われます。
[ドキュメント修正]
1) ロックオール島を帰属未定地に修正しました。
  Ver1.981→1.99 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 「一般設定」ダイアログボックスの「適用」ボタンを除去しました。
2) 「大圏コースの設定」ダイアログボックスにある「2点間の距離」について180度をまたぐ2点の場合、分を指定した場合に生じるエラーを修正しました。
  Ver1.98→1.981 バージョンアップの変更点

[データ修正]

1) クック諸島を国として扱うように致しました。
2) スーダン、南スーダン境界部のアビエイ地区を帰属未定地域としました。
  Ver1.97→1.98 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) Winkel Tripel図法について、2種類の投影に対応しました。

[データ修正]

1) 南スーダンの独立に対応しました。
  Ver1.96→1.97 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 方位線、大圏コースの描画エラーを修正しました。
2) 古いバージョンのファイルを読み込む際に、一部の設定が無視されるエラーを修正しました。
3) 縮尺設定のスピンボタンの動作を修正しました。
  Ver1.95→1.96 バージョンアップの変更点

[データ修正]

1) 詳細データにおいて、ロシア、フレンチポリネシアの塗りの一部を修正しました。
  Ver1.94→1.95 バージョンアップの変更点

[データ修正]

1) コソボ独立に対応しました。
2) 詳細データにおいて、ブータン・中国間の国境を一部修正しました。
  Ver1.93→1.94 バージョンアップの変更点

[データ修正]

1) ミャンマーの首都記号をヤンゴンからネーピードーの位置に移しました。ヤンゴンは、主要都市の記号に変更しました。
2) 統計データによる色分けの際、所属未定地域、海外領土などにも着色できるようコードを振りました。
 ノルウェーのスバールバル諸島や、スペインのカナリア諸島なども別扱いと致しました。同じ国や地域の扱いをご希望の場合は、それぞれのコードにデータを設定するようにして下さい。
  Ver1.9→1.92 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 方位線の設定追加。
2) 統計データ読み取りの精度向上。
  Ver1.8→1.9 バージョンアップの変更点

[プログラム修正]

1) 描画範囲設定機能追加。
  これに伴い、テンプレートファイルを修正。
  ※描画範囲の情報を書き込むため、Ver1.9のファイル形式をVer1.8以前のバージョンで読み込むことはできません。逆に、Ver1.8以前の形式をVer1.9で読み込むことは可能です。

[データ修正]

1) モンテネグロ独立に対応。
2) 伊豆諸島、インド州境の一部を修正。
3) 小さな国を取り扱うように修正。
  Ver1.7→1.8 バージョンアップの変更点
[プログラム修正]
1) 湖など一部のポリゴンについて、イラストレータ形式書出についてのエラー修正。
2) 地図描画に合わせて、大圏コースダイアログでの距離計算における地球半径を6,370kmから6,371kmに変更。
3) イラストレータ書出において、方位図法などで、北極中心の図を描いた場合、南極の白塗りでデータが消えてしまう点を修正。
4) NijiX変形正積図法の計算式を変更・修正(描画に影響なし)。
5) Wagner6図法の計算方法を変更。
6) 縮尺制限の上限(大縮尺)を1:3,000,000に変更。

[データ修正]

1) 海岸線・湖岸線、国境線、河川、州境線、すべてを見直し、簡易データ、詳細データとも全面的に修正。
2) 都市位置を、最新のタイムズアトラスの索引から拾い直し、全面的に修正。
  Ver1.6→1.7 バージョンアップの変更点
1) 一般設定ダイアログで縮尺を修正したときに、位置がずれる点を修正。
2) マウスで拡大モードにしたとき、1:2,000,000〜1:4,000,000でクリックすると描画位置がずれる点を修正。
3) イラストレータファイルのヘッダ、書き出し位置を修正。
4) NijiX変形正積図法の計算式を変更・修正。
5) 南緯90度の緯線の色、線号の異常を修正。
6) 統計データサンプル内の国名を一部修正。
7) 地球半径を6,370kmから6,371kmに変更。
8) 大圏コースの終端と終点が結ばれていなかった点を修正。
9) 詳細データのマルタ、キリバス、ミクロネシア、ニュージーランドの塗りを修正。
  Ver1.5→1.6 バージョンアップの変更点
1) 投影法を分類して選びやすくしました。
2) 搭載投影法を51から76に増やしました。
心射方位、平射方位、van der Grinten、UTM図法など
3) プリント関係をチューンアップしました。
Mac版GeoStudioでプリントしたときに線幅が太すぎる不具合の改善など
4) Win版は操作方法や投影法解説をヘルプから見ることができます。
Mac版にはHTMLファイルとして添付。ブラウザで見られます。

動作環境
Windows
Windows95/98/Me/2000/XP、メモリ32MB以上
next
Copyright(C)1998-2015, NijiX. All rights reserved