Ver2より配信登録/停止専用Webサーバー機能を搭載!
ホームページ上から名前とメールアドレスを登録するだけで自動的に配信登録ができます。
また、配信したメールのURLをクリックするだけで自動的に配信が停止できます。

2002'メール配信の友 (温もりをメールに)
Ver3.14.8.10 (2014/08/10)
Copyright©2001-2014
中村 州男


ダウンロードは
個人ダウンロードサイト(Ver3.14.8.10)1191233Bytes
または
Vectorダウンロードサイト(Ver3.14.8.10は申請中につき2014.8.22以降公開予定)
からどうぞ。



目     次

  1. 趣    旨
  2. インストールとアンインストール
  3. 起動と設定画面表示と終了
  4. 設定画面の操作方法1.プロテクトパスワードの設定
  5. 設定画面の操作方法2.送信者リストの設定
  6. 設定画面の操作方法3.送信者対象選択の設定
  7. 設定画面の操作方法4.差込項目設定
  8. 設定画面の操作方法5.メール送信設定
  9. 設定画面の操作方法6.配信停止専用Webサーバー設定
  10. ユーザー登録その他
  11. 更新履歴
趣    旨

効率よく、かつ、温かいメール配信を

 ネット販売に限らず、ダイレクトメールは人によっては迷惑メールになります。このため、知り得た顧客全員にメールを送ることは問題があります。当然、送ってもいいという確認が必要なのです。

 けれども、逆にそのようなメールを送って欲しいと思っている人の多くは、発信者である皆さんからのメールを楽しみにしているファンなのではないでしょうか。このような方々に対して、温か味のあるメールを送信することは大切なことなのです。

2002'メール配信の友って何?

 このソフトは、ExcelシートまたはCSVファイルの顧客リストからメールを送信した い対象者を絞り込み、高度な?差し込みメールをあたかも個別にメール送信したかの ように効率よく作成するためのソフトです。

■Excelシートは97〜2003形式まで対応
 画面で変更した情報はExcelシートにも更新できます。また、複数のExcelシートや CSVファイルを切り替えて使うこともできます。

■目的別にフォルダごとに分けられる
 別のフォルダにMailSend.exeをコピーして立ち上げると、そのフォルダごとの独立 した目的別の顧客リスト、タイトル・本文を使えます。

■絞込み機能
 5つの対象項目に比較条件を記述し、その条件のAND・ORで対象を絞り込みま す。また、一旦、絞り込んだ対象からさらに絞り込んだり、対象を追加することもで きます。

■高度な?差し込み機能
 単に名前などを埋め込むのではなく、その項目の条件に合致したときに、指定した 別のメッセージを埋め込むことができます。

■タイトル・本文の読み込み・保存機能
 送信したタイトルをファイル名にし、本文を保存します。過去に配信した内容を 読み出して、新しい内容の本文を効率よく作成できます。

■html形式の本文配信機能
 ホームページ作成ツールで作ったhtmlファイルを読み込んで、みるメールのような メールを送れます。高度な?差し込み機能も使えます。

■Ver2でさらにパワフルに
 以下の機能を追加しました。詳細は各項目をご覧ください。

 □専用Webによる自動配信登録機能追加(Ver2.1.0以降)。
 □専用Webによる自動配信停止機能追加。
 □送信者リストにソート機能追加。
 □送信者リスト、メール内容欄の拡大表示機能追加。
 □メール送信ログ、配信停止専用Webサーバーアクセスログ表示機能追加。
 □送信対象選択、送信内容置換ファイル読込、書込機能追加。
 □差し込み設定に数値編集機能追加。
 □メールTo氏名表示対応。
 □ReplyTo対応。
 □顧客リストの制限解除(Ver1では1999件)。
 □添付ファイル対応(Ver2.0.1以降)。

シェアウエアです 

 私、現在、ご支援ネットの代表をしています。人にやさしいIT社会を作るために、皆様のお役に立てれば幸いです。みなさんの快適なメール生活にお役に立てましたらシェアウエア代4,000円(Vectorシェアレジ決済は手数料・税込で4,305円)を今後のご支援ネット活動へのご協力としてお支払いいただければ幸いです。

※なお、インストールプロテクト方式以外にUSB等のプロテクター方式もあります。この場合は、製品名「メール配信の友・プロテクタ方式」として郵便振替でお申込みください。価格は14700円(払込料別)です。なお、すでに「メール配信の友」をお買い求めになっている方は、12600円(払込料別)と致します。郵便局からの入金通知書が届いてから商品を発注しますので、2〜3週間ほど時間を要します。

制限事項
 商用利用も可ですが、あまりに大量のメールはインターネットの環境破壊につながりますので、ご利用者への配慮をお願いいたします。なお、Ver2より顧客リストの制限はなくなりました(システム性能に依存、Ver1では1999件に制限)。項目数は最大39項目です。

インストールとアンインストール

インストール

 ダウンロードした2002MAILSENDnoTOMO.exeを実行することで自動的にインストールされます。

アンインストール

 スタート→設定→コントロールパネルのアプリケーションの追加と削除で普通のアプリレーションの削除と同様に削除することが出来ます。

起動と設定画面表示と終了

起動

 デスクトップのアイコンをクリックして起動します。
終了

 終了ボタンをクリックすると終了することができます。

設定画面の操作方法1.プロテクトパスワード設定

プロテクトID

 Vectorシェアレジ決済をご利用の際には、このプロテクトIDをクリックしクリップボードにコピーされたID番号を送金内容欄に貼り付けてください。郵便振替をご利用の際には、お間違えのないように通信欄にご記入ください。

パスワード

 メールにてご連絡差し上げるパスワードを入力すれば、正常に動作します。

試用制限について

 試用中は試用中はリスト上位3件までの配信に制限されています。

設定画面の操作方法2.送信者リストの設定

2−1.送信者リスト保存先設定
参照ボタン
 参照ボタンを押して、送信者リストの入っているCSV形式ファイルを指定します。最初は、自動的に、インストールフォルダのOKLIST.CSVが指定されています。

2−2.送信者リスト

「拡大」文字
 この文字をクリックすると、送信者リストの表示スペースが拡大します。この拡大表示時、「縮小」文字を押すともとに戻ります。

「メールアドレスOK?」ボタン
 このボタンを押すと、リスト下にある「メールアドレス欄の選択」ボックスで指定された欄に正しいメールアドレス書式で記述されているか全件チェックを行います。なお、メールアドレス欄の入力中にもチェックが行われます。結果は、赤い字でリスト上に表示されます。

列ソート機能について
 見出し行をクリックすることで、その列の昇順・降順に並べ変えることができます。ただし、読み込み順には戻りませんので、あらかじめ顧客No.や行No.欄を作っておいてください。なお、数値として並べ替えする場合には、見出し名の先頭に半角*を付けてください。

対象欄について
 何か文字を入力すると、送信対象になります。また、3.送信者対象選択の設定に条件をセットし実行ボタンを押した場合には、自動的に○が入ります。送信ボタンを押す前に、個別にマークを消したり、追加することも可能です。また、一度、送信が完了すると入力された文字はクリアされます。

その他の欄
 氏名欄とメールアドレス欄以外の欄は、自由に設定することができます。

項目名の変更等
 指定されたCSVファイルまたはExcelファイルを直接呼び出して、項目名や内容を変更することができます。ただし、1番目の氏名と2番目のメールアドレスの順番はできるだけ崩さないでください。形式はカンマ区切りのCSV形式ファイルで、1行目に必ず見出し行を入れてください。最大項目数は39、最大件数の上限はありませんが、性能はシステムの環境によります。

メール宛名欄の選択
 準備したCSVファイルまたはExcelファイルの見出し行にしたがって、項目を選択することが出来ます。

メールアドレス欄の選択
 準備したCSVファイルまたはExcelファイルの見出し行にしたがって、項目を選択することが出来ます。

設定画面の操作方法3.送信者対象選択の設定

「読込」「書込」文字
 送信者対象選択でいつも利用する設定の場合には「書込」文字を押すことで任意のファイル名(漢字も含む)をつけて設定を保存することができます。また、「読込み」文字を押すことで保存された設定を読み込むことができます。なお、このソフトを終了するときに「登録して終了」ボタンで終了したときには、Default.txtとして自動的に保存され、次回起動時には、この内容が表示されます。

ボタン
 「実行」は選択条件にしたがって、2.送信者リストの「対象」欄に○をつけます。

 「全員」は、2.送信者リストの全部の「対象」欄に○をつけます。

 「全員クリア」は2.送信者リストの全部の「対象」欄をクリアします。

 「条件クリア」は選択条件1〜5をクリアします。

AND,OR欄
 1行目は、通常空白のままで使用します。「空白」は「実行」ボタンを押したときに、2.送信者リストの全部の「対象」欄をクリアしてから処理しますが、「追加」「絞込み」を指定するとクリアされません。

 それ以外の行を指定する場合には、必ず、「かつ」「または」を指定してください。

項目名欄・位置・数
 2.送信者リストの項目が選択できます。位置・数は、その項目の部分(何桁目から何文字)を対象にしたいときだけに指定します。

条件欄(末尾の半角空白は無視します)
 「完全一致」は、項目名・位置・数にある文字列と比較内容の文字列が完全に一致したならば○を付けます。

 「不一致」は、「完全一致」しなかったならば○を付けます。

 「前方一致」は、項目名・位置・数にある文字列の先頭から、比較内容の文字列と一致したならば○を付けます。

 「前方不一致」は、「前方一致」しなかったならば○を付けます。

 「部分一致」は、項目名・位置・数にある文字列のどこかに、比較内容の文字列と一致するものがあれば○を付けます。

 「部分不一致」は、「部分一致」しなかったならば○を付けます。

 「後方一致」は、項目名・位置・数にある文字列の末尾から、比較内容の文字列と一致したならば○を付けます。

 「後方不一致」は、「後方一致」しなかったならば○を付けます。

 「未満」は、項目名・位置・数にある文字列を数値に変換して、比較内容の数値未満ならば○を付けます。指定した項目名・位置・数の文字列に数字以外があれば実行されません。

 「以下」は、項目名・位置・数にある文字列を数値に変換して、比較内容の数値以下ならば○を付けます。指定した項目名・位置・数の文字列に数字以外があれば実行されません。

 「以上」は、項目名・位置・数にある文字列を数値に変換して、比較内容の数値以上ならば○を付けます。指定した項目名・位置・数の文字列に数字以外があれば実行されません。

 「超」は、項目名・位置・数にある文字列を数値に変換して、比較内容の数値超ならば○を付けます。指定した項目名・位置・数の文字列に数字以外があれば実行されません。

 「文字比較大」は、項目名・位置・数にある文字列と比較内容の文字列を単純にコード比較して、比較内容より大きいならば○を付けます。

 「文字比較小」は、項目名・位置・数にある文字列と比較内容の文字列を単純にコード比較して、比較内容より小さいならば○を付けます。

設定画面の操作方法4.差込項目設定

「読込」「書込」文字
 差込項目設定でいつも利用する設定の場合には「書込」文字を押すことで任意のファイル名(漢字も含む)をつけて設定を保存することができます。また、「読込み」文字を押すことで保存された設定を読み込むことができます。なお、このソフトを終了するときに「登録して終了」ボタンで終了したときには、Default.txtとして自動的に保存され、次回起動時には、この内容が表示されます。

項目名・位置・数、条件、比較内容欄
 3.送信者対象選択の設定と下記を除いて同じです。

 「数値編集」は、数値項目(見出しが半角*で始まる項目)について、比較内容欄で指定した編集文字によって編集することができます。

    たとえば、1000というデータの場合、

     「#,」と指定すれば、1,000

     「"\"#,"-"」と指定すれば、\1,000-

     「"△"#,;"無配当";"▼"」と指定すれば、△1,000で、0のとき「無配当」、マイナスのとき▼xxx,xxxと編集されます。

置換文字
 通常は、5.メール送信設定の「メール内容」に指定した置換文字列(%氏名%のような文字列)は、2.送信者リストにある項目内容に置換されます。つまり、通常の差込印刷のような機能です。けれども、この条件に合致した場合には、ここに記述した内容に置換されます。

 画面コピーにある例ですと、誕生月の項目の5桁目から2文字が01、つまり1月生まれの人には、「おめでとう・・・・」の置換文字の内容がメール本文の「%誕生月%」に置換されます。この例では、他に置換指示がありませんので、これ以外の誕生月の方には、ヌル(0文字の空白)に置き換わります。

 なお、「改行」(全角「」付)で指定すると、メール本文中の置換で途中で改行することもできます。

設定画面の操作方法5.メール送信設定


「メール送信」ボタン

 このボタンを押すことで、2.送信者リストの「対象」欄に何らかの文字(○など)が入っている方に文字列置換をしながら、メールを送信します。その際、一旦、総件数を表示した確認画面が現われます。送信完了時にも確認画面が現われます。

 なお、送信履歴は、インストールしたフォルダ下のlogフォルダ下のMailフォルダに「MAILlogYYYYMM.txt」で保存されています。追加されていきますので、定期的に削除願います。

「ログ表示」文字

 この文字をクリックすることで、これまで送信したログが閲覧できます。一件も送信したことがない場合には、クリックしても反応しません。

インターバル

 大量のメールを送信する場合、SMTPメールサーバーへの接続を一旦終了して、一定の間隔を空けた後、再接続する必要があります。例では、100件ごとに10秒のインターバルを空けるときの指定です。空欄の場合には、インターバルを空けずに連続して送信します。

SMTPサーバー

 ここに何も指定しなければ、SMTPは動作しません。OutlookExpressなどの「ツール」→「アカウント」→「メール」でプロパティを開いて確認してください。

POPサーバー

 ここに何も指定しなければ、SMTP Auth認証方式となります。指定すると、POP before SMTP方式になります。

アカウント

 SMTP(送信)POP(受信)アカウントを入力します。

 通常、メールアドレスの@より前の部分です。

パスワード

 POP(受信)のパスワードを入力します。受信直後にしか送信できない認証タイプの場合指定してください。

発信者名

 メール配信者名を入力します。

Replyアドレス

 配信したメールの返信先のメールアドレスを指定します(指定しなくても可)。

メールアドレス

 メール配信のメールアドレスを入力します。

メール内容「拡大」文字
 この文字をクリックすると、メール内容の表示スペースが拡大します。また、文字フォントも拡大します。この拡大表示時、「縮小」文字を押すともとに戻ります。

メール内容

 メール本文ですが、高度な?差込機能があります。ひとつは「%氏名%」(全角%指定)です。これは、2.送信者リストの氏名と自動的に置き換わります。

 もうひとつは「%生年月日%」(全角%指定)です。4.差込項目設定に記述がありますので、生年月日欄の5桁目から2文字が01(誕生月が1月の人)には、その置換文字「おめでとう・・・」と置き換わり、それ以外の月に生まれた方の%誕生月%は何もなしの状態になります。同様に他の欄でも利用できます。また、配信停止専用Webサーバーを使用するとき、「%配信停止%」(全角%指定)もあります。

 たとえば、
   %氏名%様へ

   %生年月日%
   本日のおすすめ商品をご紹介します。
   -----------
   なお、このメールの配信を停止する場合には、お手数ですが、
   下記のURLをクリックしてください。自動的に停止致します。
   http://サーバー名/MailX.cgi?%配信停止%
   -----------
   メール管理者
   xxxx@xxxx.xxx.xxx
と記述すると、


   XXYY様へ

   お誕生日おめでとうございます。(誕生月以外の人には、このメッセージなし)
   本日のおすすめ商品をご紹介します。
   -----------
   なお、このメールの配信を停止する場合には、お手数ですが、
   下記のURLをクリックしてください。自動的に停止致します。
   http://サーバー名/MailX.cgi?(お客様を特定した高度に暗号化したコード)
   -----------
   メール管理者
   xxxx@xxxx.xxx.xxx

とメール本文が作成され、送信されます。

「参照」ボタン

 通常は、メール内容はMAIL.TXTに保存されています。しかし、同一リストで、セールの内容など異なる内容の雛型を作っておきたいとの要望があり、「登録して終了」しますと、自動的にその、メールタイトル.TXTを保存します。起動時に、メールタイトル.TXTが起動フォルダにあれば、そのタイトル及び内容をセットします。なければ、MAIL.TXTをセットします。「参照」し、txt,htmlファイルを選択して開くと、そのファイル名をタイトルに、内容をメール内容に差し込みます。このとき、htmlファイルを選択すると、メール本文はhtml形式になります。また、保存時の拡張子もhtmlとなります(html対応はVer1.3.0以降)。

「添付ファイル処理」文字

 この文字をクリックすると、メール内容の表示スペースが添付ファイル処理用のスペースに変わります。メールに複数の添付ファイルがつけられます。添付ファイル処理用表示中の「添付ファイル追加」ボタンを押して、ダイアログから添付ファイルを選択してください。また、削除する場合には、一覧表示された行の中からクリックして選択し、Deleteキーを押してください。この添付ファイル処理用表示時、「添付ファイル処理から戻る」文字を押すと元に戻ります。

 Ver2.2.0より、削除する場合には、一覧表示された行の中からクリックして選択し、「添付ファイル削除」ボタンを押すことで削除できるようになりました。また、一覧表示された行の中からクリックして選択し、「開く」ボタンを押すと関連付けられたアプリケーションから開いて内容を確認できるようになりました。

 さらに、新機能として、上記のように、html形式の本文のときに、添付ファイルを指定するとinline画像処理ができるようになりました。これは、html形式の本文にある画像をインターネット上にアップロードせずに、メール添付した画像を直接利用する機能です。html形式の本文のimgタグで画像名の前にcid:を付けることがポイントです。

設定画面の操作方法6.配信登録/停止専用Webサーバー設定


「使用する」チェック欄

使用例:テストURLhttp://hp.vector.co.jp/authors/VA017379/vector.html

 上記URLのフレーム左のナビ下段に機能テストのための自動配信登録欄を用意しました。名前・メールアドレスを入力して「登録」ボタンを押してください。指定されたメールアドレスに最終確認のURLクリックを促す内容のメールが送信されます。クリックいただいくと自動配信登録が完了します。また、下の方にあります配信停止URLをクリックいただくと、自動配信停止となります。なお、この自動配信登録されてもメール配信は一切行われません。あくまでも機能を確認していただくためのものです。テスト頂いたメールアドレスを他に流用することは一切ありません。


 使用例のようにお手持ちのホームページにタグを貼り付ける場合には、
<form action="http://取得したドメイン:2002/MailR.cgi" METHOD="get">
お名前:<input type="text" name="2" value="" size=10>
E-Mail:<input type="text" name="3" value="" size=10>
<input type="submit" value="登録">
</form>
のようなformタグを埋め込みます。inputタグのnameについては、何列目のものか指定します。デフォルトでは、氏名が2列目、メールアドレスが3列目にあります。ご自身で作成したXlsファイルなどの場合には、その列の位置に変更してください。また、38列までの項目であれば他の列のinputタグを増やすことも可能です。この際、入力誤りや空欄の場合にエラー表示されるインストールフォルダ下のWebフォルダにある配信登録画面.htmlも同様に変更してください。


構築環境例

internet
|
グローバルアドレス
ルータ ルータは必ず使用してください。
ルータのDDNS設定でdyndns.orgを登録・設定しました。これで変動IPでも安心して使えます。
192.168.1.1
|
|
|
|
|
|
|
2002'メール配信の友で指定したポート番号:2002を 192.168.1.100のフォワーディング指定に追加します。 Webサーバーの運営をしていない場合には、ポート番号は 80として、上記Formタグ内の:2002は不要になります。
+------ -----|----- -----+
| | |
192.168.1.100 192.168.1.101 192.168.1.102
2002'メール配信の友
常駐サーバー
24時間稼動
通常使用するPC その他PC WindowsXPの場合には、ネットワークの設定で 2002'メール配信の友で指定したポート番号を使えるようにします。また、サーバー機のローカルIPアドレスが変わらないように、MACアドレスを指定して固定します。


 このチェックにより、Webからの自動メール配信登録/停止が可能になります。なお、この機能を有効にした場合には、「登録して終了」ボタンは「登録して常駐」ボタンに、「登録せずに終了」ボタンはを「登録せずに常駐」ボタンに変わります。Webでは、24時間受け付けることが前提となります。ソフトを終了するのではなく、ソフトを常駐し監視する必要があります。当然、外部とのやりとりをするわけですから、ルータ(WindowsXPの場合にはネットワークも)設定が必要になります。また、固定IPアドレスまたはドメインサービスを受けていない場合には、変動するIPアドレスのみとなりますのでメール本文に記述したURLでは接続できなくなる可能性がありますので注意が必要です。変動IPのみで自宅パソコンを活用する場合には、お手持ちのルータが対応しているDDNS(ダイナミックドメインサービス)か独自ドメインを取得し変動時に更新してくれるサービスをご利用ください。


 なお、自パソコンからのWeb上から配信登録をし、自パソコンでメールを受け、メール内のURLをクリックするテストの場合、http://127.0.0.1/MailR.cgiを実行するとインストールフォルダ下のWebフォルダにある配信登録画面.htmlが表示されます。お名前とメールアドレスを入力すると配信登録確認中.htmlが表示され、配信登録のご確認.txtの内容のメールがご登録者に送信されます。このメール本文にあるURLをクリックすることで、自動的に配信登録が完了し配信登録完了.htmlが表示されます。 メール連絡から30分以内にクリックがされないと無効となります。顧客リスト上のメールアドレスが配信受付中になったままのものは配信の対象になりません。


 なお、メール本文の配信停止URLをクリックし、正常に配信停止が受付されれば、利用者には、インストールフォルダ下のWebフォルダにある配信停止完了.htmlが表示されます。また、多重にクリックした場合には、配信停止済み.htmlが、不正アクセスの場合には、エラー.htmlが表示されます。ご自由にhtmlを編集してください。なお、配信停止のURLには配信停止アドレス等を高度に暗号化していますので安心してご利用いただけます。また、正常に配信停止された場合には、送信者リストのアドレス欄の先頭に「YYYYMMDD 配信停止」が追加され、次回以降の操作のときに、自動的に送信対象から外れます。

アクセス履歴は、インストールしたフォルダ下のlogフォルダの「Accesslog.txt」に保存されています。追加されていきますので、定期的に削除願います。

 実際に、外部からのWebアクセスに対応するためには、ルータ(WindowsXPの場合にはネットワーク設定も)の設定が必要になりますし、配信登録画面.htmlを参考に配信登録機能をご自身のホームページに付けたり、当然、24時間運営が必要になります。参考として、拙作2004'遠隔操作の友の「ルータの導入例(参考のために)」をご覧ください。これらの設定は各自でお願いいたします。どうしてもWebサーバー運用・設置を希望される場合には、ご支援ネットの規定に従って有償にて承ります。

 なお、インストールフォルダ下のWebフォルダにあるファイル中の%%で囲まれた特殊タグを除いて自由に変更してお使いください。また、アクセス履歴は、インストールしたフォルダ下のlogフォルダ下のAccessフォルダに「AccesslogYYYYMM.txt」として月別に保存されています。追加されていきますので、定期的に削除願います。

「ログ表示」文字

 この文字をクリックすることで、これまで送信したログが閲覧できます。一件も送信したことがない場合には、クリックしても反応しません。

ポート番号

 Webポートは通常80ですが、すでに利用されている場合には変更することができます。自パソコンからメール配信し、自パソコンでメールを受けるテストの場合、たとえば8080にポート番号を変更した場合、http://127.0.0.1:8080/%配信停止%とメール本文に記述してください。

「アクセス制限入力を表示する」文字

 この文字をクリックすることにより、携帯端末製造番号等ユーザエージェントによるアクセス制限やIPアドレスによる制限が可能になります。基本的には、不正アクセスやアタックを防止するためですので、ログをご覧頂き、異常な事態が発生していなければ特別に設定する必要はありません。画像例では、アクセスはVodafoneのJ-SH53モデル・ドコモのP900iに限定され、しかも、IPアドレスも192.168.で始まるものに限定されていますので、実際にはどこからもアクセスできない状態になっています。また、、携帯端末製造番号等ユーザエージェントによるアクセス制限やIPアドレスによる制限欄に、×を付けるとアクセス拒否指定が可能です。「×210.133.」は、210.133.xxx.xxxからのアクセスは拒否することを意味します。「アクセス制限入力から戻る」文字をクリックすることで元の画面に戻ります。

ユーザー登録その他

お支払方法 

 このソフトは4,000円のシェアウエアです。Vectorのシェアレジでクレジットカード決済できます。ただし、Vectorのシェアレジは手数料等がかかりますので、手数料・税込みで4428円となります。画面に表示されているプロテクトIDをクリックしクリップボードにコピーされたID番号を作者連絡欄に貼り付けてください。半角でIDのみを正しくご記入いただければ、直ちにパスワードが発行されます。ただし、半角のID情報以外の情報が含まれている場合には、手作業となりますので多少時間がかかります。この点はご了解願います。

 この他、郵便振替でもご購入いただけます。製品名「メール配信の友」と必ず明記し、画面に表示されているプロテクトIDとパスワード連絡用のメールアドレスを通信欄に記入の上、郵便振替にて4000円(払込料別)を払い込みいただければパスワードを通知させていただきます。

払込口座:00970−4−243767 加入者名:ご支援ネット

 上記払込後、郵便局事務1〜2週間後、メールにてご連絡差し上げるパスワードを入力すれば、正常に動作します。なお、郵便振替は手作業となります。長期出張などにより不在の場合には郵便事務期間以上に時間がかかる場合もあります。Vectorのシェアレジでクレジットカード決済のご利用をお奨めいたします。

インストールプロテクト

 このライセンスは、1PC・1OS・1ディスク単位に提供されるもので、同一機種でのOS再インストール、ハードディスク交換等でもプロテクトIDは変わり、パスワードも変わります。いかなる場合にも、プロテクトIDごとにお支払いが必要になりますのでご留意ください(このソフトのみのインストール・アンインストールでプロテクトIDは変わりません)。

※なお、インストールプロテクト方式以外にUSB等のプロテクター方式もあります。この場合は、製品名「メール配信の友・プロテクタ方式」として郵便振替でお申込みください。価格は14700円(払込料別)です。なお、すでに「メール配信の友」をお買い求めになっている方は、12600円(払込料別)と致します。郵便局からの入金通知書が届いてから商品を発注しますので、2〜3週間ほど時間を要します。

サポートの範囲

 正しく動作しない場合には、症状をできる限り詳細に、かつ、画面のハードコピーを添付して、johoka@ae.wakwak.com宛までメールください。なお、Webサーバー運用に関しては各自で解決してください。どうしてもWebサーバー運用・設置を希望される場合には、ご支援ネットの規定に従って有償にて承ります。

その他

 いかなる場合でも返金は致しません。また、当ソフトウエアの使用または使用不可能に関連して生じた直接的損害、間接的損害、特別損害、付随的損害、結果的損害、および業務上の利益の喪失、業務の中断による損失、業務情報の喪失、またはその他の時間的・金銭的な損失を含むがそれに限定されない損失について、一切の責任を負いません。

更新履歴

2014.08.10 Ver3.14.8.10

 メール送信(SMTP)ポート番号25,587(Message  Submission)に加えて、465(SMTP over SSL)に対応。Microsoft  Collaboration  Data  Objects  (CDO)方式のメール送信を選択できるチェックボックス追加。Cc,Bccのメールアドレス指定欄を追加。メールタイトルに対する差し込み機能を追加。その他、添付ファイル付きメールの一部メーラーでの文字化け解消。「登録して終了」ボタンを押して終了後、次回起動時に、添付ファイル付きメールも正しく表示・メール送信処理できるように改善。

2014.03.05 Ver3.0.3.5

 メールアドレスの実在チェック(相手先メールサーバーへの存在問合せ)をするか否かのチェックボックスを追加。「メールアドレスOK?」ボタンを押してチェックする際に,問い合せを拒否された場合にはエラーとしないように変更。

2014.03.04 Ver3.0.3.4

 レジストリを使用しない方式に変更。

2005.08.07 Ver2.2.1

 添付ファイル付きメールが正しく送信できなかったバグ訂正。

2005.06.15 Ver2.2.0

 件名に対応した添付ファイルリストも保存。添付ファイル削除・関連アプリから開くボタン追加。html形式のメールに画像等の添付がある場合には、inline処理する機能追加。

2004.10.14 Ver2.1.3

 メール送信時、1列目が氏名の場合のTo(送信先)日本語名の表示されない不具合修正。

2004.09.28 Ver2.1.2

 配信登録/停止専用Webサーバーへの携帯端末製造番号等ユーザエージェントによるアクセス制限やIPアドレスによるアクセス制限に拒否指定を可能に。不正アクセス時のエラーメッセージ明確化。

2004.09.15 Ver2.1.1

 タスクトレイ常駐時のチップヘルプメッセージにフォルダ名を追加して、複数常駐時の区別をつける。USBプロテクタ方式での送信件数表示を正常化。デスクトップにショートカット作成時に作業フォルダ指定正常化。

2004.09.10 Ver2.1.0

 配信登録/停止専用Webサーバーに拡張。同一フォルダ以外の同時起動を可能に(多重度はシステムとデータに依存)。配信登録/停止専用Webサーバー使用開始時にそのポート番号が既に使用中の場合のエラー表示で戻る際に終了ボタンに戻るように修正。

2004.09.09 Ver2.0.1

 添付ファイル機能追加。

2004.09.07 Ver2.0.0

 送信者リストにソート機能追加。送信者リスト、メール内容欄の拡大表示機能追加。メール送信ログ、配信停止専用Webサーバーアクセスログ表示機能追加。送信対象選択、送信内容置換ファイル読込、書込機能追加。差込設定に数値編集機能追加。メールTo氏名表示対応、Xls空白書込バグ修正。

2004.04.05 Ver1.4.0

 Excelファイル書き込み時に、項目空白にした場合には反映しなかったが、正常に動作するように変更。

2003.12.14 Ver1.3.1

 Excelデータ内に小数点付きデータ(実数)があった場合の不具合修正。

2003.12.10 Ver1.3.0

 Excel2003ファイル対応。Excelファイル読み込み時の最大行、最大列の計算処理正常化。本文html形式に対応。

2003.11.30 Ver1.2.3a

 Excelファイルの読み書きに対応。ファイルの参照ボタンクリック時の表示フォルダは、このソフトののインストールフォルダに。ID番号欄をクリックすることで、クリップボードにID番号をコピーする処理追加(Vectorご購入時の作者連絡欄でこのID番号を貼り付けてください)。

2003.10.15 Ver1.2.2

 タイトル名.txtファイルの参照&登録ボタン追加。ファイル選択ダイアログのファイル種類正常動作。

2003.08.12 Ver1.2.1

 POP before SMTP方式、SMTP AUTH認証方式に対応。

2003.06.24 Ver1.2.0

 40項目、1999件まで処理できるように拡張。送信者リストファイルを自由に選択し、メールアドレス欄を自由に選べるように変更。メールアドレス書式エラー検出機能追加。指定件数によるインターバル機能追加。

2002.01.25 Ver1.1.1

 件名・内容によって文字化けしないように修正。

2001.12.24 Ver1.1.0

 受信直後しか送信できないサーバーに対応。

2001.11.28 Ver1.0.0

 新規開発。



Copyright©2001-2014中村 州男
johoka@ae.wakwak.com