ホームページは情報がいっぱい。

最終更新日:2006-04-21

たしか、1999年の夏頃だった。
音声読み上げ機能のあるパソコンで、ホームページが閲覧できる・・・
と聞いた。
何でも、ホームページはインターネット上にあって、
いろいろな情報を発信している・・・と。
また、自分のホームページを作ればいろいろな人と交流できる、と。

その後機会があって、それを体験してみた。
で、その同じ年にプロバイダに申し込んだ。
ダイヤルアップ接続だった。

プロバイダの中には、契約するとメールアカウント、
ホームページスペースが基本で割り当てられるものもあった。
そして、IBMのHomePage Readerという音声対応の閲覧ソフトを
パソコンにインストールした。

WEBとか、HomePageのアドレスはhttpで始まっている。
そのアドレスを見つけてはアクセスしてみた。
yahooの検索などを使っていろいろな情報を検索したりした。
ちょっと便利でおもしろい。

インターネットは一番新しいメディア。
でも、まだまだ未成熟なメディア。
いろいろな問題が明らかになる。
アダルトサイトだったり、スパイウェアが組み込まれていたり、
閲覧しているパソコンから情報を盗み取ろうとしていたり、
パソコンにウイルスなどの悪影響を与えようとしていたり、
他の悪質なサイトへ誘っていたり・・・。
もちろん、ちゃんとしたサイトもたくさんあるが。

ということは・・・。
WEBが誕生して、多くの人たちがそれを利用するようになって、
欲も悪くも発展して、いろいろな問題も明らかになって。
それがよりよく成長するためには、常に問題意識を持って、
それらに対処して、通報する人、調査するところ、
監視して取り締まるところなどが協力してできあがるのだろう。

戻る