リサイクルとエコ

最終更新日:2008-01-18

ニュースによると、大手の製紙会社で再生紙の表示に嘘があった、と。
実際には低い割合なのに、たくさん使っているように表示していた、と。

あるラジオ番組でも このことについて話していた。

どうして?。
昨年も、大手の企業で偽装があって問題になったのに。

21世紀のテーマは環境だ、と。
最近、環境のことが問題になっている。
地球の温暖化、自然破壊、環境破壊。
だから、エコ。
自然に優しいことが重要で、大切で、必要で。

大量生産、大量消費の社会ではゴミも大量に出る。
そこで、ゴミを増やさない、ゴミを作らない工夫が必要。
過剰な包装は止める。

すぐにゴミとして捨てるのではなくて、それを再利用するリサイクルのシステム。
これが良いこと。

ところで、日本の製紙技術。
世界的に見てもトップクラスとか。
白くて、光沢もあり、手触りも良く、こしもあり、
薄く、丈夫で、インクの乗りも良く、目的別に使われている。

日本は資源の少ない国。
パルプも輸入している。
森林伐採、環境破壊が問題。

で、古紙もリサイクル。
汚れていたんだ古い使用済みの用紙。
これを白くてきれいな用紙に再生するには技術が必要だ、と。
それと、薬品や燃料、経費もかかる。
コスト高の再生紙。
また、薬品や燃料の使用で自然に負担がかかる。
ここにエコの矛盾が出てくる。

それと、再生紙の性能、性質。
混ざる程に品質は落ちる。
コスト高で品質が悪い再生紙。
増えすぎると環境にも負担がかかる。

国はグリーン購入法を作った。
で、企業は努力する。

コスト高で品質の落ちる、悪い再生紙は売れない。
古紙のリサイクルは必要。
でも、増えすぎると環境にも悪い。

国内には間伐した木材が余っている、と。
それをうまく利用することも大切。
ここにも古紙と間伐材との使用のバランスがある。

企業の嘘は良くない、と。
リサイクルもバランスが大事。

ところで、リサイクル。
内にあるノートPCは、6・7年前にオークションでゲットした
中古のリサイクルPC。

最近、ついに液晶ディスプレイが真っ暗で何も映らなくなってしまった。
まあ、音声が出力されるので、私は普通に使えているが。
もちろん、普通の見える人は、外部端子にディスプレイを接続すれば
ちゃんと機能するが。

使用頻度は減ったものの、音声PCのデモとか、
サブマシンとして活躍している。
ありがたい。

この中古のリサイクルPC。
エプソンのノートPC、NT-1000。
A4のオールインワンで、Pentium3で650MHzで、メモリ192MBで、
HDDは2.5インチ 80GB 5400RPMで、CD-ROM、FDD、USB、LAN、
シリアル、パラレル、その他…。

Windows9X系でも、Windows2000/XPでもさくさく動いている。
もちろん、新品と比べたら落ちるが。

このように、リサイクルというのは一般的に見て新品よりも落ちる。
落ちるけれども、まだ使える。
それを大切に使うことに何か意味があるような。

で、再生紙。
やはり、新品よりも落ちる。
落ちるけれども再生紙として使える。
用紙でなくても、何かの原材料として使えると思う。

古紙のリサイクル。
何か、もっと良い方法がないものだろうか?。

ちょっと、そんなことを思った。
戻る