今後の展開
 現在、多くの企業で、すでにブロードバンド接続しており、最大の懸案だった通信費については、ドコモのFOMAパケ・ホーダイ、auのEZフラット、@FreeD、AirH”などの屋外定額インターネット環境が整ったことでクリアできる状況にあります。また、軽くなったとはいえ、パソコンを常に持ち運ぶことも大変であり、あたかも営業マンが会社のデスクで仕事をしているかのように携帯電話やPDAから遠隔操作できれば、簡単な受注引き当てや在庫照会、伝票発行など、モバイル対応のシステムも開発することもなく安価で安心して導入できるのではないかと考えています。

 現在、顧問先の企業への導入に向けて試作しています。個々の営業マンが外出先から個々のパソコンを操作できることは仕事の効率アップにつながります。また、出先のWindowsCEマシンで遠隔パソコンを操作してモバイルプリンタに伝票を印刷するテストも開始しました。
 なお、「2004'Excelレポートの友(コマンドライン実行・バーコード印刷機能付き)」を業務システムに組み込むことで、簡単にモバイル側から印刷することができるようになりました。また、「2004'Excelセル指定テキストファイル変換の友」を業務システムに組み込むことで、モバイル側のPocketExcelで入力したセル情報を抜き出して、コマンドライン上で業務システムにテキストデータを渡すことができるようになりました。

 また、IP電話の発達により、電話サポートも電話代を気にせずにできるようになりました。困っている人のパソコンの画面を確認・操作しながら、電話で指導することもできます。的確かつ迅速なサポートがでることでしょう。しかも、サポートする人は出先からPDAやパソコンからでも確認・操作できますので、会社の事務所も構えずにサポート会社が運営できる?かもしれません。

 今後も、人にやさしい(人と人との間を埋める)IT技術のさらなる可能性を模索していくつもりです。