自殺ストップ

最終更新日:2006-04-27

人は生きていると辛いこと、苦しいこと、
どうしようもなくいやになることがある。
病気だったり、障害だったり、貧乏だったり、失敗だったり、挫折だったり。
がんばったのに願いが叶わなかった。
希望の学校に入れなかった。
希望の会社に入れなかった。
失恋してしまった。
テストの点数が悪かった。
親に叱られた。
お金を落とした。
誰かにだまされた。
その他・・・。

元気なときならば何とかがんばれるかもしれない。
でも、心が弱ってしまったら。
つい、自殺を考えてしまうことだってあるだろう。

でも、ちょっと待って。
自分の命を閉じないで。
それは悪いこと。
それは良い解決方法ではない。
だから、ストップ。

今、自分が生きているということ。
この世に生まれでたのは自分の力ではない。
気が付いたらこの世に生まれて生活していた。
そして、死ぬときも寿命がきて・・・。
自分でできることには限りがある。
自分にできることは本の僅か。

私も、辛くて、苦しくて、自殺を考えたことがある。
友達の中にもいる。
病気のため、若くしてなくなった友達もいる。
交通事故でなくなった友達もいる。
家庭の事情で悩み、苦しみ、なくなった知り合いの大人もいる。

人の死はとても悲しい。
それを見ていて、感じて、重く苦しい。

誰かがこういう。
死ぬなんて思うなよ。
悩むなよ。
がんばれよ。
それはどうなんだろう。

死にたいほどに辛くて、苦しくて、どうしようもなくて。
じゃあ、助けを借りよう。
保護してもらおう。
守ってもらおう。
引きこもりでも良い。
閉じこもりでも良い。
がんばることを放棄する。
ただ、今を過ごすこと。
床にごろんとして。
静かに息をして。
水を飲んだり、何かをちょっと食べたり。
トイレに行ったり。
道の草花をぼんやりと眺めたり。
無気力で良い。
ぐっすりと眠ったり。

そして、自分の辛さ、苦しさを理解してくれる人に
助けてもらおう。

その方がずっと良い。
自殺はストップ。
自分は悪くない。

みんな無力。
だから、お互いに助け合う。
同じように苦しみ、悲しみ。
たまに、楽しいことやうれしいことがあるかもしれない。
それらが交互にやってくるかもしれない。

人は生まれた。
そして、息をした。
寿命がきて静かに、安らかになった。
それは、自然の法則。
宇宙の法則。

自分をすてないで。
一人で悩まないで。
静かに、ゆっくりと息をして。

だれかのぬくもりを感じて。
誰かの助けを借りて。
いっしょに息をして。

それが良い。

戻る