メールマガジン、おいしい料理入門

このページでは、メールマガジンの説明と、
メールマガジンの登録/解除フォームについて書いています。
興味のある方はどうぞ。
もし、つまらなかった方はこの下のフォームを使って
解除できます。

なお、その一部をWEB版としてホームページにアップしています。
興味のある方はそちらもどうぞ。
(このページの下の方よりリンクしています。)

まぐまぐ側の登録/解除ページ ID:0000192534
最新号、バックナンバー、その他の情報。
随時更新しているバックナンバーの情報はメールマガジン内でも
書いています。

おいしい料理入門 (マガジンID:0000192534)
メルマガ登録・解除
おいしい料理入門
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
サンプル誌

 
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
          おいしい料理入門 NO. 1
          発行日: 2006/04/24
  URL: http://hp.vector.co.jp/authors/VA031137/cook-mag.htm
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 みなさん、こんにちは。SOMEYAです。

 今回の主な内容
1. はじめまして
2. 料理はおいしく、楽しく、優しく、簡単に。
  (そんなことを目指して)
3. ちょっと一言
4. メールマガジンを解除したくなったら
------------------------------------------------------------

1. はじめまして

 みなさん、はじめまして。
発行人のsomeyaと申します。
メールマガジンを購読していただきましてありがとうございます。

 今回から、料理関係の話題でメールマガジンを発行することにしました。
これまでにもメールマガジンを発行したことがあります。
ひょっとすると、以前にも購読してくださった方がおられるかもしれません。
そのときの「ちょっとバリアフリー」のようなイメージも入れながら。
私にも料理ができる、料理は楽しい、食べることは大切・・・。

 実は、料理関係は初めてなのです。
でも、あることがきっかけで料理をするようになりました。
そして、料理が楽しいことを知りました。

 そんな料理初心者で学習中の私が
新しく覚えたレシピとか、ちょっとした工夫でおいしくできた話とか、
日々感じること、料理のべてらんから教えていただいた話題などについて
少しずつ書いていきたいと思います。

 料理を作ってみて、やはりプロはすごいなと感じます。
お金を払う価値があります。
(でも、そうでないこともありますが。)
おふくろの味もそれに負けず劣らず宝物です。
そんな偉大な味にはとうてい及びません。
でも、なんとかがんばっておいしい味に近づけていきたい。

 といっても、おいしい料理、おいしいと感じる料理は
人それぞれ違うと思います。
その人が小さい頃から口にしている味とか、普段食べなれた味などが
一番なっとくのいく味だと思います。

 なので、このメールマガジンはあくまでも私が作ってみたレシピ、
教えていただいたレシピ、そのとき食べたアジということで。
それが、もし、何かの参考とか刺激になればうれしいです。

 どこまでできるか分かりません。
ということで発酵を不定期にしています。

 また、みなさんが普段食べているおいしいレシピについても
教えていただけるとうれしいです。
了解を得た上でメールマガジンに掲載したいと思います。

 宛先は、このメールマガジンのヘッダにあるものです。
[Reply-To:]のところに書かれたものです。
返信メールを作成したときに、宛先として追加されるものです。

 実は、ホームページとか、WEBなどで閲覧できるところには
メールアドレスをべたべたと書かないようにしています。
それは、迷惑メールやウイルスメールにお目にかかりたくないもので。
過去にちょっとそのようなことにも遭遇して。

 どうぞ、よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------

2. 料理はおいしく、楽しく、優しく、簡単に。
  (そんなことを目指して)

 料理をするようになってみて、それが楽しいと感じる。

 実は、私は全盲なんです(現在は)。
それがどうした・・・、ですね。
全盲だって自分にできることはちゃんと行っているんだもん。
そして、助けが必要なところだけ誰かの助けを借ります。

 私が料理を始めたきっかけは、ヘルパーさんをお願いしてからなのです。
それまではといえば、家族の見える人と買い物に行っていました。
そして、料理を作るのは家族のだれかさん。

 でも、あるとき、ヘルパーさんのガイドで買い物に行きました。
そして、一緒に料理を作りました。
というか、料理を教えてもらいました。

 そのレシピ、味は我が家の普段食べなれたあじとも違い
ちょっと新鮮でした。

 ずっと前、例えば盲学生のとき
家庭科の授業でちゃんと料理を学びました。

 でも、それ以後は・・・。
料理といえば家族のだれかさんが作ってくれるし、
スーパーやコンビニにいけばお総菜だっていろいろ売っているし。

 ところが・・・。

 現在のような情報社会。
音声読み上げソフトの入ったパソコンがしゃべる。
ネットに接続する。
おいしそうなレシピがたくさん閲覧できる。

 じゃあ、ちょっとレシピをメモする。
そして、買い物に行く。
おかってで作る。
それを試食する。
おいしくできることもある。
うれしい。
でも、ちょっと・・・ということも。
洗い物やかたずけをする。

 料理のできる人に教えてもらう。
今度はおいしくできる。
(そうでないこともあるが。)
この味もちょっとまねして使ってみよう。

 そんなことの繰り返し。
でも、何かが違う。
何かを学習している。

 道具の上手な使い方を知る。

ときどきうっかりしてけがすることもある。

道具を大切に扱うようになったりする。

 私が料理を楽しいと感じること。
レシピを調べて買い物に行く。
新鮮な具材が安く手に入るとちょっとうれしい。
家にある材料でおいしい料理ができたときもちょっとうれしい。
微塵切りや千切りが美しくできたときもちょっとうれしい。
火の通り具合とか、焼き色とか、味付けがうまくいくとちょっとうれしい。

 たぶん、料理はそれほど堅苦しいものではない。
おいしい料理はたくさんある。
優しく、簡単にできたりする。

 毎日の夕飯のメニューを考えることが
めんどうになることもよくある。
似たようなメニューにしたり、お総菜を買ってきて手を抜いてしまったり。

でも、料理が楽しいと感じることだってよくある。
今日のメニューはこれにしよう。

 ということで・・・。

 次号からは何かレシピを書いて、その感想とか
ちょっと感じたことがあればそれも書いてみたいと思います。
------------------------------------------------------------

3. ちょっと一言

 ここも何か目も程度に、あれば。

 また、バックナンバーの情報についても書いていきたいと思います。
そのデータは、ホームページ上に置く予定。
------------------------------------------------------------

4. メールマガジンを解除したくなったら

 メールマガジンを解除したくなった方は、以下のページにアクセスして
御利用の配信システムにて解除をお願いします。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA031137/cook-mag.htm

http://www.mag2.com/m/0000192534.html

 また、登録したおぼえがないのにこのメールマガジンを 
受け取ってしまった方も、上記の方法で手続きしてください。 
------------------------------------------------------------

 ご意見、ご感想、ご質問などはお気軽にどうぞ。

 本メールマガジンの無断転載を禁止します。

 ここで紹介したレシピについて、そのおいしさ、美しさなどについて
完全に保証するものではありません。
あしからず。

 ただ、こうしたらおいしくできた、
ここを工夫したらよりよくできた・・・
などなどの情報は大歓迎です。

 今回はこの辺で。 BY SOMEYA

 このメールマガジンは、以下の配信システムを利用して発行しています。

 インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/
 解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0000192534.html

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
          おいしい料理入門 NO. 1
          発行日: 2006/04/24
  URL: http://hp.vector.co.jp/authors/VA031137/cook-mag.htm
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
WEB版お料理の部屋

トップに戻る