Oka Laboratory

Clock Mate

動作画面

様々な時法で時刻を表示できるアナログ時計です。タスクトレイに常駐することもできます。

バージョン
1.30
公開日
2015.08.16
動作OS
Windows 2000/XP/Vista/7/8/10
必要なランタイム
VB6.0(SP6)ランタイム

機能

  1. 様々な時法で時刻を表示できます。
  2. 背景色が昼夜で変化します。また背景を透過させることができます。
  3. 形状を丸型にすることができます。
  4. 毎正時に時報を鳴らすことができます。時報として音楽ファイル(Wave、MIDI、MP3、wma)を再生することもできます。
  5. 最大10個のアラームを設定することができます。
  6. 簡易メディアプレイヤー機能を搭載しています。
  7. タスクトレイに常駐することができます。

背景色

背景色の設定例です。

バージョンアップ概要

Version 2.00

Version 1.30

Version 1.21

Version 1.20

Version 1.10

Version 1.01

Version 1.00

インストール

インストール

解凍したフォルダにあるSetup.EXEを実行することで、以下のファイルがインストールされます。

ClockMate.exe
実行ファイル本体
ClockMate.chm
ヘルプファイル
ClockMate.exe.manifest
Windows XP以降のスタイルを適用するためのファイル
Windows 2000以前では無視されます。
Calender_Lib.dll
ActiveX DLL(Windows\Systemフォルダにインストールされます)
Gm_Reg.dll
ActiveX DLL(Windows\Systemフォルダにインストールされます)
readme.txt
説明ファイル

アンインストール

スタートアップ登録を解除してから、Windowsのコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」でアンインストールをします。実行ファイルのあるフォルダに「インストールされるファイル」に記載されていないファイルが存在するときは、フォルダは削除されません。必要に応じて手動で削除してください。

またレジストリの項目は削除されませんので、気になる方は[HKEY_CURRENT_USER]-[Software]-[Oka Laboratory]-[Clock Mate]以下を手動で削除してください。(レジストリを不用意にいじるとWindowsが起動しなくなることがあります。やり方を理解できない方は削除しないことをお勧めします。)

使用許諾条件

ダウンロード

ファイル名 clockmate_200.zip (2017.04.16、474kB)
ダウンロード Vector (PS688246)
Seesaa (Version 1.30)

サポート

全バージョン共通

Version 1.30以前

Version 1.21

Version 1.21以前

Version 1.20以前

Version 1.10

針の周期

Clock Mateの長針、短針、秒針、時報の周期は次のようになっています。真太陽時、地方恒星時、天保暦、延喜式では、セルをクリックすると地方標準時系における時間の長さを示すダイアログが開きます。

時法 長針 短針 秒針 時報
地方標準時 60分 12時間 60秒 1時間
協定世界時
地方平時
真太陽時 60分 12時間 60秒 1時間
地方恒星時 1恒星時 1恒星日 1恒星分 1恒星時
グリニッジ恒星時
天保暦(不定時法) 一時 十二時 一分 一時=十分
延喜式(定時法) 一刻 十二辰刻 一分 一辰刻=四刻

正当なCSSです!