導入方法
 遠隔操作できるパソコンOSはWindows2000Professionalを推奨します。XPでも動作可能だと思いますが、実機がないのでわかりません。Windows95・98でもプロセス操作以外であれば動作します。ここでは、Windows2000 Professionalを前提に導入方法を説明します。

 このソフトには、独自のWebサーバー機能が付いていますので、簡単に導入することが出来ます。ただし、外部からの接続するには、ルータの設定が必要になります。また、将来、本格的にWebサーバー運用をお考えの方の為に、フリーでなおかつ堅牢なApache2の導入について参考にしていただける内容を付け加えています。なお、すでに、他のWebサーバーが動作している場合には、ポート番号を変えて独自Webサーバー機能を使ってご利用ください。

  1.「2004’遠隔操作の友」の設定


  2.ルータの導入(参考のために)

  3.Apache2の導入(参考のために)
構築例

internet
|
グローバルアドレス
ルータ ルータは必ず使用してください。
拙作「2001'フレッツアイの友」を併せてご利用いただくと変動IP環境でも安全に安心して使えます。
192.168.1.1
|
|
|
|
|
|
|
2004'遠隔操作の友で指定したポート番号:xxxxを 192.168.1.100のフォワーディング指定に追加します。 ポート番号は1024-65535まで随時変えながら使用すると安全です。
+------- -----|----- -----+
| | |
192.168.1.100 192.168.1.101 192.168.1.102
2004'遠隔操作の友
常駐サーバー
24時間稼動
通常使用するPC その他PC WindowsXPの場合には、ネットワークの設定で2004'遠隔操作の友で指定したポートxxxxを使えるようにします。また、サーバー機のローカルIPアドレスが変わらないように、MACアドレスを指定して固定します。

 実際に、外部からのWebアクセスに対応するためには、ルータ(WindowsXPの場合にはネットワーク設定も)の設定が必要になりますし、24時間運営が必要になります。「ルータの導入例(参考のために)」をご覧ください。これらの設定は各自でお願いいたします。どうしてもWebサーバー運用・設置を希望される場合には、ご支援ネットの規定に従って有償にて承ります。