CD/DVD選び

最終更新日:2006-09-13

自分が使いたいパソコンのイメージが見えてきたら、パーツを選んでいく。
CD/DVDドライブ。

最近では、CDドライブだけでなく、DVDマルチドライブも
だいぶ安くなっている。
ものによっては5000円ぐらいからある。
DVDマルチドライブなので、CD/DVDの読み込み、専用のディスクへの書き込みもできる。
これも必要なパーツである。

OSのソフト、アプリケーションソフトなどはCDやDVDディスクに入っていることが多い。
それをインストールするにはCDやDVDドライブが必要になる。

それらのドライブとパソコンとの接続方法は
パラレルATAとか、USBとか、SCSIなどがある。
そして、最近のS-ATAもある。
ここはマザーボードの対応とも関係がある。

DOSでパソコンを起動する場合、
標準的にサポートされているパラレルATAなどが良い。

CD/DVDの読み込みだけがサポートされている機種では、
ディスクに保存されている情報を読み取ることだけができる。

CD-RW, DVD-rwなどもサポートされている機種では
専用のディスクに書き込むことができる。
ハードディスクのバックアップ、大容量データのバックアップなどができる。

CD-R, DVD-Rなどのブランクメディアは昔よりも価格が安くなっている。
これらのディスクは一度書き込むと書き換えることはできない。
CD-RW, DVD-RWなどは書き換えができる。

CD/DVDドライブにはいろいろな処理速度がある。
処理速度の速いものは読み書きの時間が短縮できる反面、
動作音が大きくなる。
そして、書き込み用のブランクメディアには対応の処理速度
(倍率)の違いがある。
書き込み速度が間に合わないと、書き込みエラーが発生する。

そこで、ドライブには書き込みエラーを防止する機能がついたものもある。

また、これらのドライブがあれば音楽CDやビデオDVDが閲覧できたり、
個人的にCDやDVDが作成できる。

パーツの相性をみたり、性能をみたり、添付のソフトなどで選ぶと良い。

戻る