戦争犯罪と責任

最終更新日:2006-08-15

8月15日は終戦記念日。
今年は61回目。
人によっては日本が配線した日だ、と。

1945年8月15に日、日本は無条件降伏をした。
そして、第2時世界大戦が終わった。
もし、無条件降伏をしていなかったなら。
戦争を続けていたら。
指導者の考える通り、最後の一人まで戦っていたら。

戦後に生まれた人たちは、上は還暦にもなる。
戦争を知らない世代が増えている。
大きな戦争が行われていないということではうれしい。
でも、戦争の記憶が徐々に失われている。

戦争は二度と行ってはならない。
悲惨な歴史を繰り返してはならない。

戦後60年を迎えた年、戦争に関する番組が放送されていた。
悲惨な戦争。
自由のない国。
指導者の命令により、赤紙が国民を戦争へとかり出す。
政治も、経済も、治安も、教育も、医療も、福祉も、環境もみな悪化した。
戦争が早く終われば良いと思った人もいたという。
原爆によって多くの人たちがなくなった。
そして、戦争が終わった今でも苦しんでいる人がいる。

戦争が終わって、日本の戦後が始まった。
日本の復興。
人工が増えた。
高度経済成長があり、世界の大国と肩を並べる。
日本風の自由社会が訪れた。
国際社会。

あの悲惨な戦争。
もっと早く終わりを告げていたら。
知恵のある人が正しい決断をしていたら。
何か変わっていたかもしれない。

戦争の番組をみた。
私は戦争を知らない。
でも、私たち日本人も戦争を行っていた。
相手国に被害を与えた。
自分の国内、国民にも被害を与えた。

第2時世界大戦の歴史を読む。
戦争をしてしまうような時代背景があったという。
世界中が戦争をしてしまうような状況があった、と。
日本の決断は間違っていなかった、という人がいる。
戦争の歴史を美化する人がいる。
原爆は戦争を終わらせるために必要だった、と。
はたして、そうであろうか。
もっと良い方法はなかったのだろうか。

日本はちゃんと戦争を振り返り、歴史を見つめ、反省し、
生かしているのだろうか。

戦争に勝った国が負けた国を裁く。
国内での戦争の認識もいろいろ。
原爆を落とした人たちの責任は問われない。

戦争に良いものなどなにもない。
戦争は犯罪である。
しかも、劣悪、最悪な殺人と破壊行為。
相手の領土を奪う。
人を殺し、被害を与える。
文明、文化、財産を破壊する。

第2時世界大戦の日を作るべきではないだろうか。
そして、世界中がその悲惨な歴史をきちんと認識すること。
その悲惨な行為について反省すること。
それが、世界から戦争をなくすことの第1歩ではないだろうか。

日本も反省をする。
そして、戦争に勝った国々も反省をする。

世界の国々に戦没者を慰霊する施設を作り、
世界中の人々がお参りできるようにする。
日本国内にも戦没者を慰霊する施設を作り、
世界中の人々がお参りできるようにする。

靖国神社の誕生、歴史、現在の状況。
けして世界中の人々がお参りできない事情がある、と。
そこには戦争を美化したり、軍人たちを祭るような状況がある、と。

日本には、戦没者を慰霊して世界中の人々がお参りできる施設を作る
責任と義務があるのではないだろうか。

今後も戦後は続く。
そして、悲惨な戦争が繰り返されないように努力すること。
人々が安心して生活できるように。

ちょっと、そんなことを思った。

戻る