自殺報道に

最終更新日:2006-11-25

今年、自殺のニュースが多いように思う。
集団内でのいじめ、それによる自殺。
若者の自殺。
報道は、その悲劇を伝える。
いつ、どこで、だれが自殺をした。
その背景は・・・、と。

しばらく前のこと。
私が学生だった頃のこと、同じような減少があった。
ある学校内で、葬式ごっこという名のいじめが行われた。
そして、その子は自殺をしてしまった。
そのことがニュースで報道された。
その後、自殺が連鎖的に行われた。
たくさんの命が失われた。

他に、ある有名人の自殺があった。
こちらはいじめではないが・・・。
その後、熱狂的なファンたちと思われる人たちによる後おい自殺が続いた。

ある専門家はいう。
自殺報道は十分に注意してください。
それを聞いた人で、自殺を考えている人たちの中から第2、第3の自殺が発生する、と。

では、報道しないことが良いのだろうか。
ある意味そうかもしれない。

でも、集団内部でいじめが行われて、その結果尊い命が失われたとしたら。
自殺という行動が行われてしまったら。

報道もひとつの力がある。
今、こういう社会減少が起きている。
それに対して、どういうことを考えて、どういう対策が必要なのか。

いじめと自殺。
そこでの報道の役割は・・・。
第2の自殺を防ぐこと。
どこでどういういじめが行われているか。
どこで自殺の危険があるか。
そこで自殺させないこと、保護すること。
いじめが行われている現実をはっきりと表に出すこと。
それがいかに悪いことであるかを伝えること。
命がどれだけ尊いものであるかを伝えること。

報道で必要なことは。
自殺が最善の解決方法でないということ。
他に解決方法があること。
生きて解決できること。
助けになることができる。

ちょっと、思う。

戻る