マザーボード選び

最終更新日:2006-09-13

自分が使いたいパソコンのイメージが見えてきたら、パーツを選んでいく。
マザーボード(メインボード)。
この大きなボードにはたくさんの部品が取り付けられている。
そして、CPUやメモリ、その他インターフェースボードなどの大切なパーツが乗る。

もし、使いたいCPUが決まったら、それに対応するマザーボードを選ぶ。
また、使いたいマザーボードを選んだら、それに対応するパーツを決めていく。

マザーボードをみると、サイズが大きいもの、小さいものがある。
もちろん、小さなマザーボードは大きなパソコンケースに入るが、
その逆は無理である。
使いたいパソコンケースとの関係もある。
コンパクトにしたいならばミニサイズのマザーボードも良いだろう。

パソコンの背面にはいろいろな接続のためのコネクタが開いている。
キーボード、マウス、ディスプレイ、スピーカー、マイク、
USB、LAN、IEEE、パラレル、シリアルなど。
それらコネクタの種類や数で選ぶとか。

接続できるHDDの種類でも、E-IDEとか、
最近のようにシリアルATAに対応したものもある。

最大で乗せられるメモリ容量の違いもある。

マザーボードにオンボードで乗っているもの、
グラフィックボードとかサウンドボード、
ネットワークボードなどの違いとか。

使いたいOSによって決めるとか。

マザーボードもメーカーによってかなり異なる。

そして、このマザーボードもその他のパーツとの相性を考えて選ぶことが
大切である。

戻る