REC-html32J 魔術幻燈版

1997/6/9 翻訳開始
1998/1/10翻訳完了
1998/4/18修正
http://www.bekkoame.ne.jp/%7Epoetlabo/WWW/HTML32/JandE.html
魔術幻燈
poetlabo@cap.bekkoame.ne.jp

W3C: REC-html32

HTML第3.2版仕様参考書
HTML 3.2 Reference Specification

1997年1月14日W3C勧告
W3C Recommendation 14-Jan-1997

著者 Author: Dave Raggett <dsr@w3.org>


この文書の地位
Status of this document

この文書はW3C構成員と他の関連団体によって検討され、W3C勧告として責任者の手で公表されているものです。これは確定した文書であって、参考文献としての使用や、規範的な標準として他の文書からの引用ができます。勧告を作るW3Cの役割は、仕様書に注目を集め、これが広く行き渡るよう支援することです。これはWebの機能や使い勝手を高めます。
This document has been reviewed by W3C members and other interested parties and has been endorsed by the Director as a W3C Recommendation. It is a stable document and may be used as reference material or cited as a normative reference from another document. W3C's role in making the Recommendation is to draw attention to the specification and to promote its widespread deployment. This enhances the functionality and interoperability of the Web.

最新のW3Cの提案一覧や他の技術的な文書はhttp://www.w3.org/pub/WWW/TR/にあります。
A list of current W3C Recommendations and other technical documents can be found at http://www.w3.org/pub/WWW/TR/.


概要
Abstract

超越書類表記法は、異なるプラットホーム間で受け渡し可能な超越書類を作成するのに使われる、簡素な表記法です。HTML文書はSGML文書の一種であり、幅広い分野にわたる情報を表現するのに適しています。この仕様書はHTML第3.2版を定義します。HTML3.2は、1996年初頭に勧告された案件をHTML 2.0 (RFC 1866)に取って代わるようなものにすることを狙っています。
The HyperText Markup Language (HTML) is a simple markup language used to create hypertext documents that are portable from one platform to another. HTML documents are SGML documents with generic semantics that are appropriate for representing information from a wide range of applications. This specification defines HTML version 3.2. HTML 3.2 aims to capture recommended practice as of early '96 and as such to be used as a replacement for HTML 2.0 (RFC 1866).


目次
Contents


はじめに
Introduction to HTML 3.2

HTML3.2はW3CのHTML仕様書で、IBM, Microsoft, Netscape Communications Corporation, Novell, SoftQuad, Spyglass, Sun Microsystemsといったソフトウェア供給者達と共に、1996年初頭に開発されました。HTML3.2は標準的存在であるHTML2.0との全面的な互換性を維持した上で、表組やアプレットや文章の画像回り込みなど、幅広い新機能を加えています。
HTML 3.2 is W3C's specification for HTML, developed in early `96 together with vendors including IBM, Microsoft, Netscape Communications Corporation, Novell, SoftQuad, Spyglass, and Sun Microsystems. HTML 3.2 adds widely deployed features such as tables, applets and text flow around images, while providing full backwards compatibility with the existing standard HTML 2.0.

W3Cはソフトウェア供給者達と共に、多元オブジェクト・プログラム組み込み・スタイルシート・レイアウト・書式・計算・国際化など、付加機能の拡張について研究を続けています。W3Cはこの研究をHTMLの新版に含める予定です。
W3C is continuing to work with vendors on extensions for accessibility features, multimedia objects, scripting, style sheets, layout, forms, math and internationalization. W3C plans on incorporating this work in further versions of HTML.

SGMLの応用としてのHTML
HTML as an SGML Application

HTML3.2は国際規格ISO8879(Standard Generalized Markup Language)に基づくSGMLの応用です。SGMLの応用ですので、HTML3.2に基づく文書の文法は、SGML宣言文書型定義(DTD)の組み合わせによって定義されます。この仕様書はHTML3.2の要素として考えられた解釈を定義し、DTDに置き換えられない語法の扱い方について詳しい説明をしています。
HTML 3.2 is an SGML application conforming to International Standard ISO 8879 -- Standard Generalized Markup Language. As an SGML application, the syntax of conforming HTML 3.2 documents is defined by the combination of the SGML declaration and the document type definition (DTD). This specification defines the intended interpretation of HTML 3.2 elements, and places further constraints on the permitted syntax which are otherwise inexpressible in the DTD.

記録の区切りに関するSGML規則は曲芸的です。特に、開始タグの直後に続く記録終了は飛ばされることになります。例えば
The SGML rules for record boundaries are tricky. In particular, a record end immediately following a start tag should be discarded. For example:

<P>
文章Text

は、
is equivalent to:

<P>文章Text

とするのと同等です。
同様に、終了タグの直前に置かれた記録終了は飛ばされることになります。例えば
Similarly, a record end immediately preceding an end tag should be discarded. For example:

文章Text
</P>

は、
is equivalent to:

文章Text</P>

とするのと同等です。

(PRE要素のような)文字列の部分を除き、HTMLは空白が連続している部分を一字分の余白(アスキー番号32)として扱います。以上の規則は、超越書類を直接表記するときに、大幅な柔軟性を持たせるものです。将来のHTMLの改訂では、スタイルシートによって定義されたタブ規則に関連して、水平タブ(アスキー番号9)の解釈を許すかもしれないことに注意してください。
Except within literal text (e.g. the PRE element), HTML treats contiguous sequences of white space characters as being equivalent to a single space character (ASCII decimal 32). These rules allow authors considerable flexibility when editing the marked-up text directly. Note that future revisions to HTML may allow for the interpretation of the horizontal tab character (ASCII decimal 9) with respect to a tab rule defined by an associated style sheet.

PCDATAの内容やCDATAの属性のSGML実体は、語法解析によって拡張されます。 たとえば&#233;は国際標準化機構ラテン1文字233番(鋭アクセントを持つ小文字のe)として拡張されます。 これは&eacute;のような名称実体としても書いておくことができます。 &記号には、&amp;という名称実体の使用を固有の表現として取り込むことができます。
SGML entities in PCDATA content or in CDATA attributes are expanded by the parser, e.g. &#233; is expanded to the ISO Latin-1 character decimal 233 (a lower case letter e with an acute accent). This could also have been written as a named character entity, e.g. &eacute;. The & character can be included in its own right using the named character entity &amp;.

HTMLでは、属性値が文字(アルファベットの大文字と小文字)・数字 (0から9)、ハイフン-(アスキー番号45)・終止符.(アスキー番号46)のみを含んでいる場合は、 CDATA属性には引用符を付けなくてもよいことになっています。属性値は二重引用符"又は単引用符'(それぞれアスキー番号34と39)で囲むようになっています属性値が二重引用符によって区切られているときには、その値の中に単引用符を入れることができます。または、その逆も可です。
HTML allows CDATA attributes to be unquoted provided the attribute value contains only letters (a to z and A to Z), digits (0 to 9), hyphens (ASCII decimal 45) or, periods (ASCII decimal 46). Attribute values can be quoted using double or single quote marks (ASCII decimal 34 and 39 respectively). Single quote marks can be included within the attribute value when the value is delimited by double quote marks, and vice versa.

ユーザエージェントによっては、以下の属性について最小限化を必要とするものがあることに注意してください。 COMPACT, ISMAP, CHECKED, NOWRAP, NOSHADE , NOHREF
そのようなユーザエージェントは、HTML 3.2 DTDに基づく妥当な表記であっても、COMPACT=COMPACTISMAP=ISMAPなどといった語法を受け付けません。
Note that some user agents require attribute minimisation for the following attributes: COMPACT, ISMAP, CHECKED, NOWRAP, NOSHADE and NOHREF. These user agents don't accept syntax such as COMPACT=COMPACT or ISMAP=ISMAP although this is legitimate according to the HTML 3.2 DTD.

HTML3.2使用のためのSGML宣言と文書型定義については、補足に回します。 HTML構文解析に関する詳細なガイドラインはWD-html-lexにあります。
The SGML declaration and the DTD for use with HTML 3.2 are given in appendices. Further guidelines for parsing HTML are given in WD-html-lex.


HTML文書の構造
The Structure of HTML documents

HTML3.2文書はまず<!DOCTYPE>宣言で始め、その後に頭HEAD(かしら)、そして本文BODY要素というHTML要素が続きます。
HTML 3.2 Documents start with a <!DOCTYPE> declaration followed by an HTML element containing a HEAD and then a BODY element:

  <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
  <HTML>
  <HEAD>
  <TITLE>A study of population dynamics</TITLE>
  ... other head elements
  </HEAD>
  <BODY>
  ... document body
  </BODY>
  </HTML>

実際には、HTML とHEADBODYの開始タグと終了タグは、HTML 3.2 DTDに準拠する語法解析によってこれをすべて推察できるものであるため、 省略することができます。
In practice, the HTML, HEAD and BODY start and end tags can be omitted from the markup as these can be inferred in all cases by parsers conforming to the HTML 3.2 DTD.

HTML3.2に基づくすべての文書は、HTML3.2文書をHTMLの 他の版から区別するために必ず<!DOCTYPE>宣言で始めなければなりません。HTML仕様書は、保管実体には関係していません。ですから、同一の保管実体(ファイル等)に文書型宣言を置く必要はありません。Webサイトは、HTML3.2仕様書に準拠するものとわかっているようなHTMLファイルについては、HTMLファイルに文書型宣言を動的に付け加えるようにしてかまいません。
Every conforming HTML 3.2 document must start with the <!DOCTYPE> declaration that is needed to distinguish HTML 3.2 documents from other versions of HTML. The HTML specification is not concerned with storage entities. As a result, it is not required that the document type declaration reside in the same storage entity (i.e. file). A Web site may choose to dynamically prepend HTML files with the document type declaration if it is known that all such HTML files conform to the HTML 3.2 specification.

また、全てのHTML3.2文書は、必ず具体的な標題要素を持たなければなりません。従って、最小限のHTML3.2文書は次のようになります。
Every HTML 3.2 document must also include the descriptive title element. A minimal HTML 3.2 document thus looks like:

  <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
  <TITLE>人口動態調査A study of population dynamics</TITLE>

注意: HTML3.2仕様書がW3C関係者機関によって正式に発表されたので、“Draft”を“Final”に置き換えます。
Note: the word "Final" replaces "Draft" now that the HTML 3.2 specification has been ratified by the W3C member organizations.


頭(かしら)要素
The HEAD element

これは文書の頭を入れる所ですが、開始タグと終了タグは省略できます。 文書の頭の内容は、以下の要素を順不同に並べたものです。
This contains the document head, but you can always omit both the start and end tags for HEAD. The contents of the document head is an unordered collection of the following elements:

<!ENTITY % head.content "TITLE & ISINDEX? & BASE?">
<!ENTITY % head.misc "SCRIPT|STYLE|META|LINK">

<!ELEMENT HEAD O O  (%head.content) +(%head.misc)>

%head.misc 実体を使って、HEAD の範囲内で任意の位置に関連要素をいくつでも書き込めるようになっています。 以下の要素を、文書の頭の部分に入れることができます。
The %head.misc entity is used to allow the associated elements to occur multiple times at arbitrary positions within the HEAD. The following elements can be part of the document head:

標題 TITLE
文書の標題を定めます。常に必要です。
defines the document title, and is always needed.
キイワード索引 ISINDEX
簡単なキイワード検索に使います。PROMPT属性を見てください。
for simple keyword searches, see PROMPT attribute.
基盤 BASE
相対URLを解釈するための基本URLを定めます。
defines base URL for resolving relative URLs.
書法 SCRIPT
将来、プログラム書法を導入するための準備です。
reserved for future use with scripting languages.
格式 STYLE
将来、スタイルシートを導入するための準備です。
reserved for future use with style sheets.
前置き META
名前/値の組み合わせにより、前置きをしておくのに使われます。
used to supply meta info as name/value pairs.
連鎖 LINK
他の文書との関係を定めるのに使われます。
used to define relationships with other documents.

TITLE, SCRIPT,STYLEは容れ物なので、開始タグと終了タグが必要です。他の要素は容れ物ではないので、終了タグは出てきません。なお、この仕様に従うブラウザは、SCRIPT要素とSTYLE要素の内容については動作しないことに注意してください。
TITLE, SCRIPT and STYLE are containers and require both start and end tags. The other elements are not containers so that end tags are forbidden. Note that conforming browsers won't render the contents of SCRIPT and STYLE elements.

標題
TITLE

<!ELEMENT TITLE - -  (#PCDATA)* -(%head.misc)>

全てのHTML3.2文書には文書のHEAD必ずTITLE要素が明示されていなければなりません。 これはW.W.W.ブラウザ等の窓見出しなどで表示される、説明的な標題を与えるものです。内容の型は、PCDATAを用います。 従って、強調された字に、また&や<といった特殊文字を避けるために、文字実体を使用することができます。 TITLE要素中でのタグの使用は許されません。
Every HTML 3.2 document must have exactly one TITLE element in the document's HEAD. It provides an advisory title which can be displayed in a user agent's window caption etc. The content model is PCDATA. As a result, character entities can be used for accented characters and to escape special characters such as & and <. Markup is not permitted in the content of a TITLE element.

標題要素の例 Example TITLE element:

    <TITLE>人口動態調査 A study of population dynamics</TITLE>

格式と書法 STYLE and SCRIPT

<!ELEMENT STYLE  - - CDATA -- スタイル情報の置き場所
 placeholder for style info -->
<!ELEMENT SCRIPT - - CDATA -- スクリプトの置き場所
 placeholder for script statements -->

これらは、将来の版のHTMLに、スタイルシートと訪問者側で動くプログラムを導入するための場所を確保しておくものです。ユーザエージェントはこれらの要素の内容を表示しないようにするべきです。
These are place holders for the introduction of style sheets and client-side scripts in future versions of HTML. User agents should hide the contents of these elements.

これらの要素は内容種別としてはCDATAで定義されます。従って、その中に入れられるのはSGML記号に限ります。全てのマークアップ記号や 区切りは、アプリケーションに無視され、データとして返されますが、すぐ後に文字[アルファベット]が続けられたETAGO ("</")区切りは例外です。ということは、要素の終了タグ(または入れ子にされた要素のそれ)が識別され、ETAGOが不正であればエラーが発生するわけです。
These elements are defined with CDATA as the content type. As a result they may contain only SGML characters. All markup characters or delimiters are ignored and passed as data to the application, except for ETAGO ("</") delimiters followed immediately by a name character [a-zA-Z]. This means that the element's end-tag (or that of an element in which it is nested) is recognized, while an error occurs if the ETAGO is invalid.

キイワード索引
ISINDEX

    <!ELEMENT ISINDEX - O EMPTY>
    <!ATTLIST ISINDEX
        prompt CDATA #IMPLIED -- prompt message -->

ISINDEX 要素は、質問一つを入力するために、ユーザエージェントが記入欄1行を用意するべきであるということを示します。入力するときの字数制限は一切ありません。 PROMPT 属性は、記入欄のprompt stringの指定に使用することができます。たとえば
The ISINDEX element indicates that the user agent should provide a single line text input field for entering a query string. There are no restrictions on the number of characters that can be entered. The PROMPT attribute can be used to specify a prompt string for the input field, e.g.

    <ISINDEX PROMPT="Search Phrase">

ISINDEXの意味は今のところ、囲んでいる文書の基盤URLがHTTP URLである場合にだけきちんと決められています。典型的には、利用者が改行キイを押すと、この文書の基盤URLによって認識されるサーバに問い合わせ文字列が送られます。 例えば、入力された問い合わせ文字列が"ten green apples"であって、基盤 URL が
The semantics for ISINDEX are currently well defined only when the base URL for the enclosing document is an HTTP URL. Typically, when the user presses the enter (return) key, the query string is sent to the server identified by the base URL for this document. For example, if the query string entered is "ten green apples" and the base URL is:

    http://www.acme.com/

ですと、送られる文字列は次のようになります。
then the query generated is:

    http://www.acme.com/?ten+green+apples"

空白記号が『 + 』記号に置き換えられ、通常のURL記号を回避する機構が働いていることに注意してください。 詳細についてはHTTP仕様書を参照のこと。
Note that space characters are mapped to "+" characters and that normal URL character escaping mechanisms apply. For further details see the HTTP specification.

注意 実際には、URLにおいて、問い合わせのために文字セットを指定するような現行の機構はないので、問い合わせ文字列はラテン1文字コードに限定されます。
Note in practice, the query string is resticted to Latin-1 as there is no current mechanism for the URL to specify a character set for the query.

基盤
BASE

    <!ELEMENT BASE - O EMPTY>
    <!ATTLIST BASE
        href %URL  #REQUIRED
        >

BASE要素は、相対URLをURL仕様書等の規則を使って解釈する際の基盤URLを与えるものです。例えば
The BASE element gives the base URL for dereferencing relative URLs, using the rules given by the URL specification, e.g.

    <BASE href="http://www.acme.com/intro.html">
     ...
    <IMG SRC="icons/logo.gif">

とすると、画像の位置は次のようになります。
The image is deferenced to

    http://www.acme.com/icons/logo.gif

BASE要素を欠く場合には、その文書のURLが使用されるべきです。文書に伴っているHTTPヘッダによって基盤URLが上書きされるかもしれないため、これはその文書を求めるのに使われたURLと必ずしも同じものである必要はないことに注意してください。
In the absence of a BASE element the document URL should be used. Note that this is not necessarily the same as the URL used to request the document, as the base URL may be overridden by an HTTP header accompanying the document.

前置き
META

<!ELEMENT META - O EMPTY    -- 一般前置き情報 Generic Metainformation -->
<!ATTLIST META
        http-equiv  NAME    #IMPLIED  -- HTTP応答ヘッダ名 HTTP response header name  --
        name        NAME    #IMPLIED  -- 前置き情報名 metainformation name       --
        content     CDATA   #REQUIRED -- 関連情報 associated information     --
        >

META要素を使って、著者・終了日付・キイワード一覧などのような文書の特性について述べる、名前と値の組み合わせを追加することができます。NAME 属性は特性の名前を指定し、CONTENT 属性は特性の値を指定します。たとえば
The META element can be used to include name/value pairs describing properties of the document, such as author, expiry date, a list of key words etc. The NAME attribute specifies the property name while the CONTENT attribute specifies the property value, e.g.

    <META NAME="Author" CONTENT="Dave Raggett">

HTTP-EQUIV 属性はNAME 属性の代わりに使用することができます。この属性は、超越書類転送プロトコル(HTTP)によって文書を取ってくるときに、特に重要です。HTTP サーバは、 HTTP 応答において RFC 822 スタイルヘッダを造り出すために、 HTTP-EQUIV 属性によって指定された特性の名前を使うことができるのです。これはしかし、特定の HTTP ヘッダをセットすることができるということではありません。詳細については HTTP 仕様書を見てください。
The HTTP-EQUIV attribute can be used in place of the NAME attribute and has a special significance when documents are retrieved via the Hypertext Transfer Protocol (HTTP). HTTP servers may use the property name specified by the HTTP-EQUIV attribute to create an RFC 822 style header in the HTTP response. This can't be used to set certain HTTP headers though, see the HTTP specification for details.

    <META HTTP-EQUIV="Expires" CONTENT="Tue, 20 Aug 1996 14:25:27 GMT">

とすると、HTTPヘッダは次のようになるはずです:
will result in the HTTP header:

    Expires: Tue, 20 Aug 1996 14:25:27 GMT

これは、関係している文書の新しいコピーをいつ取って来るか決めるために、キャッシュで使用することができます。
This can be used by caches to determine when to fetch a fresh copy of the associated document.

連鎖
LINK

LINK は他の文書とリソースとの関係を定義するための、メディアから独立した方法を与えるものです。 LINK は非常に早い時期からHTMLに取り入れられていました。とはいうものの、これを利用するブラウザは、ごく少数にとどまっています(ほとんどが依然としてLINK 要素を無視する)。
LINK provides a media independent method for defining relationships with other documents and resources. LINK has been part of HTML since the very early days, although few browsers as yet take advantage of it (most still ignore LINK elements).

LINK 要素の基本的な使用法は
LINK elements can be used in principle:

  1. 文書の誘導用ツールバーかメニューとして
    for document specific navigation toolbars or menus
  2. HTML ファイルの集まりを印刷文書にどう表現するかの管理
    to control how collections of HTML files are rendered into printed documents
  3. スタイルシートとスクリプトのような関係しているリソースを連鎖する
    for linking associated resources such as style sheets and scripts
  4. 現行の文書の代わりの書式を与える
    to provide alternative forms of the current document
    <!ELEMENT LINK - O EMPTY>
    <!ATTLIST LINK
        href    %URL    #IMPLIED    -- 連鎖した素材のURL 98.1.9URL for linked resource --
        rel     CDATA   #IMPLIED    -- 正順連鎖タイプ forward link types --
        rev     CDATA   #IMPLIED    -- 逆順連鎖タイプ reverse link types --
        title   CDATA   #IMPLIED    -- 助言的標題文字列 advisory title string --
        >
href
連鎖されたリソースのURLを指定するものです。
Specifies a URL designating the linked resource.
rel
『連鎖タイプ』としても知られている正順の関係。 取り込まれた文書からHREF属性によって指定されたリソースへの、名前の付いた関係を指定するものです。 いくつかの慣習が成立してはいますが、 HTML 連鎖関係はまだ標準化されていません。
The forward relationship also known as the "link type". It specifies a named relationship from the enclosing document to the resource specified by the HREF attribute. HTML link relationships are as yet unstandardized, although some conventions have been established.
rev
これは逆順の関係を定義するものです。 REV= 関係のある文書 B への文書 A からの連鎖は、 REL= 関係のある A への B からの連鎖と同じ関係を表します。 REV=made はしばしば、文書の著者( mailto URL のある著者の email アドレスか著者のホームページへの連鎖どちらとも可)を明示するために使用されます。
This defines a reverse relationship. A link from document A to document B with REV=relation expresses the same relationship as a link from B to A with REL=relation. REV=made is sometimes used to identify the document author, either the author's email address with a mailto URL, or a link to the author's home page.
title
連鎖したリソースの助言的な標題です。
An advisory title for the linked resource.

提案された関係の値には次のようなものがあります。
Here are some proposed relationship values:

rel=top
この連鎖は、ピラミッド構造の最上部、たとえば集積の中の最初か表紙のページを参照します。
The link references the top of a hierarchy, e.g. the first or cover page in a collection.
rel=contents
この連鎖は、目次として提供されている文書を参照します。
The link references a document serving as a table of contents.
rel=index
この連鎖は、いま見ている文書の索引がある文書を参照します。
The link references a document providing an index for the current document.
rel=glossary
この連鎖は、いま見ている文書と関係がある言葉の用語解説をしている文書を参照します。
The link references a document providing a glossary of terms that are relevant to the current document.
rel=copyright
この連鎖は、いま見ている文書の著作権表示を引きます。
The link references a copyright statement for the current document.
rel=next
この連鎖は、順序として予定された次の文書を参照します。たとえば次ページを前もって読み込んでおくために、使用することができます。
The link references the next document to visit in a guided tour. It can be used, for example, to preload the next page.
rel=previous
この連鎖は、順序として前の文書を参照します。
The link references the previous document in a guided tour.
rel=help
この連鎖は、ヘルプを提供している文書、例えばより広範な内容を記述していて、関連した文書への詳細な連鎖を提供しているものなどを参照します。 これは途中で道に迷った利用者を導き直すことを想定しています。
The link references a document offering help, e.g. describing the wider context and offering further links to relevant documents. This is aimed at reorienting users who have lost their way.
rel=search
この連鎖は、ページの集積と関連があるものとして捜している材料のためのページを参照します。
The link references a page for searching material related to a collection of pages

LINK要素の例

    <LINK REL=Contents HREF=toc.html>
    <LINK REL=Previous HREF=doc31.html>
    <LINK REL=Next HREF=doc33.html>

    <LINK REL=Chapter REV=Contents HREF=chapter2.html>

本文要素
The BODY element

ここには文書の本文が入ります。BODYの開始タグと終了タグは省略することができます。本文には幅広い要素が含まれます。
This contains the document body. Both start and end tags for BODY may be omitted. The body can contain a wide range of elements:

主要な属性は以下のとおり
The key attributes are:
BACKGROUND, BGCOLOR, TEXT, LINK, VLINK and ALINK.
これらを使って壁紙を貼ったり、背景色に加え文章や超連鎖の色を設定したりすることができます。
These can be used to set a repeating background image, plus background and foreground colors for normal text and hypertext links.

<!ENTITY % body.content "(%heading | %text | %block | ADDRESS)*">

<!ENTITY % color "CDATA" -- a color specification: #HHHHHH @@ details? -->

<!ENTITY % body-color-attrs "
        bgcolor %color #IMPLIED
        text %color #IMPLIED
        link %color #IMPLIED
        vlink %color #IMPLIED
        alink %color #IMPLIED
        ">

<!ELEMENT BODY O O  %body.content>
<!ATTLIST BODY
        background %URL #IMPLIED  -- 文書の背景となる生地 texture tile for document background --
        %body-color-attrs;  -- bgcolor, text, link, vlink, alink --
        >

例 Example:

 <body bgcolor=white text=black link=red vlink=maroon alink=fuchsia>
bgcolor
本文の背景色を定めます。下記の色の値に関する語法を見てください。
Specifies the background color for the document body. See below for the syntax of color values.
text
文章を打ち出すのに使われる色を定めます。これは一般的に、BGCOLOR属性やBACKGROUND属性で背景色を変化させたときに使われます。
Specifies the color used to stroke the document's text. This is generally used when you have changed the background color with the BGCOLOR or BACKGROUND attributes.
link
まだ行ったことがない超連鎖になっている部分の色を定めます。
Specifies the color used to stroke the text for unvisited hypertext links.
vlink
既に行ったことのある超連鎖になっている部分の色を定めます。
Specifies the color used to stroke the text for visited hypertext links.
alink
超連鎖をカチッと押した瞬間の色を定めます。
Specifies the highlight color used to stroke the text for hypertext links at the moment the user clicks on the link.
background
文書の背景に使う壁紙をURL指定します。
Specifies a URL for an image that will be used to tile the document background.

色は16進法の数字( COLOR= 『 #C0FFC0 』など)として、或いは、広く知られている16の色名前の1つとして、sRGB色空間で与えられます。 これらの色は元々、ウィンドウズ VGA パレットが扱う標準16 色として選ばれていたものです。
Colors are given in the sRGB color space as hexadecimal numbers (e.g. COLOR="#C0FFC0"), or as one of 16 widely understood color names. These colors were originally picked as being the standard 16 colors supported with the Windows VGA palette.

Color names and sRGB values
Black = "#000000" Green = "#008000"
Silver = "#C0C0C0" Lime = "#00FF00"
Gray = "#808080" Olive = "#808000"
White = "#FFFFFF" Yellow = "#FFFF00"
Maroon = "#800000" Navy = "#000080"
Red = "#FF0000" Blue = "#0000FF"
Purple = "#800080" Teal = "#008080"
Fuchsia = "#FF00FF" Aqua = "#00FFFF"

まとめ要素・文章要素
Block and Text level elements

文書の本文に出てくる要素の大半は、二つのグループに分けられます。一つは段落分けをするまとめ要素で、もう一つはそれをしない文章要素です。一般的なまとめ要素としては、H1〜H6:見出し、P:段落、LI:一覧項目、HR:水平線などがあります。一般的な文章要素としては、EM・I・B・FONT:字の強調、A:超連鎖、IMG・APPLET:埋め込み対象物、BR:改行などがあります。文章要素が括り込めるのは他の文章要素だけなのに対して、まとめ要素は一般的に、文章要素や他のまとめ要素(見出しと宛先を除く)を括り込むように働くことに注意してください。正しい型は要素によって変わります。
Most elements that can appear in the document body fall into one of two groups: block level elements which cause paragraph breaks, and text level elements which don't. Common block level elements include H1 to H6 (headers), P (paragraphs) LI (list items), and HR (horizontal rules). Common text level elements include EM, I, B and FONT (character emphasis), A (hypertext links), IMG and APPLET (embedded objects) and BR (line breaks). Note that block elements generally act as containers for text level and other block level elements (excluding headings and address elements), while text level elements can only contain other text level elements. The exact model depends on the element.

見出し
Headings

<!--
見出しにはH1(最重要)からH6(最も重要でない)まで6つの段階があります。
There are six levels of headers from H1 (the most important) to H6 (the least important).
-->

<!ELEMENT ( %heading )  - -  (%text;)*>
<!ATTLIST ( %heading )
        align  (left|center|right) #IMPLIED
        >

H1,H2,H3,H4,H5,H6は文書の見出しとして使われます。常に開始タグと終了タグが必要です。H1要素はH2要素以下よりも重要で、H6要素は見出しとしての重要性が最低のものとなります。より重要な見出しは一般的にそれ以下のものより大きな活字で表示されます。追加できる属性として、見出しの位置決めをするALIGNがあり、次の例のように使います。
H1, H2, H3, H4, H5 and H6 are used for document headings. You always need the start and end tags. H1 elements are more important than H2 elements and so on, so that H6 elements define the least important level of headings. More important headings are generally rendered in a larger font than less important ones. Use the optional ALIGN attribute to set the text alignment within a heading, e.g.

  <H1 ALIGN=CENTER> ... centered heading ... </H1>

位置決めを省略すると左揃えとなりますが、これはDIV要素かCENTER要素で取り囲むことによって上書きできます。
The default is left alignment, but this can be overridden by an enclosing DIV or CENTER element.

奥付 ADDRESS

    <!ENTITY % address.content "((%text;) | P)*">

    <!ELEMENT ADDRESS - - %address.content>

ADDRESS要素は開始タグと終了タグを必要とし、原著作者やその文書に関する問い合わせ先を指定します。ユーザエージェントはその内容を、一つの段落として構成するべきです。その内容は %text 実体によって定義されるため、段落と普通の文章と文章同等の要素に制限されることに注意してください。
The ADDRESS element requires start and end tags, and specifies information such as authorship and contact details for the current document. User agents should render the content with paragraph-breaks before and after. Note that the content is restricted to paragraphs, plain text and text-like elements as defined by the %text entity.

例 Example:

<ADDRESS>
Newsletter editor<BR>
J.R. Brown<BR>
8723 Buena Vista, Smallville, CT 01234<BR>
Tel: +1 (123) 456 7890
</ADDRESS>

まとめ要素
Block elements

P 段落 paragraphs
段落要素は開始タグと終了タグを必要としますが、終了タグは常に省略可能です。段落にした文章を整列するには、次の例のようにALIGN属性を使います。<P ALIGN=RIGHT>
The paragraph element requires a start tag, but the end tag can always be omitted. Use the ALIGN attribute to set the text alignment within a paragraph, e.g. <P ALIGN=RIGHT>
UL 順不同一覧 unordered lists
これは開始タグと終了タグを必要とし、個々の項目を表すLI要素を一つ以上含みます。
These require start and end tags, and contain one or more LI elements representing individual list items.
OL 序列(番号付き)一覧 ordered (i.e. numbered) lists
これは開始タグと終了タグを必要とし、個々の項目を表すLI要素を一つ以上含みます。
These require start and end tags, and contain one or more LI elements representing individual list items.
DL 定義一覧 definition lists
これは開始タグと終了タグを必要とし、用語を与えるDT要素と、対応する定義を与えるDD要素を含みます。
These require start and end tags and contain DT elements that give the terms, and DD elements that give corresponding definitions.
PRE 整形済み原稿 preformatted text
開始タグと終了タグが必要です。この要素は等幅フォントへ変換され、空白と改行記号によって決められたレイアウトを保ちます。
Requires start and end tags. These elements are rendered with a monospaced font and preserve layout defined by whitespace and line break characters.
DIV 文書の一部 document divisions
開始タグと終了タグが必要です。ALIGN属性により、まとめ要素を整列します。位置合わせを左寄せ・中央揃え・右寄せのどれかにすることができます。
Requires start and end tags. It is used with the ALIGN attribute to set the text alignment of the block elements it contains. ALIGN can be one of LEFT, CENTER or RIGHT.
CENTER 文章整列 text alignment
開始タグと終了タグが必要です。CENTER要素で取り囲まれた文章を中央に整列します。より一般的な方法としては、DIVを見てください。
Requires start and end tags. It is used to center text lines enclosed by the CENTER element. See DIV for a more general solution.
BLOCKQUOTE 引用文 quoted passage
開始タグと終了タグが必要です。広い範囲にわたる引用を囲むために使用されるもので、典型的には字下げし余白を設けて表示されます。
Requires start and end tags. It is used to enclose extended quotations and is typically rendered with indented margins.
FORM 書き込み書式 fill-out forms
開始タグと終了タグが必要です。この要素はHTTPサーバによって処理される書き込み書式を定義するのに使われます。属性はACTION, METHOD , ENCTYPEです。FORM要素は入れ子にすることはできません。
Requires start and end tags. This element is used to define a fill-out form for processing by HTTP servers. The attributes are ACTION, METHOD and ENCTYPE. Form elements can't be nested.
ISINDEX primitive HTML forms
容れ物ではないので、終了タグは出てきません。これは FORM 以前のものであり、この要素によって示される1行の文章入力欄を持つ単純な種類の書式のために使用されます。 ISINDEX1個は、文書の頭か本文に出すことができます。
Not a container, so the end tag is forbidden. This predates FORM and is used for simple kinds of forms which have a single text input field, implied by this element. A single ISINDEX can appear in the document head or body.
HR 水平線 horizontal rules
容れ物ではないので、終了タグは出てきません。属性はALIGN, NOSHADE, SIZE , WIDTHです。
Not a container, so the end tag is forbidden. attributes are ALIGN, NOSHADE, SIZE and WIDTH.
TABLE 入れ子可能 can be nested
開始タグと終了タグが必要です。各々の表組は、 追加可能な要素であるCAPTIONから始まり、表の列を定義している一つ以上のTR要素がその後に続きます。各々の列には、 TH 要素か TD 要素によって定義される一つ以上のセルがあります。TABLE 要素の属性は、 WIDTH と BORDER と CELLSPACING と CELLPADDING です。
Requires start and end tags. Each table starts with an optional CAPTION followed by one or more TR elements defining table rows. Each row has one or more cells defined by TH or TD elements. attributes for TABLE elements are WIDTH, BORDER, CELLSPACING and CELLPADDING.

段落
Paragraphs

    <!ELEMENT P     - O (%text)*>
    <!ATTLIST P
        align  (left|center|right) #IMPLIED
        >

P要素は段落を設けるのに使います。これは容れ物で、開始タグが必要です。終了タグは常に語法解析によって補完されるので、省略できます。ユーザエージェントはP要素を段落分けすべきです。実際の解釈はユーザエージェントに任されますが、文章は一般的に画面の横幅に合わせて折り返されます。
The P element is used to markup paragraphs. It is a container and requires a start tag. The end tag is optional as it can always be inferred by the parser. User agents should place paragraph breaks before and after P elements. The rendering is user agent dependent, but text is generally wrapped to fit the space available.

例 Example:

    <P>これは最初の段落です。This is the first paragraph.
    <P>これは二番目の段落です。This is the second paragraph.

段落は普通、左端を揃え、右端に不規則な余白を付けて表わされます。(訳注:英文では単語を途中で切らずに書くので、改行の位置が語によって変わり、右端が凸凹になります。邦文ではどこで切っても構わないので、右端に不規則な余白がつくことはありません)ALIGN属性を使うと次のように横位置合わせができます。
Paragraphs are usually rendered flush left with a ragged right margin. The ALIGN attribute can be used to explicitly specify the horizontal alignment:

align=left
段落を左寄せに整列します。
The paragraph is rendered flush left.
align=center
段落を中央揃えにします。
The paragraph is centered.
align=right
段落を右寄せに整列します。
The paragraph is rendered flush right.

For example:

<p align=center>これは中央揃えにした段落です。
This is a centered paragraph.
<p align=right>そしてこれは右寄せにした段落です。
and this is a flush right paragraph.

ALIGN属性を省略すると左寄せになりますが、これはDIV要素かCENTER要素で上書きできます。
The default is left alignment, but this can be overridden by an enclosing DIV or CENTER element.

一覧
Lists

一覧項目にはまとめ要素と文章要素、さらに入れ子にした一覧が入れられます。ただし、見出し要素と奥付要素は除きます。この制限は%flow実体において定められているものです。
List items can contain block and text level items, including nested lists, although headings and address elements are excluded. This limitation is defined via the %flow entity.

順不同一覧
Unordered Lists

    <!ELEMENT UL - -  (LI)+>
    <!ENTITY % ULStyle "disc|square|circle">

    <!ATTLIST UL -- 番号なし一覧 unordered lists --
        type    (%ULStyle)   #IMPLIED   -- マークの形状 bullet style --
        compact (compact)    #IMPLIED   -- 短縮型 reduced interitem spacing --
        >

    <!ELEMENT LI - O %flow -- 一覧項目 list item -->
    <!ATTLIST LI
        type   (%LIStyle)    #IMPLIED   -- 一覧項目の形状 list item style --
        >

順不同一覧は次のような形をとります Unordered lists take the form:

    <UL>
      <LI> ... 最初の一覧項目です first list item
      <LI> ... 二番目の一覧項目です second list item
      ...
    </UL>

UL要素は順不同一覧に使います。開始タグと終了タグが常に必要です。LI要素は各々の項目に使います。LI要素の終了タグは常に省略できます。LI要素の中に一覧を入れ子にできることを覚えておいてください。COMPACT属性の使用により、ユーザエージェントに一覧を短縮形で表示するよう指示することができます。
The UL element is used for unordered lists. Both start and end tags are always needed. The LI element is used for individual list items. The end tag for LI elements can always be omitted. Note that LI elements can contain nested lists. The COMPACT attribute can be used as a hint to the user agent to render lists in a more compact style.

UL 要素と LI 要素では、TYPE 属性を使用して、項目の先頭に付ける点の形を設定することができます。値として使えるのは、黒丸・四角・白丸の3つです。TYPE 属性を省略した場合は一般的に、入れ子にした順序で変化します。
The TYPE attribute can be used to set the bullet style on UL and LI elements. The permitted values are "disc", "square" or "circle". The default generally depends on the level of nesting for lists.

この一覧は、1993年にMosaicで使用された項目記号の原型に整合するように選ばれたものです。
This list was chosen to cater for the original bullet shapes used by Mosaic in 1993.

序列(番号付き)一覧
Ordered (i.e. numbered) Lists

    <!ELEMENT OL - -  (LI)+>
    <!ATTLIST OL -- 番号つき一覧 ordered lists --
        type      CDATA      #IMPLIED   -- 番号の取り方 numbering style --
        start     NUMBER     #IMPLIED   -- 開始番号 starting sequence number --
        compact  (compact)   #IMPLIED   -- 短縮型 reduced interitem spacing --
        >

    <!ELEMENT LI - O %flow -- 一覧項目 list item -->
    <!ATTLIST LI
        type      CDATA      #IMPLIED   -- 一覧項目の形状 list item style --
        value     NUMBER     #IMPLIED   -- 番号の設定 set sequence number --
        >

序列(番号付き)一覧は次のような形をとります
Ordered (i.e. numbered) lists take the form:

    <OL>
      <LI> ... first list item
      <LI> ... second list item
      ...
    </OL>

OL要素ではSTART属性を使って番号を何番から始めるか設定することができます。START属性を省略すると1番から始まります。これを後からLI要素のVALUE属性で設定することもできます。どちらの属性も値に整数を指定するようにしてください。その前の一覧から続けて番号を振るとか、番号のついていないものを飛ばすとかの指定をすることはできません。
The OL START attribute can be used to initialize the sequence number (by default it is initialized to 1). You can set it later on with the VALUE attribute on LI elements. Both of these attributes expect integer values. You can't indicate that numbering should be continued from a previous list, or to skip missing values without giving an explicit number.

COMPACT属性の使用により、ユーザエージェントに一覧を短縮形で表示するよう指示することができます。OL要素のTYPE属性により、番号の表示形態を設定することができます。
The COMPACT attribute can be used as a hint to the user agent to render lists in a more compact style. The OL TYPE attribute allows you to set the numbering style for list items:

Type 番号の取り方 Numbering style
1 アラビア数字arabic numbers1, 2, 3, ...
a 小文字アルファベットlower alphaa, b, c, ...
A 大文字アルファベットupper alphaA, B, C, ...
i 小文字ローマ数字lower romani, ii, iii, ...
I 大文字ローマ数字upper romanI, II, III, ...

定義一覧
Definition Lists

<!-- 定義一覧 DTは用語、DDはその定義 --
 -- definition lists - DT for term, DD for its definition -->

<!ELEMENT DL    - -  (DT|DD)+>
<!ATTLIST DL
        compact (compact) #IMPLIED -- 短縮型 more compact style --
        >

<!ELEMENT DT - O  (%text)*>
<!ELEMENT DD - O  %flow;>

定義一覧は次のような形をとります Definition lists take the form:

  <DL>
    <DT> 用語 term name
    <DD> 用語の定義 term definition
    ...
  </DL>

DT要素は、文章要素を取り込む容れ物としてのみ動作します。DD要素には、見出し要素と奥付要素の二つを除き、まとめ要素を入れられます。
DT elements can only act as containers for text level elements, while DD elements can hold block level elements as well, excluding headings and address elements.

例えば For example:

<DL>
<DT>用語1 Term 1<dd>これは最初の用語の定義です。This is the definition of the first term.
<DT>用語2 Term 2<dd>これは二番目の用語の定義です。This is the definition of the second term.
</DL>

これは次のように変換されます which could be rendered as:

用語1 Term 1
これは最初の用語の定義です。This is the definition of the first term.
用語2 Term 2
これは二番目の用語の定義です。This is the definition of the second term.

DL要素へのCOMPACT属性の追加により、ユーザエージェントに一覧を短縮形で表示するよう指示することができます。
The COMPACT attribute can be used with the DL element as a hint to the user agent to render lists in a more compact style.

階層一覧 DIR と 献立 MENU

<!ELEMENT (DIR|MENU) - -  (LI)+ -(%block)>
<!ATTLIST (DIR|MENU)
        compact (compact) #IMPLIED
        >

この二つの要素は古くからHTMLに組み込まれていたものです。これはUL要素に似た順不同一覧のために用意されています。ユーザエージェントは、 DIR 要素を段組みした階層一覧として、 MENU 要素を単段の献立として表わすことが勧められます。実際にはMosaicと他のほとんどのユーザエージェントはこの意見を無視し、 UL 要素と同一の方法でDIR と MENU を表わしています。
These elements have been part of HTML from the early days. They are intended for unordered lists similar to UL elements. User agents are recommended to render DIR elements as multicolumn directory lists, and MENU elements as single column menu lists. In practice, Mosaic and most other user agents have ignored this advice and instead render DIR and MENU in an identical way to UL elements.

割り付け済み文章
Preformatted Text

<!ELEMENT PRE - - (%text)* -(%pre.exclusion)>
<!ATTLIST PRE
        width NUMBER #implied
        >

PRE要素を使うと割り付け済み文章を取り込むことができます。ユーザエージェントは、これを、空白文字や改行文字などの空白記号によるスペーシングを保ったまま、固定ピッチのフォントで表わします。PRE 要素の範囲内では、自動改行は禁止されるべきです。
The PRE element can be used to include preformatted text. User agents render this in a fixed pitch font, preserving spacing associated with white space characters such as space and newline characters. Automatic word-wrap should be disabled within PRE elements.

SGML 標準が、 語法解析において、開始タグ直後あるいは終了タグ直前の改行を引き抜くよう命じることに注意してください。
Note that the SGML standard requires that the parser remove a newline immediately following the start tag or immediately preceding the end tag.

PRE の内容は、段落からイメージとフォントサイズの変化を引き起こす要素、例えばIMG ・ BIG ・ SMALL ・ SUB ・ SUP ・ FONT などを除外したものに相当します。
PRE has the same content model as paragraphs, excluding images and elements that produce changes in font size, e.g. IMG, BIG, SMALL, SUB, SUP and FONT.

ユーザエージェントの中には、 WIDTH 属性を扱うものがあります。これは必要とされる字の横幅に関するヒントをユーザエージェントに与えるものです。ユーザエージェントはこれを使って、適切なフォントサイズを選択するか、内容を適当に字下げすることができます。
A few user agents support the WIDTH attribute. It provides a hint to the user agent of the required width in characters. The user agent can use this to select an appropriate font size or to indent the content appropriately.

PRE要素の例を次に掲げます。シェリーの詩『ひばりへ』の一節です。
Here is an example of a PRE element; a verse from Shelley (To a Skylark):

<PRE>
       Higher still and higher
         From the earth thou springest
       Like a cloud of fire;
         The blue deep thou wingest,
And singing still dost soar, and soaring ever singest.
</PRE>
これが次のように表示されます。
which is rendered as:
       Higher still and higher
         From the earth thou springest
       Like a cloud of fire;
         The blue deep thou wingest,
And singing still dost soar, and soaring ever singest.

水平タブ文字(Unicode,米国アスキー,国際標準化機構 8859-1の十進法9番として符号化されている)は0でない最小の数を単位とする空白と解釈されるべきですが、今のところは8の倍数であれば一行にいくらでもいいようになっています。タブ-スペーシングを他の値に設定していると、文書の割り付けを損なうことがよくあるために、その使用は非常に望ましくないものです。
The horizontal tab character (encoded in Unicode, US ASCII and ISO 8859-1 as decimal 9) should be interpreted as the smallest non-zero number of spaces which will leave the number of characters so far on the line as a multiple of 8. Its use is strongly discouraged since it is common practice when editing to set the tab-spacing to other values, leading to misaligned documents.

XMP, LISTING and PLAINTEXT

<![ %HTML.Deprecated [

<!ENTITY % literal "CDATA"
        --  全て終了タグのみで表記されていた頃の、 古い不一致な分析モード
        historical, non-conforming parsing mode where
           the only markup signal is the end tag
           in full
        -->

<!ELEMENT (XMP|LISTING) - -  %literal>
<!ELEMENT PLAINTEXT - O %literal>

]]>

これらはPREの導入以前にあった割り付け済み文章のためのタグでしたが、今では使われていないものです。ユーザエージェントは、旧版との互換性のためにこれらを扱ってかまいません。新しい文書を書く際には、これらの要素の使用は避けなくてはなりません。
These are obsolete tags for preformatted text that predate the introduction of PRE. User agents may support these for backwards compatibility. Authors should avoid using them in new documents!

DIV and CENTER

<!ELEMENT DIV - - %body.content>
<!ATTLIST DIV
        align   (left|center|right) #IMPLIED -- 以降の文章の整列
        alignment of following text --
        >

<!-- CENTERはALIGN=CENTERを持つDIVの省略形です
CENTER is a shorthand for DIV with ALIGN=CENTER -->
<!ELEMENT center - - %body.content>

DIV 要素の使用により、HTML 文書を各部分からなるピラミッド構造として構成することができます。ALIGN属性の使用により、 DIV 要素の内容を整列することができます。その値は左か中央か右のいずれかです。これは段落要素<P>と同じ定義の仕方です。
DIV elements can be used to structure HTML documents as a hierarchy of divisions. The ALIGN attribute can be used to set the default horizontal alignment for elements within the content of the DIV element. Its value is restricted to LEFT, CENTER or RIGHT, and is defined in the same way as for the paragraph element <P>.

DIV はまとめ要素と同様の働きをするものなので、開いている P 要素をDIVが閉じることに注意してください。 これに加えてユーザエージェントは、DIV 要素を段落分けすることを求められていません。 CENTERは ALIGN=CENTER を持つ DIV に全く等しいものです。 DIV とCENTERはどちらも開始タグと終了タグが必要です。
Note that because DIV is a block-like element it will terminate an open P element. Other than this, user agents are not expected to render paragraph breaks before and after DIV elements. CENTER is directly equivalent to DIV with ALIGN=CENTER. Both DIV and CENTER require start and end tags.

CENTERはネットスケープ社によって、HTML 3.0 のDIV 要素を扱うようになるよりも前に導入されました。これは広範囲に普及している為に、HTML 3.2 に残されています。
CENTER was introduced by Netscape before they added support for the HTML 3.0 DIV element. It is retained in HTML 3.2 on account of its widespread deployment.

引用 BLOCKQUOTE

<!ELEMENT BLOCKQUOTE - - %body.content>

これは他の作品からの引用部分を括り込むために使用されます。 開始タグと終了タグが必要です。 多くの場合は字下げして表示されます。たとえば、
This is used to enclose block quotations from other works. Both the start and end tags are required. It is often rendered indented, e.g.

They went in single file, running like hounds on a strong scent, and an eager light was in their eyes. Nearly due west the broad swath of the marching Orcs tramped its ugly slot; the sweet grass of Rohan had been bruised and blackened as they passed.

from "The Two Towers" by J.R.R. Tolkien.

書式
FORM

<!ENTITY % HTTP-Method "GET | POST"
        -- as per HTTP specification
        -->

<!ELEMENT FORM - - %body.content -(FORM)>
<!ATTLIST FORM
        action %URL #IMPLIED  -- server-side form handler --
        method (%HTTP-Method) GET -- see HTTP specification --
        enctype %Content-Type; "application/x-www-form-urlencoded"
        >

これは HTML 書式を定義するために使用されます。1つの文書に複数の書式を置くことができます。 開始タグと終了タグが必要です。 非常に単純な書式には、ISINDEX 要素を使うこともできます。 書式には、一行または多数行の書き込み欄やラジオボタングループやチェック升やメニューなどのような書式入力欄を含む広範な HTML 表記を入れることができます。
This is used to define an HTML form, and you can have more than one form in the same document. Both the start and end tags are required. For very simple forms, you can also use the ISINDEX element. Forms can contain a wide range of HTML markup including several kinds of form fields such as single and multi-line text fields, radio button groups, checkboxes, and menus.

action
これはemailによって書式を送るのに使用される URL 、例えばaction="mailto:foo@bar.com"か、または HTTP によってサーバ-側書式処理プログラムを適用するために使用される URL 、例えばaction="http://www.acme.com/cgi-bin/register.pl"を指定します。
This specifies a URL which is either used to post forms via email, e.g. action="mailto:foo@bar.com", or used to invoke a server-side forms handler via HTTP, e.g. action="http://www.acme.com/cgi-bin/register.pl"
method
action属性で HTTP サーバを指定するとき、書式の内容をサーバへ送るために、どの HTTP methodを使用するかをmethod属性で決めます。これはGETとPOSTのどちらかで、指定を省略するとGETになります。
When the action attribute specifies an HTTP server, the method attribute determines which HTTP method will be used to send the form's contents to the server. It can be either GET or POST, and defaults to GET.
enctype
これは書式の内容を符号化する機構を決めます。指定を省略すると、application/x-www-form-urlencodedになります。
This determines the mechanism used to encode the form's contents. It defaults to application/x-www-form-urlencoded.

書式の取り扱い方の詳細は、 RFC 1867 にあります。
Further details on handling forms are given in RFC 1867.

HR 横罫線
horizontal rules

横罫線は項目の変化を表示するために使用してかまいません。 読み上げ式のユーザエージェントでは、罫線を休止として表すことができます。
Horizontal rules may be used to indicate a change in topic. In a speech based user agent, the rule could be rendered as a pause.

<!ELEMENT HR    - O EMPTY>
<!ATTLIST HR
        align (left|right|center) #IMPLIED
        noshade (noshade) #IMPLIED
        size  %Pixels #IMPLIED
        width %Length #IMPLIED
        >

HRは容れ物ではないので、終了タグは出てきません。属性はALIGN, NOSHADE, SIZE ,WIDTH です。
HR elements are not containers so the end tag is forbidden. The attributes are: ALIGN, NOSHADE, SIZE and WIDTH.

align
これは罫線をそのときの画面で左側・中央・右側のいずれに置くかをalign=left, align=center , align=rightで決めます。指定を省略すると、中央に置かれます。
This determines whether the rule is placed at the left, center or right of the space between the current left and right margins for align=left, align=center or align=right respectively. By default, the rule is centered.
noshade
この属性はユーザエージェントに、罫線を伝統的な2色の『溝』でなく単色で表わすよう求めるものです。
This attribute requests the user agent to render the rule in a solid color rather than as the traditional two colour "groove".
size
これを使って罫線の縦幅をピクセルで指定することができます。
This can be used to set the height of the rule in pixels.
width
これを使って罫線の横幅をピクセルで指定する(例えばwidth=100)か、そのときの画面に対する百分率で指定する(例えばwidth="50%")ことができます。指定を省略すると100%になります。
This can be used to set the width of the rule in pixels (e.g. width=100) or as the percentage between the current left and right margins (e.g. width="50%"). The default is 100%.

表組
Tables

HTML 3.2 にはRFC 1942で与えられた仕様書の広範に普及したサブセットが組み込まれており、これを使って表を組んだりレイアウト効果を表記したりすることができます。 読み上げ式あるいは文章のみを扱うユーザエージェントでは、特に後者の役割が問題を引き起こすことに注意してください。
HTML 3.2 includes a widely deployed subset of the specification given in RFC 1942 and can be used to markup tabular material or for layout purposes. Note that the latter role typically causes problems when rending to speech or to text only user agents.

<!-- horizontal placement of table relative to window -->
<!ENTITY % Where "(left|center|right)">

<!-- horizontal alignment attributes for cell contents -->
<!ENTITY % cell.halign
        "align  (left|center|right) #IMPLIED"
        >

<!-- vertical alignment attributes for cell contents -->
<!ENTITY % cell.valign
        "valign  (top|middle|bottom)  #IMPLIED"
        >

<!ELEMENT table - - (caption?, tr+)>
<!ELEMENT tr - O (th|td)*>
<!ELEMENT (th|td) - O %body.content>

<!ATTLIST table                       -- 表組要素table element --
        align     %Where;   #IMPLIED  -- 画面内での表の位置table position relative to window --
        width     %Length   #IMPLIED  -- 画面内での表の横幅table width relative to window --
        border    %Pixels   #IMPLIED  -- 表の外枠controls frame width around table --
        cellspacing %Pixels #IMPLIED  -- spacing between cells --
        cellpadding %Pixels #IMPLIED  -- spacing within cells --
        >

<!ELEMENT CAPTION - - (%text;)* -- 表題table or figure caption -->
<!ATTLIST CAPTION
        align (top|bottom) #IMPLIED
        >

<!ATTLIST tr                       -- 行table row --
        %cell.halign;              -- 横方向整列horizontal alignment in cells --
        %cell.valign;              -- 縦方向整列vertical alignment in cells --
        >

<!ATTLIST (th|td)                  -- 見出し枠またはデータ枠header or data cell --
        nowrap (nowrap)  #IMPLIED  -- 自動改行の抑止suppress word wrap --
        rowspan NUMBER   1         -- 行またぎnumber of rows spanned by cell --
        colspan NUMBER   1         -- 列またぎnumber of cols spanned by cell --
        %cell.halign;              -- 横方向整列horizontal alignment in cells --
        %cell.valign;              -- 縦方向整列vertical alignment in cells --
        width   %Pixels  #IMPLIED  -- 枠幅指定suggested width for cell --
        height  %Pixels  #IMPLIED  -- 枠高さ指定suggested height for cell --
        >

表組の一般的な形は次のようになります
Tables take the general form:

  <TABLE BORDER=3 CELLSPACING=2 CELLPADDING=2 WIDTH="80%">
  <CAPTION> ... table caption ... </CAPTION>
  <TR><TD> first cell <TD> second cell
  <TR> ...
  ...
  </TABLE>

TABLE の属性は、全てオプショナルです。 指定を省略すると、表は外枠なしで表示されます。 表は一般的に、自動的に内容に見合った大きさに作られますが、 WIDTH 属性を使って表の横幅を定めることもできます。 BORDER と CELLSPACING と CELLPADDING は表の外観についてさらに詳細な管理をするものです。 表題は ALIGN 属性により表の最上部か最下部で表わされます。
The attributes on TABLE are all optional. By default, the table is rendered without a surrounding border. The table is generally sized automatically to fit the contents, but you can also set the table width using the WIDTH attribute. BORDER, CELLSPACING and CELLPADDING provide further control over the table's appearence. Captions are rendered at the top or bottom of the table depending on the ALIGN attribute.

表の各行はTR要素に入ります。TR要素の終了タグは常に省略可能です。表の枠はデータのためのTD要素と見出しのためのTH要素で定義します。TR同様、容れ物ですが終了タグは省略可能です。THとTDでは以下のような属性を持つことができます。枠内の内容を整列するALIGNとVALIGN、複数の行または列をまたぐROWSPANとCOLSPAN。枠内には、書式入力欄や他の表組を含む、広範な他のまとめ要素や文章要素を入れることができます。
Each table row is contained in a TR element, although the end tag can always be omitted. Table cells are defined by TD elements for data and TH elements for headers. Like TR, these are containers and can be given without trailing end tags. TH and TD support several attributes: ALIGN and VALIGN for aligning cell content, ROWSPAN and COLSPAN for cells which span more than one row or column. A cell can contain a wide variety of other block and text level elements including form fields and other tables.

TABLE要素は常に開始タグと終了タグの両方が必要です。これは以下の属性を持ちます。
The TABLE element always requires both start and end tags. It supports the following attributes:

align
この属性がとる値はLEFT,CENTER,RIGHTの三つで、大文字・小文字を区別しません。これによりその画面での表の横位置を指定します。指定を省略すると左寄せとなりますが、これはDIV要素やCENTER要素で括り込むことにより上書きできます。
This takes one of the case insensitive values: LEFT, CENTER or RIGHT. It specifies the horizontal placement of the table relative to the current left and right margins. It defaults to left alignment, but this can be overridden by an enclosing DIV or CENTER element.
width
この属性を欠く場合は、表の横幅は自動的に表の内容に合わせて決められます。WIDTH属性を使うと、表の横幅をピクセルで一定の値に設定する(例えばwidth="212")か、その画面に対する百分率で設定する(例えばwidth="80%")ことができます。
In the absence of this attribute the table width is automatically determined from the table contents. You can use the WIDTH attribute to set the table width to a fixed value in pixels (e.g. WIDTH=212) or as a percentage of the space between the current left and right margins (e.g. WIDTH="80%").
border
この属性を使うと表の外枠の幅をピクセル単位で指定できます。例えば、BORDER=4のようにします。その値を0として、枠全体を表示しないようにすることができます。この属性を欠く場合には、外枠は表示しないようにするべきです。ブラウザの中には<TABLE BORDER>をBORDER=1と同じ意味に取るものがあることに注意してください。
This attribute can be used to specify the width of the outer border around the table to a given number of pixels (e.g. BORDER=4). The value can be set to zero to suppress the border altogether. In the absence of this attribute the border should be suppressed. Note that some browsers also accept <TABLE BORDER> with the same semantics as BORDER=1.
cellspacing
従来のDTPソフトでは表の枠を罫線で分けていました。HTMLではこれとは違います。枠のそれぞれに枠線がついていて、それは隣り合った枠の区切りとは別のものです。この区切りはCELLSPACING属性を使ってピクセル指定できます。例えばCELLSPACING=10のようにします。同じ値を使って表の一番外側の枠線と外枠との間の区切りを決めることもできます。
In traditional desktop publishing software, adjacent table cells share a common border. This is not the case in HTML. Each cell is given its own border which is separated from the borders around neighboring cells. This separation can be set in pixels using the CELLSPACING attribute, (e.g. CELLSPACING=10). The same value also determines the separation between the table border and the borders of the outermost cells.
cellpadding
それぞれの枠線と内容との間隔をピクセル単位で設定します。
This sets the padding in pixels between the border around each cell and the cell's contents.

CAPTION要素は唯一の属性であるALIGNを持ち、これはALIGN=TOPかALIGN=BOTTOMのいずれかとなります。これを使うと、表題を表の最上部の上か最下部の下に固定することができます。CAPTIONは常に開始タグと終了タグの両方が必要です。表題は%text実体として定義されているため、平叙文や文章要素に限られます。まとめ要素は許されていません。
The CAPTION element has one attribute ALIGN which can be either ALIGN=TOP or ALIGN=BOTTOM. This can be used to force the caption to be placed above the top or below the bottom of the table respectively. Most user agents default to placing the caption above the table. CAPTION always requires both start and end tags. Captions are limited to plain text and text-level elements as defined by the %text entity. Block level elements are not permitted.

TRや表の行になる要素には開始タグが必要ですが、終了タグは常に省略可能です。TRは、表の枠を括る容れ物です。以下の二つの属性を追加できます。
The TR or table row element requires a start tag, but the end tag can always be left out. TR acts as a container for table cells. It has two attributes:

align
枠の内容の横位置を整列します。その値はLEFT,CENTER,RIGHTの三つのうちいずれかで、大文字・小文字を区別しません。これは段落要素のalign属性と同じ役割を果たすものです。
Sets the default horizontal alignment of cell contents. It takes one of the case insensitive values: LEFT, CENTER or RIGHT and plays the same role as the ALIGN attribute on paragraph elements.
valign
これを使うとそれぞれの枠の内容の縦位置を整列することができます。その値は大文字・小文字を区別せずTOP,MIDDLE,BOTTOMの三つのうちいずれかで、枠の内容をそれぞれ上段、中央、下段に配列します。
This can be used to set the default vertical alignment of cell contents within each cell. It takes one of the case insensitive values: TOP, MIDDLE or BOTTOM to position the cell contents at the top, middle or bottom of the cell respectively.

表の枠を定義する要素は二つあります。見出しに使うTHと項目に使うTDです。この使い分けがユーザエージェントに見出しと項目とを異なった活字で表示することを可能にし、音声読み上げ式ブラウザが仕事をしやすいようにしてくれます。THとTDでは常に開始タグが必要ですが、終了タグは省略可能です。表の枠には、以下の属性を持たせることができます。
There are two elements for defining table cells. TH is used for header cells and TD for data cells. This distinction allows user agents to render header and data cells in different fonts, and enables speech based browsers to do a better job. The start tags for TH and TD are always needed but the end tags can be left out. Table cells can have the following attributes:

nowrap
この属性を明示すると、枠内での自動改行を止めることができます。<TD NOWRAP>のようにします。これは&nbsp;実体を使って枠内で折り返ししないスペースを作ったのと同じことになります。
The presence of this attribute disables automatic word wrap within the contents of this cell (e.g. <TD NOWRAP>). This is equivalent to using the &nbsp; entity for non-breaking spaces within the content of the cell.
rowspan
これは自然数の値を取り、その数の行をまたぐ枠を作ります。指定を省略すると1行になります。
This takes a positive integer value specifying the number of rows spanned by this cell. It defaults to one.
colspan
これは自然数の値を取り、その数の列をまたぐ枠を作ります。指定を省略すると1列になります。
This takes a positive integer value specifying the number of columns spanned by this cell. It defaults to one.
align
枠内の内容の横位置を整列します。これは表の各行で指定されたALIGN属性を上書きします。その値は、表の各行で指定されたALIGN属性と同じく、LEFT・CENTER・RIGHTです。枠内のALIGN属性の値を特定しなければ、これをTR要素のALIGN属性に上書きしていても、指定を省略した場合と同様に<td>は左寄せ、<th>は中央揃えとなります。
Specifies the default horizontal alignment of cell contents, and overrides the ALIGN attribute on the table row. It takes the same values: LEFT, CENTER and RIGHT. If you don't specify an ALIGN attribute value on the cell, the default is left alignment for <td> and center alignment for <th> although you can override this with an ALIGN attribute on the TR element.
valign
枠内の内容の縦位置を整列します。これは表の各行で指定されたVALIGN属性を上書きします。その値は、表の各行で指定されたVALIGN属性と同じく、TOP・MIDDLE・BOTTOMの三つです。枠内のVALIGN属性の値を特定しなければ、これをTR要素のVALIGN属性に上書きしていても、指定を省略した場合と同様に中央揃えとなります。
Specifies the default vertical alignment of cell contents, overriding the VALIGN attribute on the table row. It takes the same values: TOP, MIDDLE and BOTTOM. If you don't specify a VALIGN attribute value on the cell, the default is middle although you can override this with a VALIGN attribute on the TR element.
width
枠と枠の境界を除いて枠内の内容にふさわしい幅をピクセル単位で指定します。その値は普通、同じ列の別の枠の幅と搗ち合わないように設定します。
Specifies the suggested width for a cell content in pixels excluding the cell padding. This value will normally be used except when it conflicts with the width requirements for other cells in the same column.
height
枠と枠の境界を除いて枠の内容にふさわしい高さをピクセル単位で指定します。 その値は普通、同じ行の別の枠の高さ指定とかち合わないように設定します。
Specifies the suggested height for a cell content in pixels excluding the cell padding. This value will normally be used except when it conflicts with the height requirements for other cells in the same row.

表組は普通、浅い浮き彫りで表示され、外枠が斜めに盛り上がっていて、枠の一つ一つがこの盛り上がった表面に入ります。内容がある枠にだけ個々の枠線が引かれます。&nbsp;以外の空白は、枠線を引くべき対象にはなりません。
Tables are commonly rendered in bas-relief, raised up with the outer border as a bevel, and individual cells inset into this raised surface. Borders around individual cells are only drawn if the cell has explicit content. White space doesn't count for this purpose with the exception of &nbsp;.

表組の大きさを自動調整するアルゴリズムは、それぞれの枠に必要な最小幅と最大幅を計算すべきです。これは各列に必要な最小幅と最大幅を決め、それによって表全体で必要な最小幅と最大幅を決めるためです。
The algorithms used to automatically size tables should take into account the minimum and maximum width requirements for each cell. This is used to determine the minimum and maximum width requirements for each column and hence for the table itself.

枠が複数の列をまたぐときは、各々の列幅を合わせて構成することになります。 1つの方法としては、これらの列の間で枠の最小幅と最大幅を平等に配分します。 別の方法では、複数の列をまたがらない他の枠の構成に従うような配分を重んじます。
Cells spanning more than one column contribute to the widths of each of the columns spanned. One approach is to evenly apportion the cell's minimum and maximum width between these columns, another is to weight the apportioning according to the contributions from cells that don't span multiple columns.

ユーザエージェントの中には言葉の範囲内で行を改めることが必要か、望ましいかもしれないものがあります。 そのようなケースではこれが見かけ上の障害を引き起こしたという報告があります。
For some user agents it may be necessary or desirable to break text lines within words. In such cases a visual indication that this has occurred is advised.

入れ子にされた表では、表の最小幅と最大幅が、その中に入る枠の最小幅と最大幅になります。 いちばん外側の表に必要な幅がわかれば、表の列幅を割り当てることができます。 これによって入れ子にされた表の幅、さらにその中にある表の列幅を割り当てることができるようになります。 実際には、すべての列は少なくとも最小限度の幅を割り当てられるべきでしょう。 その場合、余白はすべて各々の列に必要な最小幅と最大幅の相違に比例して振り分けることが考えられます。
The minimum and maximum width of nested tables contribute to the minimum and maximum width of the cell in which they occur. Once the width requirements are known for the top level table, the column widths for that table can be assigned. This allows the widths of nested tables to be assigned and hence in turn the column widths of such tables. If practical, all columns should be assigned at least their minimum widths. It is suggested that any surplus space is then shared out proportional to the difference between the minimum and maximum width requirements of each column.

幅と高さを示すピクセル値はスクリーンピクセルを参照するため、レーザープリンタのような非常に高い解像度の機器で描写するときには、適切な補正を掛けるべきであることに注意してください。たとえば、ユーザエージェントがインチあたり75ピクセルの解像度をもって表示され、レーザープリンタがインチあたり600ドットの解像度をもって描写するならば、 HTML 属性で与えられたピクセル値は8の係数を掛けられるべきです。
Note that pixel values for width and height refer to screen pixels, and should be multiplied by an appropriate factor when rendering to very high resolution devices such as laser printers. For instance if a user agent has a display with 75 pixels per inch and is rendering to a laser printer with 600 dots per inch, then the pixel values given in HTML attributes should be multiplied by a factor of 8.


文章要素
Text level elements

これらは段落分けをしません。文章要素は文字組を決めるもので、一般的に入れ子可能です。他の文章要素を入れることができますが、まとめ要素を入れることはできません。
These don't cause paragraph breaks. Text level elements that define character styles can generally be nested. They can contain other text level elements but not block level elements.

字体要素 Font style elements

これらはすべて開始タグと終了タグが必要です。たとえば
These all require start and end tags, e.g.

  This has some <B>bold text</B>.

文章要素は順序正しく入れ子にしなければなりません。次の例は間違いです。
Text level elements must be properly nested - the following is in error:

  This has some <B>bold and <I></B>italic text</I>.
ユーザエージェントは次の例のように入れ子にされた強調に配慮するよう最善を尽くすべきです。
User agents should do their best to respect nested emphasis, e.g.
  This has some <B>bold and <I>italic text</I></B>.

利用できるフォントが制限されている場合や音声出力では、強調部分を区別して表現する代わりの方法が使用されるべきです。
Where the available fonts are restricted or for speech output, alternative means should be used for rendering differences in emphasis.

TTタイプ文字あるいは等幅文字組:teletype or monospaced text
I斜体:italic text style
B太字:bold text style
U下線:underlined text style
STRIKE打ち消し:strike-through text style
BIG大きな字体:places text in a large font
SMALL小さな字体places text in a small font
SUB下付文字places text in subscript style
SUP上付文字:places text in superscript style

注意:HTMLの来るべき版では、STRIKEはHTML 3.0の"S"に置き換えられるかもしれません。
Note: future revisions to HTML may be phase out STRIKE in favor of the more concise "S" tag from HTML 3.0.

字句要素 Phrase Elements

すべて開始タグと終了タグが必要です。
These all require start and end tags, e.g.

  This has some <EM>emphasized text</EM>.
EM特筆、もっぱら斜体表示 basic emphasis typically rendered in an italic font
STRONG強く特筆、もっぱら太字で表示 strong emphasis typically rendered in a bold font
DFN取り込まれた用語の定義例 defining instance of the enclosed term
CODEプログラムコードから展開 used for extracts from program code
SAMPプログラムやスクリプトのサンプル used for sample output from programs, and scripts etc.
KBD利用者の書き込み used for text to be typed by the user
VARコマンドの変数・増加率 used for variables or arguments to commands
CITE他の本からの引用あるいは参照 used for citations or references to other sources

書き込み書式
Form fields

FORM要素の中に入れられるのはINPUT,SELECT,TEXTAREAの三つだけです。INPUTを使って、一行の記入欄やパスワード記入欄やチェック升やラジオボタン、送信ボタンや取消ボタン、隠し欄、ファイル上梓、画像ボタンなどさまざまな入力欄を仕込むことができます。SELECT要素は、複数選択ができる献立に使われます。TEXTAREA要素は、複数行の書き込み枠を作るのに使われます。要素の内容は、記入欄にはじめから文字を入れておくのに使われます。
INPUT, SELECT and TEXTAREA are only allowed within FORM elements. INPUT can be used for a variety of form fields including single line text fields, password fields, checkboxes, radio buttons, submit and reset buttons, hidden fields, file upload, and image buttons. SELECT elements are used for single or multiple choice menus. TEXTAREA elements are used to define multi-line text fields. The content of the element is used to initialize the field.

INPUT text fields, radio buttons, check boxes, ...

INPUT要素は容れ物ではないので、終了タグは出てきません。
INPUT elements are not containers and so the end tag is forbidden.

<!ENTITY % IAlign "(top|middle|bottom|left|right)">

<!ENTITY % InputType
        "(TEXT | PASSWORD | CHECKBOX | RADIO | SUBMIT
            | RESET | FILE | HIDDEN | IMAGE)">

<!ELEMENT INPUT - O EMPTY>
<!ATTLIST INPUT
        type %InputType TEXT     -- what kind of widget is needed --
        name  CDATA #IMPLIED     -- required for all but submit and reset --
        value CDATA #IMPLIED     -- required for radio and checkboxes --
        checked (checked) #IMPLIED -- for radio buttons and check boxes --
        size CDATA  #IMPLIED     -- specific to each type of field --
        maxlength NUMBER #IMPLIED
        src   %URL  #IMPLIED     -- for fields with background images --
        align %IAlign #IMPLIED   -- vertical or horizontal alignment --
        >
type
入力欄の種類を設定します。
Used to set the type of input field:

type=text (the default)
一行の記入欄で、表示される大きさはsize属性で設定できます。例えば半角40字の幅にするには、size=40とします。カーソルが見えている欄内では文章を巻上げて表示し、利用者が設定条件を超えて書き込みを続けられるようにすべきです。maxlength属性を追加すると、入力可能な字数を制限することが可能です。name属性はその欄に名前をつける場合に使い、valueは初めからなにか書き込んでおきたい時に使います。
A single line text field whose visible size can be set using the size attribute, e.g. size=40 for a 40 character wide field. Users should be able to type more than this limit though with the text scrolling through the field to keep the input cursor in view. You can enforce an upper limit on the number of characters that can be entered with the maxlength attribute. The name attribute is used to name the field, while the value attribute can be used to initialize the text string shown in the field when the document is first loaded.
    <input type=text size=40 name=user value="your name">
type=password
これはtype=textと同様のものですが、パスワードを入力する際に覗き見されないように、文字の代わりに* などの記号を返します。通常の記入欄と同じくsizemaxlength属性を使って表示範囲や最大幅を調整できます。
This is like type=text, but echoes characters using a character like * to hide the text from prying eyes when entering passwords. You can use size and maxlength attributes to control the visible and maximum length exactly as per regular text fields.
    <input type=password size=12 name=pw>
type=checkbox
簡単なブール関数選択(訳注:真/偽の二者択一。Yes/NoあるいはOn/OffもしくはIn/Out、または0/1などと解釈できます)属性か、複数選択可能な値をもつ属性のために使います。後者では、同じ名前nameと異なった値value属性を持つ複数のチェック升が表示されます。 各チェック升は、たとえこれが全く同じ名前になったとしても、送信データには別個の名前/値の組み合わせを作り出します。 チェック升に初めからチェックした状態にしておくには、checked属性を使ってください。
Used for simple Boolean attributes, or for attributes that can take multiple values at the same time. The latter is represented by several checkbox fields with the same name and a different value attribute. Each checked checkbox generates a separate name/value pair in the submitted data, even if this results in duplicate names. Use the checked attribute to initialize the checkbox to its checked state.
    <input type=checkbox checked name=uscitizen value=yes>
type=radio
複数の値の中からどれか1つを取ることができる属性です。 ラジオボタンの各グループには、そのグループごとに同一のnameが与えられるべきです。 ラジオボタンには、明確なvalue 属性が必要です。 グループの中のどれか1つチェックしたラジオボタンが、name/value 組み合わせデータとして送信されます。 各グループ毎にラジオボタンのどれか1つを、あらかじめchecked属性を使ってチェックしておくべきでしょう。
Used for attributes which can take a single value from a set of alternatives. Each radio button field in the group should be given the same name. Radio buttons require an explicit value attribute. Only the checked radio button in the group generates a name/value pair in the submitted data. One radio button in each group should be initially checked using the checked attribute.
    <input type=radio name=age value="0-12">
    <input type=radio name=age value="13-17">
    <input type=radio name=age value="18-25">
    <input type=radio name=age value="26-35" checked>
    <input type=radio name=age value="36-">
type=submit
これは書式の内容を利用者がサーバへ送信するための押ボタンを作ります。ボタンに貼るラベルをvalue属性で設定します。name属性が与えられていれば、送信ボタンの名前と値の組み合わせが送信データに含まれます。一つの書式に複数の送信ボタンを仕込むことができます。画像型送信ボタンを作るには、type=imageを見てください。
This defines a button that users can click to submit the form's contents to the server. The button's label is set from the value attribute. If the name attribute is given then the submit button's name/value pair will be included in the submitted data. You can include several submit buttons in the form. See type=image for graphical submit buttons.
    <input type=submit value="Party on ...">
type=image
これは文字列ではなく画像で表示される、画像型送信ボタンに使います。画像のURLをsrcで指定します。画像の配置をalign属性で指定できます。このことにより、画像型送信ボタンはIMG要素と同様に扱われるので、配置をleft, right, top, middle,bottomに設定できます。クリックした場所の座標がX値とY値としてサーバに渡されます。このとき送信データには、画像上の座標が二つの名前/値の組み合わせとして含まれます。その名前は座標の名前にX値である".x"、およびY値である".y"を付け足したものとなります。
This is used for graphical submit buttons rendered by an image rather than a text string. The URL for the image is specified with the src attribute. The image alignment can be specified with the align attribute. In this respect, graphical submit buttons are treated identically to IMG elements, so you can set align to left, right, top, middle or bottom. The x and y values of the location clicked are passed to the server: In the submitted data, image fields are included as two name/value pairs. The names are derived by taking the name of the field and appending ".x" for the x value, and ".y" for the y value.
<p>Now choose a point on the map:

    <input type=image name=point src="map.gif">

注意 Note: 画像座標の使用は文字列のみを表示するテキストブラウザや音声型ブラウザではほとんどの場合問題を引き起こします。
image fields typically cause problems for text-only and speech-based user agents!

type=reset
これは、文書が最初に読み込まれたときの状態に戻すための、利用者の書き込みを取り消す押ボタンを作ります。value属性を与えてラベルを貼ることができます。取り消しボタンは、書式の内容の一部として送信されることはありません。
This defines a button that users can click to reset form fields to their initial state when the document was first loaded. You can set the label by providing a value attribute. Reset buttons are never sent as part of the form's contents.
    <input type=reset value="Start over ...">
type=file
これは利用者に、手元のファイルを書式の内容に添付する方法を与えるものです。 一般的には記入欄が表示され、同時に、クリックするとファイル名前を選択するためファイルブラウザを起動するボタンが現れます。 ファイル名前は、記入欄でも直接入力することができます。 type=text と同様に、size属性を使って並の文字幅でこの欄の見かけ上の幅を定めることができます。 また、 maxlength 属性を使って、ファイル名前の長さに上限を定めることができます。 ユーザエージェントによっては、受け入れるファイルの種類を、ACCEPT 属性で与えられる、コンマで区切ったMIME内容種別の一覧に限定する能力を持つものもあります。例えば、accept="image/*"は、ファイルを画像に限ります。 詳細についてはRFC 1867 にあります。
This provides a means for users to attach a file to the form's contents. It is generally rendered by text field and an associated button which when clicked invokes a file browser to select a file name. The file name can also be entered directly in the text field. Just like type=text you can use the size attribute to set the visible width of this field in average character widths. You can set an upper limit to the length of file names using the maxlength attribute. Some user agents support the ability to restrict the kinds of files to those matching a comma separated list of MIME content types given with the ACCEPT attribute e.g. accept="image/*" restricts files to images. Further information can be found in RFC 1867.
    <input type=file name=photo size=20 accept="image/*">
type=hidden
サーバへ送る情報で見られたくないものを書式に置いておく方法です。 書式送信時に、それぞれ対応する属性で指定された名前/値の組み合わせを使って、サーバに送られます。 これはHTTPの無国籍性に対して効果があります。 HTTP使用法としては別途に"クッキー"があります。
These fields should not be rendered and provide a means for servers to store state information with a form. This will be passed back to the server when the form is submitted, using the name/value pair defined by the corresponding attributes. This is a work around for the statelessness of HTTP. Another approach is to use HTTP "Cookies".
    <input type=hidden name=customerid value="c2415-345-8563">
name
サーバへ送信するときに内容を区別するため、名前を付けます。
Used to define the property name that will be used to identify this field's content when it is submitted to the server.
value
予め書き込みしておいたり、送信や取消ボタンのラベルを貼るのに使います。
Used to initialize the field, or to provide a textual label for submit and reset buttons.
checked
この属性を明示すると、チェック升やラジオボタンを予めチェックしておいた状態になります。
The presence of this attribute is used to initialize checkboxes and radio buttons to their checked state.
size
見かけ上の記入欄の幅を数字で設定します。例:size=20
Used to set the visible size of text fields to a given number of average character widths, e.g. size=20
maxlength
記入欄に書き込み可能な最大文字数を設定します。
Sets the maximum number of characters permitted in a text field.
src
画像型送信ボタンに使う画像のURLを指定します。
Specifies a URL for the image to use with a graphical submit button.
align
画像型送信ボタンの画像の配列を決めます。IMGのalign属性と同様、top・middle・bottom・left・rightのうち一つを値としてとり、指定を省略するとbottomになります。
Used to specify image alignment for graphical submit buttons. It is defined just like the IMG align attribute and takes one of the values: top, middle, bottom, left or right, defaulting to bottom.

項目選択欄 SELECT menus

<!ELEMENT SELECT - - (OPTION+)>
<!ATTLIST SELECT
        name CDATA #REQUIRED
        size NUMBER #IMPLIED
        multiple (multiple) #IMPLIED
        >

<!ELEMENT OPTION - O (#PCDATA)*>
<!ATTLIST OPTION
        selected (selected) #IMPLIED
        value  CDATA  #IMPLIED -- defaults to element content --
        >

SELECTは、複数の品書から一つ選ぶか複数選択できる献立を定義するのに使います。SELECT要素には開始タグと終了タグが必要で、内容には献立の品目を定義する一つ以上のOPTION要素が入ります。複数の品書から一つを選択する場合は一般的に掛軸式献立として表示され、複数の品書から複数選択する場合は一般的に一覧表として表示されます。
SELECT is used to define select one from many or many from many menus. SELECT elements require start and end tags and contain one or more OPTION elements that define menu items. One from many menus are generally rendered as drop-down menus while many from many menus are generally shown as list boxes.

例 Example:

    <SELECT NAME="flavor">
    <OPTION VALUE=a>Vanilla
    <OPTION VALUE=b>Strawberry
    <OPTION VALUE=c>Rum and Raisin
    <OPTION VALUE=d>Peach and Orange
    </SELECT>

SELECTの属性 SELECT attributes:

name
献立からの選択を他から区別するために、書式がサーバに送信されるときに使用する特性名を、これで指定します。 各々の選択結果は特性名/特性値の組み合わせとなり、書式の内容の一部として含まれることになります。
This specifies a property name that is used to identify the menu choice when the form is submitted to the server. Each selected option results in a property name/value pair being included as part of the form's contents.
size
これは多数の品書きから多数の選択をするとき、一度に見える選択の数を定めます。
This sets the number of visible choices for many from many menus.
multiple
この属性を明示すると、利用者は複数選択ができるようになります。指定を省略すると、選択できるのは一つだけです。
The presence of this attribute signifies that the users can make multiple selections. By default only one selection is allowed.

追加できる属性 OPTION attributes:

selected
この属性を明示しておくと、その文書が最初に読み込まれたときにその品目が選択されます。多数の品書きから一つを選択するのに、品目を一つより多く選択しておくとエラーになります。
When this attribute is present, the option is selected when the document is initially loaded. It is an error for more than one option to be so selected for one from many menus.
value
書式内容を送信するときの特性値を定めます。これは親SELECT要素のname属性によって与えられる特性名に結びつけられます。
Specifies the property value to be used when submitting the form's content. This is combined with the property name as given by the name attribute of the parent SELECT element.

TEXTAREA 複数行書き込み枠multi-line text fields

<!-- 複数行書き込み枠Multi-line text input field. -->

<!ELEMENT TEXTAREA - - (#PCDATA)*>
<!ATTLIST TEXTAREA
        name CDATA #REQUIRED
        rows NUMBER #REQUIRED
        cols NUMBER #REQUIRED
        >

TEXTAREA要素は開始タグと終了タグが必要です。要素の内容は、文章と文字実体に制限されます。これは、文書が最初に読み込まれたとき、予め示される文章を書いておくのに使用されます。
TEXTAREA elements require start and end tags. The content of the element is restricted to text and character entities. It is used to initialize the text that is shown when the document is first loaded.

例 Example:

    <TEXTAREA NAME=address ROWS=4 COLS=40>
    Your address here ...
    </TEXTAREA>

ユーザエージェントは、書き込まれた内容を送信しているとき、 CRやLF(アスキー十進法13,10番)に行終止を当てはめることが推薦されます。 他の文字セットを扱うことができるということをサーバが前もって示したのでない限り、送信されたデータのための文字セットは、国際標準化機構ラテン1文字コードであるべきです。
It is recommended that user agents canonicalize line endings to CR, LF (ASCII decimal 13, 10) when submitting the field's contents. The character set for submitted data should be ISO Latin-1, unless the server has previously indicated that it can support alternative character sets.

name
これは、書式がサーバに送信されるとき、その書き込みを他から区別するための特性名を指定します。
This specifies a property name that is used to identify the textarea field when the form is submitted to the server.
rows
表示される行数を指定します。 利用者がこの指定行数を超えて入力を続けられるように、ユーザエージェントは、内容が表示行を超えて続くとき、書き込み内容を巻き上げて表示するなんらかの方法を用意するべきです。
Specifies the number of visible text lines. Users should be able to enter more lines that this, so user agents should provide some means to scroll through the contents of the textarea field when the contents extend beyond the visible area.
cols
表示される幅を普通の文字幅で指定します。 利用者がこの指定文字数を超えて入力を続けられるように、ユーザエージェントは、内容が表示幅を超えて続くとき、書き込み内容を巻き上げて表示するなんらかの方法を用意するべきです。 ユーザエージェントは、長い行を巻き上げずに表示できるように、表示される文章行を自動改行してかまいません。
Specifies the visible width in average character widths. Users should be able to enter longer lines that this, so user agents should provide some means to scroll through the contents of the textarea field when the contents extend beyond the visible area. User agents may wrap visible text lines to keep long lines visible without the need for scrolling.

特殊な文章要素
Special Text level Elements

A (Anchor), IMG, APPLET, FONT, BASEFONT, BR and MAP.

錨要素
The A (anchor) element

<!ELEMENT A - - (%text)* -(A)>
<!ATTLIST A
        name    CDATA   #IMPLIED    -- 連鎖尾指定 named link end --
        href    %URL    #IMPLIED    -- 連鎖資材のURL URL for linked resource --
        rel     CDATA   #IMPLIED    -- 前方連鎖関係 forward link types --
        rev     CDATA   #IMPLIED    -- 逆行連鎖関係 reverse link types --
        title   CDATA   #IMPLIED    -- 助言的表題文字列 advisory title string --
        >

錨は入れ子にすることはできません。常に開始タグと終了タグが必要です。 超越書類の連鎖を定義し、また超越書類の連鎖先として使われる番地表示ともなります。例えば
Anchors can't be nested and always require start and end tags. They are used to define hypertext links and also to define named locations for use as targets for hypertext links, e.g.

   The way to <a href="hands-on.html">happiness</a>.

次のように超越書類の連鎖先として使われる番地表示ともなります。
and also to define named locations for use as targets for hypertext links, e.g.

   <h2><a name=mit>545 Tech Square - Hacker's Paradise</a></h2>
name
これはそのときの HTML 文書の範囲の唯一の名前を定義している文字列となります。 NAME は、文書のこの部分に、文書中の名前つきセクションを目標にするURLsにおいて使用される名前をつけるのに使われます。
This should be a string defining unique name for the scope of the current HTML document. NAME is used to associate a name with this part of a document for use with URLs that target a named section of a document.
href
連鎖された資材のネットワーク番地として動作するURLを指定します。 これは他の HTML 文書か PDF ファイルか画像などを指定することができます。
Specifies a URL acting as a network address for the linked resource. This could be another HTML document, a PDF file or an image etc.
rel
『連鎖タイプ』とも呼ばれる正順の関係。 連鎖された資材の集まりを印刷するとき、これを使って連鎖された資材をどのように扱うか決めることができます。
The forward relationship also known as the "link type". It can be used to determine to how deal with the linked resource when printing out a collection of linked resources.
rev
これは逆順の関係を定義します。 REV=relation のある文書 B への文書 A からの連鎖が、 REL=relation のある A への B からの連鎖と同じ関係を表します。 REV=made はしばしば、文書の著者( mailto URLを伴う著者のemail アドレスか著者のホームページへの連鎖どちらとも可)を明示するために使用されます。
This defines a reverse relationship. A link from document A to document B with REV=relation expresses the same relationship as a link from B to A with REL=relation. REV=made is sometimes used to identify the document author, either the author's email address with a mailto URL, or a link to the author's home page.
title
連鎖された資材のための助言的な標題
An advisory title for the linked resource.

IMG - inline images

<!ENTITY % IAlign "(top|middle|bottom|left|right)">

<!ELEMENT IMG    - O EMPTY --  埋込み画像Embedded image -->
<!ATTLIST IMG
        src     %URL     #REQUIRED  -- 埋込む画像のURL URL of image to embed --
        alt     CDATA    #IMPLIED   -- 画像の代わりになる表示 for display in place of image --
        align   %IAlign  #IMPLIED   -- 縦または横の整列 vertical or horizontal alignment --
        height  %Pixels  #IMPLIED   -- 高さをピクセルで指示 suggested height in pixels --
        width   %Pixels  #IMPLIED   -- 幅をピクセルで指示 suggested width in pixels --
        border  %Pixels  #IMPLIED   -- 連鎖枠線を指示 suggested link border width --
        hspace  %Pixels  #IMPLIED   -- 横余白を指示 suggested horizontal gutter --
        vspace  %Pixels  #IMPLIED   -- 縦余白を指示 suggested vertical gutter --
        usemap  %URL     #IMPLIED   -- 訪問者側で動く移動用地図 use client-side image map --
        ismap   (ismap)  #IMPLIED   -- サーバ側で動く移動用地図 use server image map --
        >

画像を挿入します。 IMG は空の要素なので、終了タグは出てきません。 画像はその時の行に対して垂直に置かれるか、左か右に回り込ませることができます。 文章流し込みの管理のために CLEAR 属性を持つ BR を見てください。
Used to insert images. IMG is an empty element and so the end tag is forbidden. Images can be positioned vertically relative to the current textline or floated to the left or right. See BR with the CLEAR attribute for control over textflow.

e.g.  <IMG SRC="canyon.gif" ALT="Grand Canyon">

IMG要素には以下の属性があります
IMG elements support the following attributes:

src
この属性はすべてのIMG要素に必要です。これはGIFやJPEGやPNGの画像ファイルなど、画像資材のURLを指定します。
This attribute is required for every IMG element. It specifies a URL for the image resource, for instance a GIF, JPEG or PNG image file.
alt
これは文章による画像の説明を与えるために使用されます。音声読み上げ式または文章のみを表示するユーザエージェントでも意味がわかるようにするためには不可欠です。
This is used to provide a text description of the image and is vital for interoperability with speech-based and text only user agents.
align
これは画像がそのときの行に対してどのように配置されるかを指定します
This specifies how the image is positioned relative to the current textline in which it occurs:

align=top
現在の文章行の上端に画像の上端を合わせます。 実際の解釈は、ユーザエージェントによって異なります。 IMG 要素より前に文章行で生じたことを計算に入れるだけであって、その後に起こることを無視するものもあります。
positions the top of the image with the top of the current text line. User agents vary in how they interpret this. Some only take into account what has occurred on the text line prior to the IMG element and ignore what happens after it.
align=middle
画像の中央をそのときの行の下端に合わせます。
aligns the middle of the image with the baseline for the current textline.
align=bottom
画像の底部を行の底部に合わせます。指定を省略するとこの配置になります。
is the default and aligns the bottom of the image with the baseline.
align=left
そのときの行の左に画像を持っていき、一時的に文章の割り付けを変えて、続く文章を画像の右側の縁に沿って流し込みます。 表記の中で、現在の画像より先に現れる左寄せした文章或いは画像があるかどうかによって、表示は変わります。 一般的に言ってそのような文章(画像ではなく)があると、その前の行から続いている次の文章をもって新しい行へ改行され、左端に画像が強制配置されます。
floats the image to the current left margin, temporarily changing this margin, so that subsequent text is flowed along the image's righthand side. The rendering depends on whether there is any left aligned text or images that appear earlier than the current image in the markup. Such text (but not images) generally forces left aligned images to wrap to a new line, with the subsequent text continuing on the former line.
align=right
そのときの行の右に画像を持っていき、一時的に文章の割り付けを変えて、続く文章を画像の左側の縁に沿って流し込みます。 表記の中で、現在の画像より先に現れる右寄せした文章或いは画像があるかどうかによって、表示は変わります。 一般的に言ってそのような文章(画像ではなく)があると、その前の行から続いている次の文章をもって新しい行へ改行され、右端に画像が強制配置されます。
floats the image to the current right margin, temporarily changing this margin, so that subsequent text is flowed along the image's lefthand side. The rendering depends on whether there is any right aligned text or images that appear earlier than the current image in the markup. Such text (but not images) generally forces right aligned images to wrap to a new line, with the subsequent text continuing on the former line.

ブラウザの中には左や右に配置される画像に対して一時的な空白をつくるものがあることに注意してください。 結果として、異なるベンダから出されているブラウザ間で同じ動作を期待することはできません。 文章流し込みの制御のしかたはBRを見てください。
Note that some browsers introduce spurious spacing with multiple left or right aligned images. As a result authors can't depend on this being the same for browsers from different vendors. See BR for ways to control text flow.

width
予定された画像の幅をピクセル指定する。 これは高さと共に与えられるとき、画像データの到着に先立って、ユーザエージェントが画像のための表示空間を取っておけるようにします。
Specifies the intended width of the image in pixels. When given together with the height, this allows user agents to reserve screen space for the image before the image data has arrived over the network.
height
予定された画像の高さをピクセル指定する。 これは幅と共に与えられるとき、画像データの到着に先立って、ユーザエージェントが画像のための表示空間を取っておけるようにします。
Specifies the intended height of the image in pixels. When given together with the width, this allows user agents to reserve screen space for the image before the image data has arrived over the network.
border
IMG 要素が超連鎖の一部になっているとき、一般にユーザエージェントはこれを、画像のまわりに色がついた縁どり(典型的には青)を描いて表示します。 この属性を使用すると、この縁どりの幅をピクセル指定することができます。 縁どりを全く出さなくするには、 border=0 とします。 ユーザエージェントは、 例えばマウスポインタを変更するなど、画像が押ボタンになっていることの合図を出せるようにすることが勧められます。
When the IMG element appears as part of a hypertext link, the user agent will generally indicate this by drawing a colored border (typically blue) around the image. This attribute can be used to set the width of this border in pixels. Use border=0 to suppress the border altogether. User agents are recommended to provide additional cues that the image is clickable, e.g. by changing the mouse pointer.
hspace
これを使って、画像のすぐ左と右に空白を与えることができます。 HSPACE 属性で、この空白の幅をピクセル指定します。 指定を省略すると、 HSPACE は0でない小さな数となります。
This can be used to provide white space to the immediate left and right of the image. The HSPACE attribute sets the width of this white space in pixels. By default HSPACE is a small non-zero number.
vspace
これを使って、画像のすぐ上と下に空白を与えることができます。 VSPACE 属性で、この空白の高さをピクセル指定します。 指定を省略すると、 VSPACE は0でない小さな数となります。
This can be used to provide white space above and below the image The VSPACE attribute sets the height of this white space in pixels. By default VSPACE is a small non-zero number.
usemap
これを使って、 MAP要素をもって定義される訪問者側で動く移動用地図に、URL旗つき識別子を与えることができます。
This can be used to give a URL fragment identifier for a client-side image map defined with the MAP element.
ismap
IMG 要素が超連鎖の一部であるとき、利用者が画像をクリックすると、 ISMAP 属性はその番地がサーバに渡されるようにします。 この機構は、テキストのみを表示する、または音声読み上げ式ユーザエージェントでは問題を引き起こします。 これに代わるものとしてMAP 要素を使うことが常に可能です。
When the IMG element is part of a hypertext link, and the user clicks on the image, the ISMAP attribute causes the location to be passed to the server. This mechanism causes problems for text-only and speech-based user agents. Whenever its possible to do so use the MAP element instead.

ここにISMAP使用法の例があります
Here is an example of how you use ISMAP:

<a href="/cgibin/navbar.map"><img src=navbar.gif ismap border=0></a>

クリックされた位置は、次に述べるようにしてサーバに渡されます。 ユーザエージェントは、 HREF 属性によって指定された URL に"?"、その位置をピクセルで表したx座標、"," 、そしてy座標を付け加えることによって、新しい URL を得ます。

訳注
座標の原点がどこか書いてないですね。MAP要素の SHAPE 属性のところには、画像上の位置を左上端からピクセルで測る旨の記述があります。
これで連鎖は新しいURLにおいて成立します。 例えば、もし利用者がx=10、y=27の位置でクリックしたならば、得られた URL は "/cgibin/navbar.map?10,27"となります。 画像が押ボタンになっていることを、縁どりを出さなくしたり、わかりやすい表現形式にして伝えるのは、一般的によい考えです。
The location clicked is passed to the server as follows. The user agent derives a new URL from the URL specified by the HREF attribute by appending `?' the x coordinate `,' and the y coordinate of the location in pixels. The link is then followed using the new URL. For instance, if the user clicked at at the location x=10, y=27 then the derived URL will be: "/cgibin/navbar.map?10,27". It is generally a good idea to suppress the border and use graphical idioms to indicate that the image is clickable.

ピクセル値はスクリーンピクセルを参照するため、レーザープリンタのような非常に高い解像度の機器で描写するときには、適切な補正を掛けられるべきであることに注意してください。 例えば、ユーザエージェントではインチあたり75 ピクセルで表示され、レーザープリンタではインチあたり600ドットで描写されるならば、HTML属性で与えられたピクセル値に8の係数が掛けられるべきです。
Note that pixel values refer to screen pixels, and should be multiplied by an appropriate factor when rendering to very high resolution devices such as laser printers. For instance if a user agent has a display with 75 pixels per inch and is rendering to a laser printer with 600 dots per inch, then the pixel values given in HTML attributes should be multiplied by a factor of 8.

APPLET (Java Applets)

<!ELEMENT APPLET - - (PARAM | %text)*>
<!ATTLIST APPLET
        codebase %URL     #IMPLIED   -- code base --
        code     CDATA    #REQUIRED  -- class file --
        alt      CDATA    #IMPLIED   -- for display in place of applet --
        name     CDATA    #IMPLIED   -- applet name --
        width    %Pixels  #REQUIRED  -- suggested width in pixels --
        height   %Pixels  #REQUIRED  -- suggested height in pixels --
        align    %IAlign  #IMPLIED   -- vertical or horizontal alignment --
        hspace   %Pixels  #IMPLIED   -- suggested horizontal gutter --
        vspace   %Pixels  #IMPLIED   -- suggested vertical gutter --
        >

<!ELEMENT PARAM - O EMPTY>
<!ATTLIST PARAM
    name    NMTOKEN   #REQUIRED  -- The name of the parameter --
    value   CDATA     #IMPLIED   -- The value of the parameter --
    >

開始タグと終了タグが必要です。 この要素は、全ての Java 対応ブラウザによって扱われます。 これによって、 HTML 文書に Java アプレットを埋め込めるようになります。 APPLET はアプレットに変数を渡すために結び付いているPARAM要素を使います。 PARAM 要素の後にくる APPLET 要素の内容には、Java を扱わないユーザエージェントのため、アプレットの代わりになるものを用意しておくべきです。 これは DTD で %text 実体によって定義される平叙表記に限られます。 Java対応ブラウザは、この余分な HTML コードを無視します。 これは、動いているアプレットの概要を示すために、アプレットが行なうことを説明している文章とともに使うこともできます。 この領域の他の使い方としては、 Javaを知らないブラウザにとってより役立つページへの連鎖か Java対応ブラウザを持たないことで利用者をなじる文章を置くことが考えられます。
Requires start and end tags. This element is supported by all Java enabled browsers. It allows you to embed a Java applet into HTML documents. APPLET uses associated PARAM elements to pass parameters to the applet. Following the PARAM elements, the content of APPLET elements should be used to provide an alternative to the applet for user agents that don't support Java. It is restricted to text-level markup as defined by the %text entity in the DTD. Java-compatible browsers ignore this extra HTML code. You can use it to show a snapshot of the applet running, with text explaining what the applet does. Other possibilities for this area are a link to a page that is more useful for the Java-ignorant browser, or text that taunts the user for not having a Java-compatible browser.

ここに簡単なJavaアプレットの例があります
Here is a simple example of a Java applet:

    <applet code="Bubbles.class" width=500 height=500>
    Java applet that draws animated bubbles.
    </applet>

ここにPARAM要素を使う別の例があります
Here is another one using a PARAM element:

    <applet code="AudioItem" width=15 height=15>
    <param name=snd value="Hello.au|Welcome.au">
    Java applet that plays a welcoming sound.
    </applet>
codebase = codebaseURL
これは追加できる属性でアプレットの基盤URL──アプレットのコードが入っている階層もしくはフォルダ──を指定します。この属性が定められていない場合は、その文書のURLが使用されます。
This optional attribute specifies the base URL of the applet -- the directory or folder that contains the applet's code. If this attribute is not specified, then the document's URL is used.

code = appletFile
これは必要な属性で、アプレットのコンパイルされたApplet subclassが入っているファイルの名前を与えます。このファイルはアプレットの基盤URLについて相対的です。絶対的であることはできません。
This required attribute gives the name of the file that contains the applet's compiled Applet subclass. This file is relative to the base URL of the applet. It cannot be absolute.

alt = alternateText
これは追加できる属性で、ブラウザがAPPLETタグを理解するけれどもJavaアプレットが走らない場合に表示されるべき文章を指定します。
This optional attribute specifies any text that should be displayed if the browser understands the APPLET tag but can't run Java applets.

name = appletInstanceName
これは追加できる属性で、同じページにあるアプレットがお互いを見つけ、交信できるようにするアプレットインスタンスの名前を指定します。
This optional attribute specifies a name for the applet instance, which makes it possible for applets on the same page to find (and communicate with) each other.

width = pixels
height = pixels
これらは必要な属性で、アプレットが表示される領域の当初の幅と高さをピクセル指定します。アプレットが持ってくる窓や対話ボックスは計算にいれません。
These required attributes give the initial width and height (in pixels) of the applet display area, not counting any windows or dialogs that the applet brings up.

align = alignment
この属性でアプレットの配列を指定します。この属性はIMG要素にあるものと全く同様に定義されます。使える値はtop,middle,bottom,left,rightの5つです。指定を省略すると、bottomになります。
This attribute specifies the alignment of the applet. This attribute is defined in exactly the same way as the IMG element. The permitted values are: top, middle, bottom, left and right. The default is bottom.

vspace = pixels
hspace = pixels
これらは追加できる属性で、アプレットの上下(VSPACE)と両脇(HSPACE)の空き具合を指定します。IMG要素のVSPACE,HSPACE属性と同様に扱われます。
These optional attributes specify the number of pixels above and below the applet (VSPACE) and on each side of the applet (HSPACE). They're treated the same way as the IMG element's VSPACE and HSPACE attributes.

PARAM要素はアプレットに変数を渡すのに使われます
The PARAM element is used to pass named parameters to applet:

   <PARAM NAME = appletParameter VALUE = value>

PARAM要素はアプレット特性変数を指定する唯一の方法です。アプレットは getParameter()メソッドでの変数に対する利用者指定値を読みとります。
PARAM elements are the only way to specify applet-specific parameters. Applets read user-specified values for parameters with the getParameter() method.

name = applet parameter name
value = parameter value

&eacute;&#185;などといったSGML字実体は、変数がアプレットに渡される前に変換されます。&記号に使われる&amp;を含みます。
SGML character entities such as &eacute; and &#185; are expanded before the parameter value is passed to the applet. To include an & character use &amp;.

注意 Note: PARAM要素はAPPLET要素の内容の最初に置かれるべきです。これはSGML混合内容形態における専門的事項の為の DTDの一部としては指定されていません。
PARAM elements should be placed at the start of the content for the APPLET element. This is not specified as part of the DTD due to technicalities with SGML mixed content models.

字体
FONT

<!ELEMENT FONT - - (%text)*     -- local change to font -->
<!ATTLIST FONT
    size    CDATA   #IMPLIED    -- [+]nn e.g. size="+1", size=4 --
    color   CDATA   #IMPLIED    -- #RRGGBB in hex, e.g. red: color="#FF0000" --
    >

開始タグと終了タグが必要です。 これで取り囲まれた文章の活字の大きさまたは色、あるいはその両方を切り替えられるようになります。 属性は、 SIZE と COLOR の2つです。 活字の大きさは、ポイントサイズなどへの直接のマッピングを持たない利用者エージェントによって定義されるスカラー量の用語で与えられます。 FONT 要素は、来るべき HTML の改訂で徐々に廃止されるかもしれません。
Requires start and end tags. This allows you to change the font size and/or color for the enclosed text. The attributes are: SIZE and COLOR. Font sizes are given in terms of a scalar range defined by the user agent with no direct mapping to point sizes etc. The FONT element may be phased out in future revisions to HTML.

size
これはFONT要素の内容によって、活字の大きさを調整します。 活字の大きさを、1から7までの整数の値で絶対指定するか、size="+1"またはsize="-2"のように正負記号つき整数値で相対指定できます。 この正負記号つき整数値を、BASEFONT 要素によって設定されたそのときの基本的な活字の大きさの指定値に加えた大きさの活字になります。下記のとおり。
This sets the font size for the contents of the font element. You can set size to an integer ranging from 1 to 7 for an absolute font size, or specify a relative font size with a signed integer value, e.g. size="+1" or size="-2". This is mapped to an absolute font size by adding the current base font size as set by the BASEFONT element (see below).
color
文章に色をつけます。 色は、16進数表記による RGB として、あるいはBODY要素の BGCOLOR 属性について定められている16 の広く理解された色名前の1つとして与えられます。
Used to set the color to stroke the text. Colors are given as RGB in hexadecimal notation or as one of 16 widely understood color names defined as per the BGCOLOR attribute on the BODY element.

ユーザエージェントの中には、優先順にコンマで区切られた活字名の一覧を受け入れる FACE 属性を扱うものがあります。 これはインストール済みフォントから対応している名前のものを探してきます。 FACE は HTML 3.2 にはありません。

訳注
MicrosoftのHTMLエディタを使うと、自動的にFACEが挿入されてしまうことがあります。同時に文書型宣言も入れてくれますが、<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML/EN">ではHTML2.0相当となります。
Some user agents also support a FACE attribute which accepts a comma separated list of font names in order of preference. This is used to search for an installed font with the corresponding name. FACE is not part of HTML 3.2.

以下に活字の大きさを絶対指定した結果を示します
The following shows the effects of setting font to absolute sizes:

size=1 size=2 size=3 size=4 size=5 size=6 size=7

以下に基本的な活字の大きさを3とした上で相対指定した結果を示します
The following shows the effect of relative font sizes using a base font size of 3:

size=-4 size=-3 size=-2 size=-1 size=+1 size=+2 size=+3 size=+4

基本的な活字の大きさを6として同じ指定をした結果です
The same thing with a base font size of 6:

size=-4 size=-3 size=-2 size=-1 size=+1 size=+2 size=+3 size=+4

基本字体
BASEFONT

<!ELEMENT BASEFONT - O EMPTY    -- base font size (1 to 7) -->
<!ATTLIST BASEFONT
    size    CDATA   #IMPLIED    -- e.g. size=4, defaults to 3 --
    >

活字の基本的な大きさを設定します。BASEFONTは空要素なので、終了タグは出てきません。SIZE属性は1から7までの整数を値に取ります。活字の基本的な大きさの指定は、見出しを除く通常の文章および割り付け済み文章に適用されます。ただし、相対指定したFONT要素を使って活字の大きさを変更する場合には、見出しについても有効です。
Used to set the base font size. BASEFONT is an empty element so the end tag is forbidden. The SIZE attribute is an integer value ranging from 1 to 7. The base font size applies to the normal and preformatted text but not to headings, except where these are modified using the FONT element with a relative font size.

改行
BR

強制改行を入れます。これは空要素なので、終了タグは出てきません。CLEAR 属性を使って、回り込ませた画像の両脇に余白をとることができます。<BR CLEAR=LEFT>で直前の回り込み画像の左側に余白を設け、 <BR CLEAR=RIGHT>で回り込み画像の右側に余白を設け、そして<BR CLEAR=ALL>でそのような画像の左右両側に余白を設けます。
Used to force a line break. This is an empty element so the end tag is forbidden. The CLEAR attribute can be used to move down past floating images on either margin. <BR CLEAR=LEFT> moves down past floating images on the left margin, <BR CLEAR=RIGHT> does the same for floating images on the right margin, while <BR CLEAR=ALL> does the same for such images on both left and right margins.

訪問者側で動く移動用地図
MAP

MAP 要素は、訪問者側で動く移動用地図の仕組みを与えるものです。 これらは同一文書に置くことも、別の文書にしたものをまとめることもできるはずなのですが、これはまだ広く扱われてはいません。 MAP 要素は、開始タグと終了タグが必要です。 結び付いている映像の押ボタンとなる領域を指定し、これらの領域に URLs を結び付ける1つ以上の AREA 要素を含みます。
The MAP element provides a mechanism for client-side image maps. These can be placed in the same document or grouped in a separate document although this isn't yet widely supported. The MAP element requires start and end tags. It contains one or more AREA elements that specify hotzones on the associated image and bind these hotzones to URLs.

<!ENTITY % SHAPE "(rect|circle|poly)">
<!ENTITY % COORDS "CDATA" -- comma separated list of numbers -->

<!ELEMENT MAP - - (AREA)+>
<!ATTLIST MAP
    name    CDATA   #REQUIRED
    >

<!ELEMENT AREA - O EMPTY>
<!ATTLIST AREA
    shape   %SHAPE  rect
    coords  %COORDS #IMPLIED  -- defines coordinates for shape --
    href    %URL    #IMPLIED  -- this region acts as hypertext link --
    nohref (nohref) #IMPLIED  -- this region has no action --
    alt     CDATA   #REQUIRED -- needed for non-graphical user agents --
    >

ここに画像式誘導スイッチ列の簡単な例があります
Here is a simple example for a graphical navigational toolbar:

<img src="navbar.gif" border=0 usemap="#map1">

<map name="map1">
 <area href=guide.html alt="Access Guide" shape=rect coords="0,0,118,28">
 <area href=search.html alt="Search" shape=rect coords="184,0,276,28">
 <area href=shortcut.html alt="Go" shape=rect coords="118,0,184,28">
 <area href=top10.html alt="Top Ten" shape=rect coords="276,0,373,28">
</map>

MAP 要素には属性が1つあります。地図の名前をつける NAME です。 これは URL 旗つき識別子により地図を参照するために、 IMG 要素の USEMAP 属性によって使われます。 NAME 属性の値が大文字・小文字を区別することに注意してください。
The MAP element has one attribute NAME which is used to associate a name with a map. This is then used by the USEMAP attribute on the IMG element to reference the map via a URL fragment identifier. Note that the value of the NAME attribute is case sensitive.

AREA 要素は空要素なので、終了タグは出てきません。 SHAPE と COORDS と HREF と NOHREF と ALT の5つを属性に取ります。 SHAPE と COORDS 属性で画像の領域を定義します。 SHAPE 属性が省略されていると、 SHAPE= RECT が想定されます。
The AREA element is an empty element and so the end tag is forbidden. It takes the following attributes: SHAPE, COORDS, HREF, NOHREF and ALT. The SHAPE and COORDS attributes define a region on the image. If the SHAPE attribute is omitted, SHAPE="RECT" is assumed.

shape=rect coords="left-x, top-y, right-x, bottom-y"

shape=circle coords="center-x, center-y, radius"

shape=poly coords="x1,y1, x2,y2, x3,y3, ..."

画像上のxy座標は左上端から測ったピクセル数で表わされます。x値と y 値が(ピクセル数でなく)パーセント符号つきで与えられる場合は、その値は、画像の広さと高さに対する百分率と解釈されるべきです。例えば
Where x and y are measured in pixels from the left/top of the associated image. If x and y values are given with a percent sign as a suffix, the values should be interpreted as percentages of the image's width and height, respectively. For example:

   SHAPE=RECT COORDS="0, 0, 50%, 100%"

HREF 属性は、超連鎖の行先となる URL を与えます。 押ボタンとして働かない領域を定義したいときは、 NOHREF 属性を使用します。 これは、基本的に押ボタンとして働いている領域に、穴を開けたいときには便利です。
The HREF attribute gives a URL for the target of the hypertext link. The NOHREF attribute is used when you want to define a region that doesn't act as a hotzone. This is useful when you want to cut a hole in an underlying region acting as a hotzone.

2つ以上の領域が重なり合うような場合には、地図定義で最初に定義された領域が、次の領域より優先されます。 従って、NOHREFのついた AREA 要素は一般的に、 HREF 属性のあるものより前に置くべきだということになります。
If two or more regions overlap, the region defined first in the map definition takes precedence over subsequent regions. This means that AREA elements with NOHREF should generally be placed before ones with the HREF attribute.

ALT 属性は、押ボタンの上をマウスか他のポインティングデバイスが移動中にステータスラインに表示される、或いは画像を表示しないユーザエージェントのための品書きを構成する文章を用意します。 音声読み上げ式またはテキストのみを表示するユーザエージェントとの交信のため、意味のある ALT 属性を用意することが強く勧められます。
The ALT attribute is used to provide text labels which can be displayed in the status line as the mouse or other pointing device is moved over hotzones, or for constructing a textual menu for non-graphical user agents. Authors are strongly recommended to provide meaningful ALT attributes to support interoperability with speech-based or text-only user agents.


HTML3.2のSGML公開カタログ例
Sample SGML Open Catalog for HTML 3.2

これはファイルが HTML 3.2 DTD に準拠していることを確かめるために、 nsgmls のような SGML パーサーとともに使用することができます。 DTD がファイル『 HTML32.dtd 』として、ラテン1実体がファイル『 ISOlat1.ent 』として保存されていることを想定しています。
This can be used with an SGML parser like nsgmls to verify that files conform to the HTML 3.2 DTD. It assumes that the DTD has been saved as the file "HTML32.dtd" and that the Latin-1 entities are in the file "ISOlat1.ent".

-- html32.soc: HTML 3.2文書検証カタログcatalog for parsing HTML 3.2 documents --
SGMLDECL "HTML32.dcl"
PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN" HTML32.dtd
PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Draft//EN" HTML32.dtd
PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2//EN" HTML32.dtd
PUBLIC "ISO 8879-1986//ENTITIES Added Latin 1//EN//HTML" ISOlat1.ent

HTML3.2のSGML宣言
SGML Declaration for HTML 3.2

これは8ビット国際標準化機構ラテン1文字セットを使います。 文字数やタグ名のような特性の上限値は、HTML 2.0のものからはかなり増加していますが、ユーザエージェントは極端に長いものを押し付けられないようにすることが推薦されます。
This uses the 8 bit ISO Latin-1 character set. The size limits on properties like literals and tag names have been considerably increased from their HTML 2.0 values, but it is recommended that user agents avoid imposing arbitrary length limits.

<!SGML  "ISO 8879:1986"
   --
        超越書類表記法第3.2版のSGML宣言
        SGML Declaration for HyperText Markup Language version 3.2

        国際標準化機構ラテン1および増加した
        タグ名や文字数などの上限を含む
        With support for ISO Latin-1 and increased limits
        for tag and literal lengths etc.
   --

   CHARSET
         BASESET  "ISO 646:1983//CHARSET
                   International Reference Version
                   (IRV)//ESC 2/5 4/0"
         DESCSET  0   9   UNUSED
                  9   2   9
                  11  2   UNUSED
                  13  1   13
                  14  18  UNUSED
                  32  95  32
                  127 1   UNUSED
         BASESET  "ISO Registration Number 100//CHARSET
                   ECMA-94 Right Part of
                   Latin Alphabet Nr. 1//ESC 2/13 4/1"
         DESCSET  128  32   UNUSED
                  160  96    32

   CAPACITY   SGMLREF
              TOTALCAP        200000
              GRPCAP          150000
              ENTCAP          150000

   SCOPE    DOCUMENT
   SYNTAX
      SHUNCHAR CONTROLS 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
              17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 127
      BASESET  "ISO 646:1983//CHARSET
                International Reference Version
                (IRV)//ESC 2/5 4/0"
      DESCSET  0 128 0

      FUNCTION
              RE            13
              RS            10
              SPACE         32
              TAB SEPCHAR    9

      NAMING   LCNMSTRT ""
               UCNMSTRT ""
               LCNMCHAR ".-"
               UCNMCHAR ".-"
               NAMECASE GENERAL YES
                        ENTITY  NO
      DELIM    GENERAL  SGMLREF
               SHORTREF SGMLREF
      NAMES    SGMLREF
      QUANTITY SGMLREF
               ATTSPLEN 65536
               LITLEN   65536
               NAMELEN  65536
               PILEN    65536
               TAGLVL   100
               TAGLEN   65536
               GRPGTCNT 150
               GRPCNT   64

   FEATURES
     MINIMIZE
       DATATAG  NO
       OMITTAG  YES
       RANK     NO
       SHORTTAG YES
     LINK
       SIMPLE   NO
       IMPLICIT NO
       EXPLICIT NO
     OTHER
       CONCUR   NO
       SUBDOC   NO
       FORMAL   YES
   APPINFO      NONE
>

HTML 3.2文書型定義
HTML 3.2 Document Type Definition

訳注
利用上の便宜のために、コメント部分の訳文を添えました。しかしこの日本語の部分は、DTDが予定していないものなので、場合によってはエラーの原因となるかも知れません。ソフトウェアに実装するなどの利用に際しては、以下に掲げるものでなく、原文のHTML DTDを参照することをお勧めします。
<!--
        W3Cの超越文書表記法第3.2版文書型定義はW3C会員の投票により批准された。
        W3Cについてはhttp://www.w3.org/にて参照のこと
        W3C Document Type Definition for the HyperText Markup Language
        version 3.2 as ratified by a vote of W3C member companies.
        For more information on W3C look at  URL http://www.w3.org/

        Date: Tuesday January 14th 1997

        Author: Dave Raggett <dsr@w3.org>

        HTML 3.2は、 '96年早々に勧告された案件をHTML 2.0 (RFC 1866)に
        取って代わるようなものにすることを狙っている。
        広範に普及した表示属性で互換性が示されたものが含まれている。
        SCRIPTとSTYLEは、訪問者側で動くプログラムとスタイルシートの
        円滑な導入をはかって取り入れられた。ブラウザはその内容の表示を
        避けなくてはならず、さもなければそれらの要素を扱う必要はない。
        ID, CLASS,STYLE属性はHTMLのこの版には含まれない。
        HTML 3.2 aims to capture recommended practice as of early '96
        and as such to be used as a replacement for HTML 2.0 (RFC 1866).
        Widely deployed rendering attributes are included where they
        have been shown to be interoperable. SCRIPT and STYLE are
        included to smooth the introduction of client-side scripts
        and style sheets. Browsers must avoid showing the contents
        of these element Otherwise support for them is not required.
        ID, CLASS and STYLE attributes are not included in this version
        of HTML.
-->

<!ENTITY % HTML.Version
        "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN"

        -- 典型的な使用法 Typical usage:

            <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
            <html>
            ...
            </html>
        --
        >

<!--================== 使うべきでない機能のスイッチDeprecated Features Switch =========================-->

<!ENTITY % HTML.Deprecated "INCLUDE">

<!--================== 移入された名前Imported Names =====================================-->

<!ENTITY % Content-Type "CDATA"
        -- RFC1521によるMIME内容種別の意meaning a MIME content type, as per RFC1521
        -->

<!ENTITY % HTTP-Method "GET | POST"
        -- HTTP仕様書によるas per HTTP specification
        -->

<!ENTITY % URL "CDATA"
        -- URL用語でその値が定型資材位置表示であるCDATA属性
        RFC1808 (June 95) と RFC1738 (Dec 94)を見よ
        The term URL means a CDATA attribute
           whose value is a Uniform Resource Locator,
           See RFC1808 (June 95) and RFC1738 (Dec 94).
        -->

<!-- 変数実体Parameter Entities -->

<!ENTITY % head.misc "SCRIPT|STYLE|META|LINK" -- 繰り返せる頭要素repeatable head elements -->

<!ENTITY % heading "H1|H2|H3|H4|H5|H6">

<!ENTITY % list "UL | OL |  DIR | MENU">

<![ %HTML.Deprecated [
    <!ENTITY % preformatted "PRE | XMP | LISTING">
]]>

<!ENTITY % preformatted "PRE">

<!--================ 字記憶実体Character mnemonic entities ==========================-->

<!ENTITY % ISOlat1 PUBLIC
       "ISO 8879-1986//ENTITIES Added Latin 1//EN//HTML">
%ISOlat1;

<!--================ 特殊記号実体Entities for special symbols =========================-->
<!-- &trade と &cbspは広く普及していないのでここには含まれない&trade and &cbsp are not widely deployed and so not included here -->

<!ENTITY amp    CDATA "&#38;"   -- &記号ampersand          -->
<!ENTITY gt     CDATA "&#62;"   -- 大なりgreater than       -->
<!ENTITY lt     CDATA "&#60;"   -- 小なりless than          -->

<!--=================== 文章表記Text Markup =======================================-->

<!ENTITY % font "TT | I | B  | U | STRIKE | BIG | SMALL | SUB | SUP">

<!ENTITY % phrase "EM | STRONG | DFN | CODE | SAMP | KBD | VAR | CITE">

<!ENTITY % special "A | IMG | APPLET | FONT | BASEFONT | BR | SCRIPT | MAP">

<!ENTITY % form "INPUT | SELECT | TEXTAREA">

<!ENTITY % text "#PCDATA | %font | %phrase | %special | %form">

<!ELEMENT (%font|%phrase) - - (%text)*>

<!-- 結果として生じる色は実装に依存するが、広く知られている16 の色名前もある
there are also 16 widely known color names although
  the resulting colors are implementation dependent:

   aqua, black, blue, fuchsia, gray, green, lime, maroon,
   navy, olive, purple, red, silver, teal, white, and yellow

これらの色は元々、ウィンドウズVGAパレットで扱う標準16色として選ばれた
 These colors were originally picked as being the standard
 16 colors supported with the Windows VGA palette.
 -->

<!ELEMENT FONT - - (%text)*     -- 局所的な活字の変更local change to font -->
<!ATTLIST FONT
    size    CDATA   #IMPLIED    -- [+]nn e.g. size="+1", size=4 --
    color   CDATA   #IMPLIED    -- 16進数による#RRGGBB in hex, 例e.g. 赤red: color="#FF0000" --
    >

<!ELEMENT BASEFONT - O EMPTY    -- 基本的な活字の大きさbase font size (1 to 7)-->
<!ATTLIST BASEFONT
    size    CDATA   #IMPLIED    -- 例e.g. size=3 --
    >

<!ELEMENT BR    - O EMPTY    -- 強制改行forced line break -->
<!ATTLIST BR
        clear (left|all|right|none) none -- 文章流し込み制御control of text flow --
        >

<!--================== HTML content models ================================-->
<!--
    HTMLには3つの基本的な内容の型があるHTML has three basic content models:

        %text       文章要素と文字列character level elements and text strings
        %flow       まとめ要素、例えば段落や一覧などblock-like elements e.g. paragraphs and lists
        %bodytext   %flowにH1からH6までの見出しとADDRESSを加えたものas %flow plus headers H1-H6 and ADDRESS
-->

<!ENTITY % block
     "P | %list | %preformatted | DL | DIV | CENTER |
      BLOCKQUOTE | FORM | ISINDEX | HR | TABLE">

<!-- %flowはDDとLIに使われる%flow is used for DD and LI -->

<!ENTITY % flow "(%text | %block)*">

<!--=================== 本文Document Body =====================================-->

<!ENTITY % body.content "(%heading | %text | %block | ADDRESS)*">

<!ENTITY % color "CDATA" -- 色指定a color specification: #HHHHHH @@ details? -->

<!ENTITY % body-color-attrs "
        bgcolor %color #IMPLIED
        text %color #IMPLIED
        link %color #IMPLIED
        vlink %color #IMPLIED
        alink %color #IMPLIED
        ">

<!ELEMENT BODY O O  %body.content>
<!ATTLIST BODY
        background %URL #IMPLIED  -- 文書の背景にする壁紙texture tile for document background --
        %body-color-attrs;  -- bgcolor, text, link, vlink, alink --
        >

<!ENTITY % address.content "((%text;) | P)*">

<!ELEMENT ADDRESS - - %address.content>

<!ELEMENT DIV - - %body.content>
<!ATTLIST DIV
        align   (left|center|right) #IMPLIED -- 続く文章の整列alignment of following text --
        >

<!-- CENTERはALIGN=CENTERがつくDIVの省略形CENTER is a shorthand for DIV with ALIGN=CENTER -->
<!ELEMENT center - - %body.content>

<!--================== 錨要素The Anchor Element =================================-->

<!ELEMENT A - - (%text)* -(A)>
<!ATTLIST A
        name    CDATA   #IMPLIED    -- 連鎖の終端named link end --
        href    %URL    #IMPLIED    -- 連鎖した資材のURL URL for linked resource --
        rel     CDATA   #IMPLIED    -- 正順連鎖関係forward link types --
        rev     CDATA   #IMPLIED    -- 逆順連鎖関係reverse link types --
        title   CDATA   #IMPLIED    -- 助言的な標題advisory title string --
        >

<!--================== 訪問者側で動く移動用地図Client-side image maps ============================-->

<!-- これらは同一の文書に置くか、別の文書にまとめることができるが、
			これはまだ広く扱われてはいない
	These can be placed in the same document or grouped in a
     separate document although this isn't yet widely supported -->

<!ENTITY % SHAPE "(rect|circle|poly)">
<!ENTITY % COORDS "CDATA" -- コンマで区切られた数字の一覧comma separated list of numbers -->

<!ELEMENT MAP - - (AREA)*>
<!ATTLIST MAP
    name    CDATA   #IMPLIED
    >

<!ELEMENT AREA - O EMPTY>
<!ATTLIST AREA
    shape   %SHAPE  rect
    coords  %COORDS #IMPLIED  -- 形のための座標を定義defines coordinates for shape --
    href    %URL    #IMPLIED  -- この領域が超連鎖として動作this region acts as hypertext link --
    nohref (nohref) #IMPLIED  -- この領域は動作なしthis region has no action --
    alt     CDATA   #REQUIRED -- 画像の出ないユーザエージェントのために必要needed for non-graphical user agents --
    >

<!--================== 連鎖要素The LINK Element ==================================-->

<!ENTITY % Types "CDATA"
        -- See Internet Draft: draft-ietf-html-relrev-00.txt
           利用を始めているブラウザはまだ僅かしかないけれども
           LINK は早くから HTML に取り入れられていた
           LINK has been part of HTML since the early days
           although few browsers as yet take advantage of it.

           関連づけの値は主に次のように使われる
           Relationship values can be used in principle:

                a)文書の頭にあるLINK要素を使って文書の誘導スイッチや献立を指定する 
                 for document specific toolbars/menus when used
                   with the LINK element in the document head:
                b)別にしたスタイルシートを連結 
                 to link to a separate style sheet
                c)スクリプトへ連結 to make a link to a script
                d)スタイルシートによる、htmlノードの集積が印刷文書にどう表わされるかのコントロール
                 by stylesheets to control how collections of
                   html nodes are rendered into printed documents
                e) ポストスクリプト版やpdf版など印刷用にしたものへの連鎖をつくる
                   to make a link to a printable version of this document
                   e.g. a postscript or pdf version
-->

<!ELEMENT LINK - O EMPTY>
<!ATTLIST LINK
        href    %URL    #IMPLIED    -- 連結した素材のURL URL for linked resource --
        rel     %Types  #IMPLIED    -- 正順連鎖タイプ forward link types --
        rev     %Types  #IMPLIED    -- 逆順連鎖タイプ reverse link types --
        title   CDATA   #IMPLIED    -- 助言的表題文字列 advisory title string --
        >

<!--=================== 画像Images ============================================-->

<!ENTITY % Length "CDATA"   -- nnの形によるピクセル数かnn%の形による長さの割合
  nn for pixels or nn% for percentage length -->
<!ENTITY % Pixels "NUMBER"  -- ピクセルの形で長さを表わしている整数
integer representing length in pixels -->

<!-- 
     広さ等の指示は、画像サイズを描画に対応している構成部分と交渉するために使用される。
      align=left や align=right は画像を配置し、続く文章を映像のまわりへ流し込むように働く
     Suggested widths are used for negotiating image size
     with the module responsible for painting the image.
     align=left or right cause image to float to margin
     and for subsequent text to wrap around image -->

<!ENTITY % IAlign "(top|middle|bottom|left|right)">

<!ELEMENT IMG    - O EMPTY --  埋込み画像Embedded image -->
<!ATTLIST IMG
        src     %URL     #REQUIRED  -- 埋込む画像の場所URL of image to embed --
        alt     CDATA    #IMPLIED   -- 画像の代わりになる表示for display in place of image --
        align   %IAlign  #IMPLIED   -- 縦・横配列vertical or horizontal alignment --
        height  %Pixels  #IMPLIED   -- 高さをピクセル数で指示suggested height in pixels --
        width   %Pixels  #IMPLIED   -- 幅をピクセル数で指示suggested width in pixels --
        border  %Pixels  #IMPLIED   -- 連鎖枠線の指示suggested link border width --
        hspace  %Pixels  #IMPLIED   -- 提案された水平の溝suggested horizontal gutter --
        vspace  %Pixels  #IMPLIED   -- 提案された縦方向の溝suggested vertical gutter --
        usemap  %URL     #IMPLIED   -- クライアント-側映像マップ使用use client-side image map --
        ismap   (ismap)  #IMPLIED   -- サーバ映像マップ使用use server image map --
        >

<!--  USEMAP はその文書か外部の文書にあるかもしれない MAP 要素を示すが、
   後者は広く扱われてはいない
  USEMAP points to a MAP element which may be in this document
  or an external document, although the latter is not widely supported -->

<!--=================== Java APPLET tag ===================================-->
<!--
  このタグは、全ての Java 対応ブラウザによって扱われる。
アプレットリソース(そのクラスを含む)は通常、その文書のURL(あるいは定義されている
<BASE>要素)に対して相対的に読み込まれる。
CODEBASE 属性は、指定を省略した場合のこのふるまいを切り替えるために使用される。
もし CODEBASE 属性が定義されるならば、それはアプレットリソースを見つけるための
異なる場所を指定する。
値は、絶対 URL か相対URL にすることができる。
絶対 URL は修正なしでそのまま使用され、文書の lt;BASE>要素によって影響されない。
 codebase 属性が相対的であるならば、それは文書 URL(  または、もし定義されるならば 
 lt;BASE>)から相対的である。
This tag is supported by all Java enabled browsers. Applet resources
  (including their classes) are normally loaded relative to the document
  URL (or <BASE> element if it is defined). The CODEBASE attribute is used
  to change this default behavior. If the CODEBASE attribute is defined then
  it specifies a different location to find applet resources. The value
  can be an absolute URL or a relative URL. The absolute URL is used as is
  without modification and is not effected by the documents <BASE> element.
  When the codebase attribute is relative, then it is relative to the
  document URL (or <BASE> tag if defined).
-->
<!ELEMENT APPLET - - (PARAM | %text)*>
<!ATTLIST APPLET
        codebase %URL     #IMPLIED   -- code base --
        code     CDATA    #REQUIRED  -- class file --
        alt      CDATA    #IMPLIED   -- アプレットの代わりになる表示for display in place of applet --
        name     CDATA    #IMPLIED   -- アプレット名applet name --
        width    %Pixels  #REQUIRED  -- 幅をピクセル指示suggested width in pixels --
        height   %Pixels  #REQUIRED  -- 高さをピクセル指示suggested height in pixels --
        align    %IAlign  #IMPLIED   -- 垂直または水平整列vertical or horizontal alignment --
        hspace   %Pixels  #IMPLIED   -- 横溝を指示suggested horizontal gutter --
        vspace   %Pixels  #IMPLIED   -- 縦溝を指示suggested vertical gutter --
        >

<!ELEMENT PARAM - O EMPTY>
<!ATTLIST PARAM
        name    NMTOKEN   #REQUIRED  -- 変数の名The name of the parameter --
        value   CDATA     #IMPLIED   -- 変数の値The value of the parameter --
        >

<!--
Here is an example:

    <applet codebase="applets/NervousText"
        code=NervousText.class
        width=300
        height=50>
    <param name=text value="Java is Cool!">
    <img src=sorry.gif alt="This looks better with Java support">
    </applet>
-->

<!--=================== 横罫線 Horizontal Rule ===================================-->

<!ELEMENT HR    - O EMPTY>
<!ATTLIST HR
        align (left|right|center) #IMPLIED
        noshade (noshade) #IMPLIED
        size  %Pixels #IMPLIED
        width %Length #IMPLIED
        >
<!--=================== 段落 Paragraphs=========================================-->

<!ELEMENT P     - O (%text)*>
<!ATTLIST P
        align  (left|center|right) #IMPLIED
        >

<!--=================== 見出し Headings ==========================================-->

<!--
 見出しには H1 (重要度最高)からH6 (重要度最低)まで6つの段階がある
  There are six levels of headers from H1 (the most important)
  to H6 (the least important).
-->

<!ELEMENT ( %heading )  - -  (%text;)*>
<!ATTLIST ( %heading )
        align  (left|center|right) #IMPLIED
        >

<!--=================== 割り付け済み文章 Preformatted Text =================================-->

<!-- 画像と活字大きさの変更を除く excludes images and changes in font size -->

<!ENTITY % pre.exclusion "IMG|BIG|SMALL|SUB|SUP|FONT">

<!ELEMENT PRE - - (%text)* -(%pre.exclusion)>
<!ATTLIST PRE
        width NUMBER #implied -- これは広範に扱われている?is this widely supported? --
        >

<![ %HTML.Deprecated [

<!ENTITY % literal "CDATA"
        -- すべてにおいて表記記号が終了タグだけだった時代の
           旧く不一致な分析モード
           historical, non-conforming parsing mode where
           the only markup signal is the end tag
           in full
        -->

<!ELEMENT (XMP|LISTING) - -  %literal>
<!ELEMENT PLAINTEXT - O %literal>

]]>

<!--=================== まとめて引用 Block-like Quotes =================================-->

<!ELEMENT BLOCKQUOTE - - %body.content>

<!--=================== 一覧 Lists =============================================-->

<!--
    HTML 3.2では番号付き一覧の連番割り振りを変えられるようになった。
    番号をSTART属性とVALUE属性で設定することができる。
    TYPE属性を使って番号付きおよび番号なし一覧の表示を指定できる。
    HTML 3.2 allows you to control the sequence number for ordered lists.
    You can set the sequence number with the START and VALUE attributes.
    The TYPE attribute may be used to specify the rendering of ordered
    and unordered lists.
-->

<!-- 定義一覧では、DTが用語でDDがその定義を示す definition lists - DT for term, DD for its definition -->

<!ELEMENT DL    - -  (DT|DD)+>
<!ATTLIST DL
        compact (compact) #IMPLIED -- 短縮型 more compact style --
        >

<!ELEMENT DT - O  (%text)*>
<!ELEMENT DD - O  %flow;>

<!-- 番号付き一覧OL、番号なし一覧UL Ordered lists OL, and unordered lists UL -->
<!ELEMENT (OL|UL) - -  (LI)+>

<!--
       番号記法 Numbering style
    1   アラビア数字 arablic numbers     1, 2, 3, ...
    a   アルファベット小文字 lower alpha         a, b, c, ...
    A   アルファベット大文字 upper alpha         A, B, C, ...
    i   ローマ数小文字 lower roman         i, ii, iii, ...
    I   ローマ数大文字 upper roman         I, II, III, ...

    番号つき一覧における最初の項目の番号は設定を省略すると1にリセット
    される
    The style is applied to the sequence number which by default
    is reset to 1 for the first list item in an ordered list.

    This can't be expressed directly in SGML due to case folding.
-->

<!ENTITY % OLStyle "CDATA" -- constrained to: [1|a|A|i|I] -->

<!ATTLIST OL -- 番号付き一覧 ordered lists --
        type      %OLStyle   #IMPLIED   -- 番号のスタイル numbering style --
        start     NUMBER     #IMPLIED   -- 開始番号 starting sequence number --
        compact  (compact)   #IMPLIED   -- 短縮型 reduced interitem spacing --
        >

<!-- マークの形 bullet styles -->

<!ENTITY % ULStyle "disc|square|circle">

<!ATTLIST UL -- 番号なし一覧 unordered lists --
        type    (%ULStyle)   #IMPLIED   -- マークの形 bullet style --
        compact (compact)    #IMPLIED   -- 短縮型 reduced interitem spacing --
        >

<!ELEMENT (DIR|MENU) - -  (LI)+ -(%block)>
<!ATTLIST DIR
        compact (compact) #IMPLIED
        >
<!ATTLIST MENU
        compact (compact) #IMPLIED
        >

<!-- <DIR>              階層一覧 Directory list                  -->
<!-- <DIR COMPACT>      短縮型一覧 Compact list style              -->
<!-- <MENU>             献立 Menu list                       -->
<!-- <MENU COMPACT>     短縮型一覧 Compact list style              -->

<!-- 番号なし一覧の点の形と番号つき一覧の番号の形を
     type属性を使って変えることができる
     The type attribute can be used to change the bullet style
     in unordered lists and the numbering style in ordered lists -->

<!ENTITY % LIStyle "CDATA" -- constrained to: "(%ULStyle|%OLStyle)" -->

<!ELEMENT LI - O %flow -- 一覧の項目 list item -->
<!ATTLIST LI
        type    %LIStyle     #IMPLIED   -- 項目の形 list item style --
        value    NUMBER      #IMPLIED   -- 番号のリセット reset sequence number --
        >

<!--================ Forms ===============================================-->

<!ELEMENT FORM - - %body.content -(FORM)>
<!ATTLIST FORM
        action %URL #IMPLIED  -- サーバ側書式ハンドラ server-side form handler --
        method (%HTTP-Method) GET -- HTTP仕様書を見よ see HTTP specification --
        enctype %Content-Type; "application/x-www-form-urlencoded"
        >

<!ENTITY % InputType
        "(TEXT | PASSWORD | CHECKBOX | RADIO | SUBMIT
            | RESET | FILE | HIDDEN | IMAGE)">

<!ELEMENT INPUT - O EMPTY>
<!ATTLIST INPUT
        type %InputType TEXT     -- 入力値の種類 what kind of widget is needed --
        name  CDATA   #IMPLIED   -- 送信・取消を除き必須 required for all but submit and reset --
        value CDATA   #IMPLIED   -- ラジオボタン及びチェック升で必須 required for radio and checkboxes --
        checked (checked) #IMPLIED -- ラジオボタン及びチェック升で使用 for radio buttons and check boxes --
        size CDATA    #IMPLIED   -- 各種入力欄を指定 specific to each type of field --
        maxlength NUMBER #IMPLIED -- 書き込み欄の最大文字数 max chars allowed in text fields --
        src   %URL    #IMPLIED   -- 壁紙つき入力欄に使用 for fields with background images --
        align %IAlign #IMPLIED   -- 垂直・水平位置揃え vertical or horizontal alignment --
        >

<!ELEMENT SELECT - - (OPTION+)>
<!ATTLIST SELECT
        name CDATA #REQUIRED
        size NUMBER #IMPLIED
        multiple (multiple) #IMPLIED
        >

<!ELEMENT OPTION - O (#PCDATA)*>
<!ATTLIST OPTION
        selected (selected) #IMPLIED
        value  CDATA  #IMPLIED -- 指定を省略した場合は要素の内容 defaults to element content --
        >

<!-- 複数行の書き込み欄 Multi-line text input field. -->

<!ELEMENT TEXTAREA - - (#PCDATA)*>
<!ATTLIST TEXTAREA
        name CDATA #REQUIRED
        rows NUMBER #REQUIRED
        cols NUMBER #REQUIRED
        >

<!--======================= Tables ========================================-->

<!-- Widely deployed subset of the full table standard, see RFC 1942
     e.g. at http://www.ics.uci.edu/pub/ietf/html/rfc1942.txt -->

<!-- 表の画面に対する水平位置合わせ horizontal placement of table relative to window -->
<!ENTITY % Where "(left|center|right)">

<!-- セル内容の水平位置揃え属性horizontal alignment attributes for cell contents -->
<!ENTITY % cell.halign
        "align  (left|center|right) #IMPLIED"
        >

<!-- セル内容の垂直・水平位置揃え属性 vertical alignment attributes for cell contents -->
<!ENTITY % cell.valign
        "valign  (top|middle|bottom)  #IMPLIED"
        >

<!ELEMENT table - - (caption?, tr+)>
<!ELEMENT tr - O (th|td)*>
<!ELEMENT (th|td) - O %body.content>

<!ATTLIST table                       -- 表組要素 table element --
        align     %Where;   #IMPLIED  -- 表の画面に対する位置指定 table position relative to window --
        width     %Length   #IMPLIED  -- 表の画面に対する横幅指定 table width relative to window --
        border    %Pixels   #IMPLIED  -- 表の枠線 controls frame width around table --
        cellspacing %Pixels #IMPLIED  -- セルとセルの間隔 spacing between cells --
        cellpadding %Pixels #IMPLIED  -- セル内の間隔 spacing within cells --
        >

<!ELEMENT CAPTION - - (%text;)* -- 表の標題 table or figure caption -->
<!ATTLIST CAPTION
        align (top|bottom) #IMPLIED
        >

<!ATTLIST tr                       -- 表の列 table row --
        %cell.halign;              -- セル内部の水平位置揃え horizontal alignment in cells --
        %cell.valign;              -- セル内部の垂直位置揃え vertical alignment in cells --
        >

<!ATTLIST (th|td)                  -- 表の見出しあるいはデータセル header or data cell --
        nowrap (nowrap)  #IMPLIED  -- 自動折り返し禁止 suppress word wrap --
        rowspan NUMBER   1         -- 数字分の列またぎ number of rows spanned by cell --
        colspan NUMBER   1         -- 数字分の行またぎ number of cols spanned by cell --
        %cell.halign;              -- セル内部の水平位置揃え horizontal alignment in cell --
        %cell.valign;              -- セル内部の垂直位置揃え vertical alignment in cell --
        width   %Pixels  #IMPLIED  -- セル横幅希望値 suggested width for cell --
        height  %Pixels  #IMPLIED  -- セル高さ希望値 suggested height for cell --
        >

<!--================ 文書の頭 Document Head ========================================-->

<!-- %head.misc defined earlier on as "SCRIPT|STYLE|META|LINK" -->

<!ENTITY % head.content "TITLE & ISINDEX? & BASE?">

<!ELEMENT HEAD O O  (%head.content) +(%head.misc)>

<!ELEMENT TITLE - -  (#PCDATA)* -(%head.misc)
          -- TITLE要素は文章の一部とは考えられない
            これは例えばページヘッダや窓の標題などのように表示されるべきである
             The TITLE element is not considered part of the flow of text.
             It should be displayed, for example as the page header or
             window title.
          -->

<!ELEMENT ISINDEX - O EMPTY>
<!ATTLIST ISINDEX
        prompt CDATA #IMPLIED -- prompt message -->

<!--
    BASE要素は相対URLを変換して絶対URLを作り出す 例えば
    The BASE element gives an absolute URL for dereferencing relative
    URLs, e.g.

         <BASE href="http://foo.com/index.html">
         ...
         <IMG SRC="images/bar.gif">

    この画像の位置は次のようになる
    The image is deferenced to

         http://foo.com/images/bar.gif

   BASE要素を欠くときはその文書のURLが使われるべきである
   そのURLは文書を請求するのに使われたURLである必要はないことに注意
   というのは文書に伴っているHTTPヘッダが
   基盤URLを上書きすることがあるからである
   In the absence of a BASE element the document URL should be used.
   Note that this is not necessarily the same as the URL used to
   request the document, as the base URL may be overridden by an HTTP
   header accompanying the document.
-->

<!ELEMENT BASE - O EMPTY>
<!ATTLIST BASE
        href %URL  #REQUIRED
        >

<!ELEMENT META - O EMPTY -- 一般前置き情報 Generic Metainformation -->
<!ATTLIST META
        http-equiv  NAME    #IMPLIED  -- HTTP応答ヘッダ名 HTTP response header name  --
        name        NAME    #IMPLIED  -- 前置き情報名 metainformation name       --
        content     CDATA   #REQUIRED -- 関連情報 associated information     --
        >

<!-- SCRIPTとSTYLEは次期HTMLでの導入のために置き場所を確保しておくものである
SCRIPT/STYLE are place holders for transition to next version of HTML -->

<!ELEMENT STYLE  - - CDATA -- スタイル情報の置き場所 placeholder for style info -->
<!ELEMENT SCRIPT - - CDATA -- スクリプトの置き場所 placeholder for script statements -->

<!--================ 文書構造 Document Structure ===================================-->

<!ENTITY % version.attr "VERSION CDATA #FIXED '%HTML.Version;'">

<![ %HTML.Deprecated [
    <!ENTITY % html.content "HEAD, BODY, PLAINTEXT?">
]]>

<!ENTITY % html.content "HEAD, BODY">

<!ELEMENT HTML O O  (%html.content)>
<!ATTLIST HTML
        %version.attr;
        >

ラテン1文字実体
Character Entities for ISO Latin-1


<!-- (C) International Organization for Standardization 1986
     この注意が全てのコピーに含められるならば、
     準拠する SGML システムと国際標準化機構 8879 で定められた
     アプリケーションにおいて使用するためのあらゆる形式による
     複製の許可が認められる。
     これはHTMLでの使用において、160から255までの十進数で
     全てのコードをカバーするために拡張されている。
     Permission to copy in any form is granted for use with
     conforming SGML systems and applications as defined in
     ISO 8879, provided this notice is included in all copies.
     This has been extended for use with HTML to cover the full
     set of codes in the range 160-255 decimal.
-->
<!-- 文字実体セット。典型的な用法 Character entity set. Typical invocation:
     <!ENTITY % ISOlat1 PUBLIC
       "ISO 8879-1986//ENTITIES Added Latin 1//EN//HTML">
     %ISOlat1;
-->
    <!ENTITY nbsp   CDATA "&#160;" -- 空白no-break space -->
    <!ENTITY iexcl  CDATA "&#161;" -- 逆立ち感嘆符inverted exclamation mark -->
    <!ENTITY cent   CDATA "&#162;" -- セント記号cent sign -->
    <!ENTITY pound  CDATA "&#163;" -- 英貨ポンド記号pound sterling sign -->
    <!ENTITY curren CDATA "&#164;" -- 一般通貨記号general currency sign -->
    <!ENTITY yen    CDATA "&#165;" -- 円記号yen sign -->
    <!ENTITY brvbar CDATA "&#166;" -- 縦割れ線broken (vertical) bar -->
    <!ENTITY sect   CDATA "&#167;" -- 節記号section sign -->
    <!ENTITY uml    CDATA "&#168;" -- ウムラウトumlaut (dieresis) -->
    <!ENTITY copy   CDATA "&#169;" -- 著作権記号copyright sign -->
    <!ENTITY ordf   CDATA "&#170;" -- 順序の指示(女性形)ordinal indicator, feminine -->
    <!ENTITY laquo  CDATA "&#171;" -- 左角引用符angle quotation mark, left -->
    <!ENTITY not    CDATA "&#172;" -- 否定記号not sign -->
    <!ENTITY shy    CDATA "&#173;" -- ソフトハイフンsoft hyphen -->
    <!ENTITY reg    CDATA "&#174;" -- 登録商標registered sign -->
    <!ENTITY macr   CDATA "&#175;" -- macron -->
    <!ENTITY deg    CDATA "&#176;" -- (温)度記号degree sign -->
    <!ENTITY plusmn CDATA "&#177;" -- 加減符plus-or-minus sign -->
    <!ENTITY sup2   CDATA "&#178;" -- 上つき2superscript two -->
    <!ENTITY sup3   CDATA "&#179;" -- 上つき3superscript three -->
    <!ENTITY acute  CDATA "&#180;" -- 鋭アクセントacute accent -->
    <!ENTITY micro  CDATA "&#181;" -- ミクロン記号micro sign -->
    <!ENTITY para   CDATA "&#182;" -- 段落記号pilcrow (paragraph sign) -->
    <!ENTITY middot CDATA "&#183;" -- 中黒middle dot -->
    <!ENTITY cedil  CDATA "&#184;" -- セディーユcedilla -->
    <!ENTITY sup1   CDATA "&#185;" -- 上つき1superscript one -->
    <!ENTITY ordm   CDATA "&#186;" -- 順序の指示(男性形)ordinal indicator, masculine -->
    <!ENTITY raquo  CDATA "&#187;" -- 右角引用符angle quotation mark, right -->
    <!ENTITY frac14 CDATA "&#188;" -- 1/4fraction one-quarter -->
    <!ENTITY frac12 CDATA "&#189;" -- 1/2fraction one-half -->
    <!ENTITY frac34 CDATA "&#190;" -- 3/4fraction three-quarters -->
    <!ENTITY iquest CDATA "&#191;" -- 逆立ち疑問符inverted question mark -->
    <!ENTITY Agrave CDATA "&#192;" -- 大文字 A (重アクセント記号付)capital A, grave accent -->
    <!ENTITY Aacute CDATA "&#193;" -- 大文字 A (鋭アクセント付)capital A, acute accent -->
    <!ENTITY Acirc  CDATA "&#194;" -- 大文字 A (曲折アクセント記号付)capital A, circumflex accent -->
    <!ENTITY Atilde CDATA "&#195;" -- 大文字 A (ティルデ付)capital A, tilde -->
    <!ENTITY Auml   CDATA "&#196;" -- 大文字 A (ウムラウト付)capital A, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY Aring  CDATA "&#197;" -- 大文字 A (輪付)capital A, ring -->
    <!ENTITY AElig  CDATA "&#198;" -- 大文字 AE 二重母音(合字)capital AE diphthong (ligature) -->
    <!ENTITY Ccedil CDATA "&#199;" -- 大文字C(セディーユ付)capital C, cedilla -->
    <!ENTITY Egrave CDATA "&#200;" -- 大文字 E (重アクセント記号付)capital E, grave accent -->
    <!ENTITY Eacute CDATA "&#201;" -- 大文字 E (鋭アクセント記号付)capital E, acute accent -->
    <!ENTITY Ecirc  CDATA "&#202;" -- 大文字 E (曲折アクセント付)capital E, circumflex accent -->
    <!ENTITY Euml   CDATA "&#203;" -- 大文字 E(ウムラウト付)capital E, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY Igrave CDATA "&#204;" -- 大文字I(重アクセント記号付)capital I, grave accent -->
    <!ENTITY Iacute CDATA "&#205;" -- 大文字I(鋭アクセント記号付)capital I, acute accent -->
    <!ENTITY Icirc  CDATA "&#206;" -- 大文字I(曲折アクセント付)capital I, circumflex accent -->
    <!ENTITY Iuml   CDATA "&#207;" -- 大文字I(ウムラウト付)capital I, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY ETH    CDATA "&#208;" -- アイスランドの大文字 Eth capital Eth, Icelandic -->
    <!ENTITY Ntilde CDATA "&#209;" -- 大文字 N (ティルデ付)
capital N, tilde -->
    <!ENTITY Ograve CDATA "&#210;" -- 大文字 O (重アクセント記号付)capital O, grave accent -->
    <!ENTITY Oacute CDATA "&#211;" -- 大文字 O (鋭アクセント記号付)capital O, acute accent -->
    <!ENTITY Ocirc  CDATA "&#212;" -- 大文字 O (曲折アクセント記号付)capital O, circumflex accent -->
    <!ENTITY Otilde CDATA "&#213;" -- 大文字 O (ティルデ付)capital O, tilde -->
    <!ENTITY Ouml   CDATA "&#214;" -- 大文字 O (ウムラウト付)capital O, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY times  CDATA "&#215;" -- 乗算記号multiply sign -->
    <!ENTITY Oslash CDATA "&#216;" -- 大文字 O (スラッシュ付)capital O, slash -->
    <!ENTITY Ugrave CDATA "&#217;" -- 大文字 U (重アクセント記号付)capital U, grave accent -->
    <!ENTITY Uacute CDATA "&#218;" -- 大文字 U (鋭アクセント記号付)capital U, acute accent -->
    <!ENTITY Ucirc  CDATA "&#219;" -- 大文字 U (曲折アクセント記号付)capital U, circumflex accent -->
    <!ENTITY Uuml   CDATA "&#220;" -- 大文字 U (ウムラウト付)capital U, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY Yacute CDATA "&#221;" -- 大文字 Y (鋭アクセント付)capital Y, acute accent -->
    <!ENTITY THORN  CDATA "&#222;" -- アイスランドの大文字 THORN capital THORN, Icelandic -->
    <!ENTITY szlig  CDATA "&#223;" -- ドイツ語の小文字鋭 s ( sz 合字)small sharp s, German (sz ligature) -->
    <!ENTITY agrave CDATA "&#224;" -- 小文字a(重アクセント記号付)small a, grave accent -->
    <!ENTITY aacute CDATA "&#225;" -- 小文字a(鋭アクセント記号付)small a, acute accent -->
    <!ENTITY acirc  CDATA "&#226;" -- 小文字a(曲折アクセント記号付)small a, circumflex accent -->
    <!ENTITY atilde CDATA "&#227;" -- 小文字a(ティルデ付)small a, tilde -->
    <!ENTITY auml   CDATA "&#228;" -- 小文字a(ウムラウト付)small a, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY aring  CDATA "&#229;" -- 小文字a(輪付)small a, ring -->
    <!ENTITY aelig  CDATA "&#230;" -- 小文字 ae 二重母音(合字)small ae diphthong (ligature) -->
    <!ENTITY ccedil CDATA "&#231;" -- 小文字 c(セディーユ付)small c, cedilla -->
    <!ENTITY egrave CDATA "&#232;" -- 小文字の e (重アクセント記号付)small e, grave accent -->
    <!ENTITY eacute CDATA "&#233;" -- 小文字の e (鋭アクセント記号付)small e, acute accent -->
    <!ENTITY ecirc  CDATA "&#234;" -- 小文字の e (曲折アクセント記号付)small e, circumflex accent -->
    <!ENTITY euml   CDATA "&#235;" -- 小文字の e (ウムラウト付)small e, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY igrave CDATA "&#236;" -- 小文字の i (重アクセント記号付)small i, grave accent -->
    <!ENTITY iacute CDATA "&#237;" -- 小文字の i (鋭アクセント記号付)small i, acute accent -->
    <!ENTITY icirc  CDATA "&#238;" -- 小文字の i (曲折アクセント記号付)small i, circumflex accent -->
    <!ENTITY iuml   CDATA "&#239;" -- 小文字の i (ウムラウト付)small i, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY eth    CDATA "&#240;" -- アイスランドの小文字 eth small eth, Icelandic -->
    <!ENTITY ntilde CDATA "&#241;" -- 小文字 n(ティルデ付)small n, tilde -->
    <!ENTITY ograve CDATA "&#242;" -- 小文字 o(重アクセント記号付)small o, grave accent -->
    <!ENTITY oacute CDATA "&#243;" -- 小文字 o(鋭アクセント記号付)small o, acute accent -->
    <!ENTITY ocirc  CDATA "&#244;" -- 小文字 o(曲折アクセント記号付)small o, circumflex accent -->
    <!ENTITY otilde CDATA "&#245;" -- 小文字 o(ティルデ付)small o, tilde -->
    <!ENTITY ouml   CDATA "&#246;" -- 小文字 o(ウムラウト付)small o, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY divide CDATA "&#247;" -- 除算記号divide sign -->
    <!ENTITY oslash CDATA "&#248;" -- 小文字 o(斜線付)small o, slash -->
    <!ENTITY ugrave CDATA "&#249;" -- 小文字 u (重アクセント記号付)small u, grave accent -->
    <!ENTITY uacute CDATA "&#250;" -- 小文字 u (鋭アクセント記号付)small u, acute accent -->
    <!ENTITY ucirc  CDATA "&#251;" -- 小文字 u (曲折アクセント記号付)small u, circumflex accent -->
    <!ENTITY uuml   CDATA "&#252;" -- 小文字 u (ウムラウト付)small u, dieresis or umlaut mark -->
    <!ENTITY yacute CDATA "&#253;" -- 小文字 y (鋭アクセント記号付)small y, acute accent -->
    <!ENTITY thorn  CDATA "&#254;" -- アイスランドの小文字 thorn small thorn, Icelandic -->
    <!ENTITY yuml   CDATA "&#255;" -- 小文字 y (ウムラウト付)small y, dieresis or umlaut mark -->

ラテン1文字コード表 Table of printable Latin-1 Character codes


謝辞
Acknowledgements

W3C HTML Editorial Review Board のメンバー、 W3C スタッフのメンバー、この仕様書に貢献した他の多くの人々にお礼申し上げます。
The author would like to thank the members of the W3C HTML Editorial Review Board, members of the W3C staff, and the many other people who have contributed to this specification.


参考文献
Further Reading

The World Wide Web Consortium
HTML , HTTP 等の現状に関わるW3C の活動と指針についての詳細は、http://www.w3.org/にあります。 特にHTML に関する詳細については、http://www.w3.org/pub/WWW/MarkUp/にあります。
Further information on W3C activities and pointers to the status of work on HTML and HTTP etc. can be found at http://www.w3.org/. Further information on HTML in particular can be found at http://www.w3.org/pub/WWW/MarkUp/.
HTML 2.0 (RFC1866)
By Tim Berners-Lee and Dan Connolly, November 1995.
超越書類表記法仕様書第2.0版の定義。 ftp://ds.internic.net/rfc/rfc1866.txtから入手できます。
Defines the Hypertext Markup Language Specification Version 2.0. Available from ftp://ds.internic.net/rfc/rfc1866.txt.
訳注
このRFCの翻訳を用意しています。ご利用ください。
Form-based File Upload in HTML (RFC1867)
By E. Nebel and L. Masinter, November 1995.
HTML 書式からのファイルアップロードを取り扱うための HTML 2.0 (RFC1866) 拡張についての説明。 ftp://ds.internic.net/rfc/rfc1867.txtから入手できます。
Describes extensions to HTML 2.0 (RFC1866) to support file upload from HTML forms. Available from ftp://ds.internic.net/rfc/rfc1867.txt.
訳注
このRFCも魔術幻燈において翻訳しました。ご利用ください。
HTML Tables (RFC1942)
By Dave Raggett, May 1996.
これはHTMLの表組の形式を定義するもので、HTML 3.2で定義された表組形式の上位セットになっています。 ftp://ds.internic.net/rfc/rfc1942.txtか、W3Cの暫定案としてhttp://www.w3.org/pub/WWW/TR/WD-tablesで入手できます。
This defines the HTML table model. It is a superset of the table model defined by HTML 3.2. Available from ftp://ds.internic.net/rfc/rfc1942.txt, or as a W3C working draft at http://www.w3.org/pub/WWW/TR/WD-tables.
A Lexical Analyzer for HTML and Basic SGML
By Dan Connolly, June 1996.
HTML 文書を分析する際の語彙の検討についての説明。http://www.w3.org/pub/WWW/TR/WD-html-lexで入手できます。
Describes lexical considerations for parsing HTML documents. Available from http://www.w3.org/pub/WWW/TR/WD-html-lex
The Hypertext Transfer Protocol (HTTP)
超越書類転送作法(HTTP)の詳細はhttp://www.w3.org/pub/WWW/Protocolsにあります。
Further information of HTTP can be found at: http://www.w3.org/pub/WWW/Protocols.
A Standard Default Color Space for the Internet - sRGB
By Michael Stokes, Mathew Anderson, Srinivasan Chandrasekar and Ricardo Motta, November 1996.
http://www.w3.org/pub/WWW/Graphics/Color/sRGB.htmlから入手できます。 これは、異なるプラットホームやメディアにおいて画面の明るさがさまざまに変化していても、sRGB イメージが正確に再現できるような RGB の正確な定義を与えるものです。
Available from: http://www.w3.org/pub/WWW/Graphics/Color/sRGB.html This provides a precise definition for RGB that allows sRGB images to be reproduced accurately on different platforms and media under varying ambient lighting conditions.