開発動機

私が作っているほかのソフトは,MSVCRT.DLLおよびMFC42.DLLを用いるようになっているのですが,

"それらのファイルのバージョンがあがったときに、使用中で置き換えられないので何とか置き換えるツールを作ってくれないか"と、ある方に提案していただきました。

また、
MSVCRT.DLLおよびMFC42.DLLは,マイクロソフトとの契約上,それを用いるアプリケーションとともに配布しなければならない

という制約があります.だからといってすべてのアプリケーションにDLL同梱版とそうでない版を用意するのは面倒です.また,これらのDLLは単にコピーしようとしても,使用中で置き換えられないという場合があります.

そこで思いついたのですが,このファイル置換ツールそのものを,MSVCRT.DLLおよびMFC42.DLLを用いるようにして作成し,これらDLLとともに配布すればよいのではないかということです.
すると,契約上も問題ないし,ツールそのものも,DLLをシステムフォルダにおくときに使えるということで,まさに一石二鳥ではないかと.

そういうわけでこのアプリケーションはできました.したがってこのアプリケーションは私のほかのアプリケーションのバージョンがあがって、新しいDLLが必要となったときには必ずバージョンアップされます。

たぶんMFC42.DLLとMSVCRT.DLLを置き換え終わったら捨ててしまわれるのでしょうね…あんまりこっても無駄か(苦笑)