バレンタインデー

最終更新日:2008-02-14

2月14日はバレンタインデー。
日本ではすごいお祭り。
あっちでもチョコ、こっちでもチョコ。
ほんめいチョコ、義理チョコというのは聞いたことがある。
その中間に かもチョコという、好きかもチョコがあるらしい。
他にも、ともちょこ、世話チョコ、感謝チョコなどなどがあるらしい。

私は…。
はい。
身内からチョコをもらった。
また、患者さんからチョコをもらった。
形式的なものではあるが、うれしいし、おいしかった。

ところで…。
外国のバレンタインデーは…。

男性が女性に愛を告白する日らしい。
花束を添えて、愛を告白。

場所によっては女性から男性に…もあるらしく、
家族で感謝を表す日でもあるらしい。
きっと、1年の中で愛や感謝を表す日なのかもしれない。

日本在住のアメリカ人の話。

外国ではホワイトデーはない、と。
ホワイトって、何のお祭り?。
白いもの?。

きっと、チョコレートが黒いので、その反対?。

バレンタインデーは1日だけ。
でも、ホワイトデーを追加して2日にすれば経済効果も高くなるし。
日本のバレンタインデーは経済的なお祭り?。

で、ちょっと思う。
今の日本のバレンタインデー。
チョコレート業界の販売促進戦略。
ほんめい、義理、かも、とも、世話、感謝、
色々なランクをつけて、チョコの配達。
作って、売って、消費して…。

日本のバレンタインデーも、海外のような、
愛を告白したり、感謝したりするそういう精神的なお祭りだったなら。

昔、日本も、物質よりも精神論を重視した時代があったとか…。

世界から見た日本。
どんな風に映っているのだろうか?。

経済大国の日本。
消費大国の日本。

21世紀は心の時代だ、と。
物質に偏りすぎた日本?。
精神的に満たされる…、
幸せを感じられる…、
目に見えないものを大切にする…。
もし、そうだったなら…。

今言われている福祉、医療、教育、環境…。
とても大切で、必要で…。
必要なときに、必要なものを、必要なところへ、必要なだけ。
それって、物質だけでなくて。

世界に多くを学び…。

もっともっと日本がよりよくなりますように。

ちょっと、そんなことを思った。

戻る