研究発表


21) 日本物理学会 2018年 秋季大会
(同志社大学、2018/09/09 -- 2018/09/12)
”量子測定における情報と擾乱の取りうる領域”

20) 日本物理学会 2015年 秋季大会
(関西大学、2015/09/16 -- 2015/09/19)
”OHPシートによる回折格子を作成するためのソフトウェアの開発”

19) 日本物理学会 2011年 秋季大会
(富山大学、2011/09/21 -- 2011/09/24)
”単一キュービット測定における情報,フィデリティ,および可逆性”

18) 日本物理学会 第66回年次大会 (震災により中止、発表は成立)
(新潟大学、2011/03/25 -- 2011/03/28)
”光子検出過程における情報,フィデリティ,および可逆性”

17) 日本物理学会 2009年 秋季大会
(熊本大学、2009/09/25 -- 2009/09/28)
”測定された状態の近似的な復元とさらなる情報のゲインII”

16) 日本物理学会 第62回年次大会
(北海道大学、2007/09/21 -- 2007/09/24)
”測定された状態の近似的な復元とさらなる情報のゲイン”

15) CREST 領域シンポジウム
研究領域 「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス ・システムの創製」
(産業技術総合研究所、2007/07/09 -- 2007/07/10)
”測定された状態の近似的な復元とさらなる情報のゲイン”

14) CREST 領域シンポジウム
研究領域 「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス ・システムの創製」
(産業技術総合研究所、2007/07/09 -- 2007/07/10)
”忠実度と純粋度を上昇させる猫状態の確率的な復元操作” <ポスター発表>

13) 第15回量子情報技術研究会 (QIT15)
(キャンパスプラザ京都、2006/11/21 -- 2006/11/22)
”任意のスピンによる可逆な量子測定”

12) 日本物理学会 2006年 秋季大会
(千葉大学、2006/09/23 -- 2006/09/26)
”任意のスピンによる可逆な量子測定”

11) The 8th International Symposium on Foundations of Quantum Mechanics in the Light of New Technology (ISQM-TOKYO '05)
(日立基礎研究所、2005/08/22 -- 2005/08/26)
” Spin Decoherence in a Gravitational Field” <ポスター発表>

10) 第11回量子情報技術研究会 (QIT11)
(京都大学、2004/12/06 -- 2004/12/07)
”非ユニタリーな量子回路” <ポスター発表>

9) CREST 領域シンポジウム
研究領域 「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス ・システムの創製」
(アルカディア市ヶ谷 (私学会館)、2004/10/04)
”相対論的量子情報” <ポスター発表>

8) 日本物理学会 2004年 秋季大会
(青森大学、2004/09/12 -- 2004/09/15)
”時空曲率によるスピンキュービットのデコヒーレンス”

7) 日本物理学会 2003年 秋季大会
(岡山大学、2003/09/20 -- 2003/09/23)
”非ユニタリー量子回路”

6) 日本物理学会 2003年 秋季大会
(岡山大学、2003/09/20 -- 2003/09/23)
”重力場中におけるEPR相関”

5) Non-locality of Quantum Mechanics and Statistical Inference (NQSI)
A Satellite Workshop to EQIS'03
(京都産業大学、2003/09/08 -- 2003/09/09)
”Einstein-Podolsky-Rosen Correlation in General Relativity”

4) The 5th Laser Cooling Workshop
(淡路夢舞台、2003/01/07 -- 2003/01/09)
”EPR correlation seen from moving observers” <ポスター発表>

3) 基研研究会「第3回場の量子論の基礎的諸問題と応用」
(京都大学基研、2002/12/18 -- 2002/12/20)
”運動している観測者に対するEPR相関” <ポスター発表>

2) 第7回量子情報技術研究会 (QIT7)
(学習院大学、2002/11/11 -- 2002/11/12)
”運動している観測者に対するEPR相関” <ポスター発表>

1) 日本物理学会 2002年 秋季大会
(中部大学、2002/09/06 -- 2002/09/09)
”運動している観測者に対するEPR相関”


戻る