導入方法
  3.「2004’遠隔操作の友」の設定
    (1)インストール


 ダウンロードしたフォルダからPCdoorSetup.exeをダブルクリックして実行してください。
インストール中に表示される画面では、「次へ」、「次へ」、「次へ」、「インストール」をクリックしてください。インストールするフォルダは基本的には変更しないでください。「Cドライブ」→「Program files」→「ご支援ネット」→「2004’遠隔操作の友」です。設定事項の変更は必要ありません。






インストールが完了しましたら、デスクトップアイコンをクリックします。



 設定画面では、「6.2004'遠隔操作の友独自Webサーバー設定」で「使用を開始する」にチェックを入れると、タスクトレイに常駐してWebサーバーが稼動をはじめます。タスクトレイのアイコンをクリックすれば、ポップアップメニューが表示されます。「サーバー停止と設定画面表示」をクリックすると上記画面に戻ります。「サーバー停止と終了、次回起動時自動サーバー開始」をクリックするとWebが終了します。次回、デスクトップアイコンをクリックすると自動的にタスクトレイに常駐し、Webサーバー運用が始まります。スタートアップに登録すれば、パソコンを起動・再起動したときにも自動的に開始できます。



 ブラウザからhttp://localhost/PCdoor.exeにアクセスして、PCdoorを入力してデスクトップ画面の状態が表示されればインストールは正常に完了したことになります。ポート番号を80から8080に変更した場合には、http://localhost:8080/PCdoor.exeのように指定します。他で使用されていなければ、65535まで自由に指定できます(1023まではTCP/IP予約番号がありますのでご注意ください)。

 ルータ下のLAN内でも、ルータのステータス画面で確認できるグローバルIPアドレスでアクセスできますので、http://xxx.xxx.xxx.xxx/PCdoor.exeでアクセスしてみてください。初期状態では、ユーザー認証なしで、携帯・PDA・パソコンから自由に操作することができます。デスクトップアイコンの「2004'遠隔操作の友」をダブルクリックして設定すれば、携帯固有番号やブラウザユーザーエージョント、IPアドレス指定も可能ですし、これらの設定をすれば、それぞれの表示画像サイズ調整及び次回アクセス時には、今回終了状態の操作種別、画像位置からスタートできます。