メールのマナー。

最終更新日:2006-04-16

この便利な電子メールも、マナーを守って使わないと
いろいろと困ったことになる。

例えば。
メールは相手に情報を伝えるもの。
相手と情報交換するもの。
文章以外に画像や添付ファイルをつけるとき、
メールのサイズがあまり巨大にならないようにとか、
ちょっと相手に許可をとってから送るなど。

自分のメールアドレスができたので誰かに教える。
ホームページを作ったのでそこに掲載する。
いろいろなサイトに登録したり、検証応募で登録したりして
自分のメールアドレスが知られていく。

そんなとき、そのメールアドレスがちゃんとした目的、
良い方向に使われるなら問題はない。
でも、メールアドレスの収集を目的にしていたり、
ウイルスメールや迷惑メールの送り先として
悪用されるなら困ったことになる。

知らない人から添付ファイルのついたメールがきたり
勧誘だったり、ひと間違いのメールがきたり。
そんなメールは読まず、開かずに削除すること。
添付ファイルを開いてウイルスに感染したり、
おかしなメールに返信して自分のアドレスが相手に送られたり。
そうならないために、きちんと対策を立てておくこと。
そして、メールサーバーに迷惑メール対策があればそれを利用したり、
ウイルス対策ソフトなどを使用することも大切。

本当に大切なアドレスは信用できる相手にのみ使用するとか、
それ以外の場合にはフリーメールのアドレスを使うなど。
そうすることで、よりよいメール環境を維持して、
楽しくよりよく便利にメールを使う。

戻る