医療の安全性は・・・
(インフルエンザ治療薬タミフルによる副作用)

最終更新日:2007-02-28

医療関連で。

テレビのニュースなどでも報道されていることであるが。
インフルエンザ治療薬のタミフル。
先日もこれを服用した10台の若者が転落死した。
これまでにも服用後の死亡例が何例も報告されている。

厚生労働省は、因果関係がはっきりしていないからということで
タミフルの危険性について伝えていない。
安全だということなのだろうか。

よくきく薬には副作用がある。
いや、薬の作用が良くも悪くも働いてしまう。

インフルエンザの治療薬としてタミフルが開発された。
それが多く用いられている。
日本の消費量は多い方らしい。
特に、若者の使用率は海外に比べて多い方らしい。
海外では副作用が報告されて、若者への使用を控えている、と。

なぜ、日本のお役所は・・・。
対応が遅れているのだろうか。

たぶん、副作用の率が低いからなのだろうか。
原因不明の異常行動を、死亡事故を危険なこと、注意すべきこととして
重大な問題として扱わないのだろうか。
重大な問題が起きているのに、まだ症例数が少ないというのだろうか。
原因不明の異常な行動。
タミフル服用後の死亡。

人々は病になって治療を受ける。
お医者さんを信用している。
インフルエンザと診断される。
タミフルを処方される。
それを服用する。
その中で異常な現象が起こる。
貴い命が失われている。
それなのに・・・。

現象を見ない。
現場を見ない。
素早い対応ができない。
それでも責任あるお役所なのだろうか。

例えば。
今後、もっともっと被害が広がる。
そして、原因が究明される。
そこで初めて注意を呼びかけるとしたら・・・。
もし、そうだとすると・・・。

医療の安全性は確保されていないことになる。
ますますお役所の信頼は遠のいてしまうことだろう。

医療にとって、安全性は必要な条件である。
もし、僅かでも危険性があればそれをきちんと伝える必要がある。
最近言われる説明責任。

病人に対して医者が診察、診断、治療を行う。
その上に厚生労働省などの管理、監督がある。
医療行為によって何らかの副作用が起こる。
でも、それはまだよく分かっていないから・・・ということで
医者やお役所が適切な対応を行わないとしたら・・・。
困ったことになる。

タミフルは良くきく薬であるが、
危険な副作用があると言われる。
そういう情報が人々に伝えられるようになって。
このままでは、患者側が判断して、自己防衛を行わなければいけないような
医療環境になってしまうのでは・・・。

ちょっと、そんなことを感じた。

戻る