ジ ミーズアドインTOP   > #TEXTCALC2関数

 
 3.使用方法、使用例4.動作環境5.ダウンロード6.お問い合わせ│ リンク:セルの値が「 #NAME? 」のエラーの件(掲示板)   .

 TEXTCALC2.xla /エクセルアドイン

1.はじめに
TEXTCALC関数は、peace氏が作成したエクセルアドイン関数で、セルに入力された計算式の計算結果を自動で返してくれる大変便利な定義関数です。
     
  ここで紹介するTEXTCALC2は、上述TEXTCALCの一部改編版で、計算式にコメント文字を入れられる機能を加えたバージョンとなります。 数量計算書をチェックしてもらうことが多いので必要性を感じ改編させて頂きました。
そこで、同じ境遇の方のお役に立てるなら、との想いから、peace氏のご厚意もあってここに公開しているものです。
    (誤解ないように)
改編に際しまして、本家TEXTCALCとの区別化を図るために関数名をTEXTCALC2とさせて頂きましたが、「2」が付いたからと言って、以前よりパワーアップしたもの、ではありません。本家TEXTCALCは完成された優れた関数であり、そこからコメント表現ができるようにしたバージョンが今回のTEXTCALC2となります。そのコメント表現っていうのも、使う予定が無い人には邪魔なものですから、さてどんなことができるのか、を説明するために用意したのがこのホームページとなります。
     
このページを含め、すべての著作はpeace氏に帰属します。 改めましてpeace氏に御礼申し上げます。

記:平成14年01月(2002)   .


2.改変内容の説明
その@ 算式に混じった計算エラーとなる文字は、内部計算過程で省くようにした。
<解説>
計算エラーとなる文字とは、数字0〜9と演算子類+-*/×÷( ){ }以外の文字のことです。漢字やローマ字、特殊記号類がそれにあたります。
例えば、 単価@100円× 5個 という算式ですと、内部的には数字と演算子しか認識しないようになっていますので、
内部計算=100×5 =500 と答えを返してくれます。

※この文字認識機能は優秀だと思いますので、ユーザー様が気をつける点としては正確な算式を打ち込むか、でしょうか。
(ビギナー様向け)
 →かけ算の記号は似てますがエックスではありません。かける、や*で文字変換して出てくる全角スタイルの×です。
* でも可。
 →マイナス記号は、テンキー右上角の- 。ノートパソコン等ならマイナスで文字変換して出てくる - ですね。


<補足>
・ 下記の文字は、意味ある関数として算式中で使用できるよう引き継いでいます。
  式例)次項サンプルB9、B10
〔π・ PI・SQRT・√・^・%・SIN・COS・ TAN・ASIN・ACOS・ATAN・RAD・INT・EXP・ABS・LOG・E+・E-〕

 
そのA 手動で計算対象外文字を指定する方法として、[ ]内は計算対象外とする機能を追加した。
<解説>
角括弧[ ]で囲めば、その文字は計算対象としません。 式例)次項サンプルB6、B7

コメント文字を的確に区分できるメリットがあり私が一番使うお気に入りの機能となりました。 ただ、小さい頃習った"大括弧”としての役割では使えないデメリットもあります。これについては、エクセルプログラム自体が本来[ ]を算術括弧として定義してないことと、計算書として見栄えが良い、入力が手間じゃない、といった個人的経験結果から[ ]を採用することに決めました。
もしも算式で大括弧が必要な際は、エクセル同様 (( ))のように重ねてご利用くいただければと思います。

(ビギナー様向け)
・ [ ]の入力は、「」のキーから F10キー変換を押した入力が一般的でしょうか。
[先頭へ移動↑]

3.使用方法、使用例
  使用方法は、セルに =TEXTCALC2(計算式のあるセル番地) と入力するだけです。
サンプル
   A B C D
1 項目 項目計算式(サンプル) 答え 備考
2 (答えセルに)
3 コメント入り計算式の例  垂木 3.64m × 10列 36.40 =TEXTCALC2(B3)と入力
4  〃  L= 0.50m × 10列 5.00 =TEXTCALC2(B4)
5 [ ]囲みコメントの例
6  ([ ]内は計算対象外)  2.00[計算書P.5より]−0.50[開口0.50×1.00] 1.50 =TEXTCALC2(B6)
7  〃  1,000円 × 1.08 [税率8%] 1,080 =TEXTCALC2(B7)
8        
9  関数文字使用例  π × √(2)^2 × 0.5 3.14 =TEXTCALC2(B9)
10  〃  sin(90) + cos(60) 1.50 =TEXTCALC2(B10)
11  指数の場合  1.0088E-02×1 0.01 =TEXTCALC2(B11)
12        
  おまけとして、端数処理を組み込んだ定義関数も含まれています。(単にROUNDDOWN関数を組み込んだだけ)
・= 切捨計算(算式セル,位 )  ← 算式結果値は指定位で切り捨て。
・= 四五計算(算式セル,位 )  ←       〃       四捨五入。
・= 切上計算(算式セル,位 )  ←       〃       切り上げ。
・= 端数処理(数字セル)  ←セルの値が100以上9999以下は10丸め、10,000以上→100丸めで端数処理する。
    サンプル
   
A B C D
1 項目 計算式(サンプル) 答え 備考
2       (答えセルに)
3 算式答えを切捨て  55.55 ×  1  55.50 =切捨計算(B3,1) と入力
4      〃   55.00 =切捨計算(B3,0)
5      〃 50.00 =切捨計算(B3,-1)
6 算式答えを四捨五入  55.55 ×  1  55.60 =四五計算 (B6,1)
7      〃   56.00 =四五計算 (B6,0)
8      〃   60.00 =四五計算 (B6,-1)
9 算式答えを切上げ  54.44 ×  1 54.50 =切上計算 (B9,1)
10      〃 55.00 =切上計算 (B9,0)
11      〃   60.00 =切上計算 (B9,-1)
12        
13 値の端数処理の例      99 99 ← =端数処理(B13)
14      〃     999 990 ← =端数処理(B14)
15      〃     9999 9990 ← =端数処理(B15)
16      〃   99999 99900 ← =端数処理(B16)
     
Jimmy's point 入力したらエラーが出た場合...
#VALUE! と表示される場合→入力されている計算式を疑ってみてください。→算式誤記か対応外
#NAME? と表示される場合→エクセルへアドイン登録を疑ってみてください。→ビギナー様は
こちら /ご利用中の方→掲示板 
 
[先頭へ移動↑]

4.動作環境
  バージョン問わず、エクセルが動いていればokだと思います。
 
    (参考:動作確認済)
〜Windows10 64bit、 Excel2016
 
 
[先頭へ移動↑]

   
5.ダウンロード
   TEXTCALC2-20160820(V2_12b).zip ←クリックでダウンロードが始まります。
     
    (参考)過去旧データ
    TEXTCALC2-20150418.zip (2015年04月18日版) Ver2.12
  TEXTCALC2-20140201.zip (2014年04月02日版) Ver2.11
  TEXTCALC2-20131020.zip (2013年10月20日版)
 
[先頭へ移動↑]

6.お問い合わせについて
     
改編させて頂きましたTEXTCALC2に関しましてのご意見等は、下記メールまでお寄せ頂けたらと思います。
     
ジミーズアドイン
    管理人:hiromi.shimizu
    mail:jworks@★s-consul.jp (★を除く)
  
  [先頭へ移動↑]

Copyright©2000-2016,JimiesAddin hiromi.s (peace-san) All rights reserved.