人の命が

最終更新日:2008-06-10

昨日、東京の秋葉原というところで、恐ろしいことが起きた。
ラジオやテレビのニュースでは、その恐ろしさが伝わってくる。
だから、このタイトル?。

なぜ、どうして、そんなことが…。
ここ10年間では、大阪のいけだ小学校の事件に次ぐ大事件だ、と。
あのときは、8人の命が奪われた。
そして、あの日と同じ日付、6月8日に事件があった。

日曜日のお昼過ぎ、
人々で賑わう秋葉原の歩行者天国。
トラックで人々をはね、
サバイバルナイフで人々を刺し…。
7人の命が奪われ、10人ぐらいの人々が重軽傷をおった。
酷い。
地獄。

犯人はすぐに捕まった。
若い男、25歳、派遣社員、自動車の部品工場で働く?。
もの静かでまじめ、他者とのコミュニケーションがうまくいかない。
中学校の頃は勉強やスポーツもできて優等生、高校ではそれがしだいに落ち、
大学進学で進路変更、自動車関係の学校へ。
教師への夢もあったという。

高校までは青森でくらし、その後静岡で暮らすようになり。
職が長続きせず、てんてんとする。
周囲との関係がうまく作れない、孤独、切れると恐い、と。

ネット上の書き込みに反抗の予告をしている、と。
それまでもネット上に心の内を見せ、不満や怒りを吐き出していた、と。

世の中に疲れた?、いやになった?。
過去に訪れたことのある秋葉原で、たくさんの人を殺す、と。
誰でもよかった、と。
幸せな人々がにくい?。
準備は万全。
時間を見ながら、計画を実行。
そこまでの執着心。

また、若者の凶悪事件が…。
頭の良い、めだたない、もの静かでまじめな?。
他者とのコミュニケーションがとれない、挫折に弱い…。
いろいろと言われる。

でも…。
ちょっと思う。

人や物を運ぶトラック。
それに乗って、地方から東京に出てきて、
集団の中につっこんだら…。
結果は見えている。
弱い者へのやつあたり?。
凶暴、暴力、凶悪…。

ナイフだってそうだ。
その場にいる人々を刺せば…。
死んでしまうかもしれない。
恐ろしい。

そうした外向きの、社会や集団に向いた意識とは…。
内向のタイプであれば、外向は未熟で劣等。
内的世界の成熟、外側との関わりを補い、成長させる…。

理屈と感情は必ずしも一致していない。
関係づける、理由付けすることはできる。

世の中がいやになった、人を殺したくなった…。
理解することもできそうだが、
でも、何かおかしい。

確かに、冷静に見て理解することは大切。
それに至る環境、段階、プロセスがあったのだろう。
性格傾向、パーソナルはあるだろう。
全ての人が、そのような傾向を持つことはない。
集団には逆向きの力があって、バランスしようとしている。

自己顕示欲?。
なぜ、大きなトラックで静岡から東京へ出てきたのか?。
もの静かでめだたないような若者が、たくさんの人々の中に入り、
めだち、ナイフを向け、破壊し、傷つけたのか?。
そうしたエネルギーが蓄積されていた?。

傷ついた自己、満たされなかった、願いが叶わなかった、
その原因は全て周囲にあるのか?。
他者が、周囲が、社会が、国家が、世界が、時代が悪いのか?。
だから、大衆を脅かし、恐れさせ、傷つけても良いというのか?。
他罰が良いというのか?。
それでも自己が正しいというのか?。

罪と罰。
死刑という重い刑罰がありながら、
どうして、殺人を犯すのか?。

こういう犯罪は、現代の社会の病理だという専門家がいる。
社会を映し出した鏡だという。

感情に任せた、怒り、暴力に任せた行動。
環境に適応できなかった、順応できなかった、自己を生かせなかった…。
挫折し、傷つき、失望し、絶望視。
破壊的、破滅的な言動。

今のような時代だから、社会だから、
このような事件が起きるのか?。

でも、人を殺してはならない。
人の命を奪ってはならない。

傷ついている、苦しんでいるのはあなただけではない。
その原因、責任の所在は他者だけのものでもない。

もし、社会だけが悪いなら、私とか、あなたが被害者だというなら…。
社会の意識はその集団のメンバー全員に作用する?。
反対に、その集団のメンバー全ての意識がその社会を作っている?。
私の意識、あなたの意識がその集団を作る?。
だから、そのメンバーの意識が変わること、
その社会の意識が変わること。
それが大事では…。

被害に遭われた方々に、
ご冥福をお祈りします。

自分にできることは自分で。
他者の助けが必要なときはちゃんと助けていただいて。
人々は弱くて、でも、強い。
だから、お互いに関わり合い、助け合い。

自己の欲望のみが、願いだけが叶うことが、社会の、集団の幸福ではない。
他者の願いがかなう、満たされることは、
私にとっては必ずしも喜びでないかもしれない、退屈かもしれない。

私が幸せを感じられることの大切さ、
あなたや他者が幸せを感じられることの大切さ。
その社会、集団が弱くもありながら、強くあること。
傷を持ちながら、自立しながら、お互いに助け合えること。
できる範囲で他者を助け、必要な範囲で助けていただく。

これからの社会がより良くなりますように。

ちょっと、そんなことを思った。
戻る