現代の魔法

最終更新日:2006-04-25

小さい頃の漫画やお話に、魔法使いが出てきた。
そうそう、魔女はほうきに乗ってくるんだっけ。
奥様は魔女というものもあった。
猿が雲に乗ってくるものもあった。

もし、人が魔法を使えるようになったら・・・。
どうなるだろうか。

ちょっと呪文を唱えると・・・。
部屋がきれいにかたづいたり。
汚れた洋服が、一瞬できれいになったり。
テーブルの上にご馳走が並んだり。
安いアクセサリーが宝石に変わったり。
自分の部屋から一瞬で会社に移動したり。
病気が治ったり。
夢や希望が叶ったり。
お金持ちになったり。
あれ、あれ。

生活が楽になるとか、豊かになるとか、叶わないことが叶うとか。
できないことができるようになったなら・・・。

じゃあ、現代の魔法はなんだろうか。
すぐに思いつくのがお金。

日本人を見れば金持ちと思え・・・。
そういう言葉もあるみたい。
たしかに、日本は金持ちになったのかも。
いや、扱う金額が大きくなり、
借金も大きく膨らんだ。

お金さえあれば何でも買える。
いい学校、いい会社。
そして、お金持ちになれば・・・。
大きな家に住み、ブランド品を身につけ、高級な外車で移動。
お手伝いさんが全てをやってくれる。
それが人生の目標という人もいる。

幸せだってお金で買える。
えっ?それは本当だろうか。

たしかに、経済市場主義。
お金で物やサービスを売り買いして、やりとりする社会。
昔の物々交換ではなくて、お金と交換する仕組み。
お金がなければ何も売り買いできない。
そして、生活にお金は不可欠。

でも、全てがお金で解決できる?。
そんなことはない。

喉が渇いて苦しいとき、
お金を飲み込んでも喉の渇きは潤わない。
人の心はお金では買えない。

幸せとはなんだろうか?。
どうしたら幸せになれるだろうか?。
当たり前のことを当たり前に受けとめること。
自然の、普通の、日常の生活を送ること。
それを幸せと感じること。
そんなことなのかも。

間違っても、現代のお金主義。
なんでもかんでも金、金、金。
お金で解決する。
お金のためなら悪いことでも平気でする。
それではない。

とりあえず、現代の魔法。
それがお金だとしたら・・・。
手元にある一握りのお金を
よりよいことに使いたい。
自分や他人、社会にとってよりよいことに。
それが、そのお金にとっても価値のあることなのでは。

戻る