フロッピーディスク選び

最終更新日:2006-09-13

自分が使いたいパソコンのイメージが見えてきたら、パーツを選んでいく。
フロッピーディスク。

ハードディスクがなかった昔。
フロッピーディスクはとても重要なメディアだった。
最近ではハードディスクはあたりまえ。
大容量になった。
低価格になった。
CDから起動することもできる。
そして、フロッピーディスクをほとんど使わなくなった。
パソコンを購入するとき、FDDがオプションになっていて
標準ではついていないこともある。

では、フロッピーディスクは必要ないのだろうか。

PCのパーツを買ったときとか、何かソフトを買ったときなど
3.5インチのフロッピーディスクがついていて、
補助ドライバやプログラム、データなどが保存されていることもある。

WindowsなどのOSを自動インストール(無人インストール)する際、
フロッピーディスクにインストール用の設定ファイルを保存しておいて
使用することもある。

そういうことを考えると
フロッピーディスクも必要になるかもしれない。

ノーブランド、バルク品もある。
1000円以下というのもある。
特別フロッピーディスクに拘らないならば、低価格でも良い。

フロッピーディスクにも高いものもある。
性能が良い、処理速度が速い、動作音が静かなど。

フロッピーディスクに2モード、3モードなどがある。
PCAT互換機ならば2モードで良い。
720kb, 1.44mbのディスクの読み書きができる。

旧NEC PC98シリーズなどは3モードが必要になることがある。
640kb, 1.2mbなどの容量のディスクの読み書きができる。

戻る