将来のメール。

最終更新日:2006-04-16

電子メールのお世話になっていて、ちょっと思うこと。

私が初めてメールを使っていた頃。
友人や知り合いの人とメールアドレスの交換をした。
でも、やりとりするメールの数はそれほど多くなかった。
その後、メーリングリストに登録した。
メールマガジンを購読した。
そして、受信するメールの数が増えた。

ホームページを作って、メールアドレスを公開した。
メールマガジンを発行した。
いつしか迷惑メールがくるようになった。
怪しいメールがきたとき、登録解除のアドレスに送信した。

電子メールは、コンピュータとコンピュータがデータのやりとりをしている。
良いことに利用するなら便利で良いのだが、
悪用されてしまうと困ったことになる。

毎日迷惑メールがくるようになってしばらくした頃、
そのメールアドレスを停止するために
プロバイダを解約した。
そのころはまだサーバーに迷惑メール対策はなかった。

最近では、複数の大手のメールサーバーで
迷惑メール対策、ウイルス対策が行われている。
また、迷惑メールを通報するシステムもある。
そのせいか、迷惑メールを直接見ていない。
でも、メールサーバーには迷惑メールを何通
受信したというような表示がある。

きっと、今後も迷惑メールはなくならないのだろう。
それなら、今後ももっともっとメールサーバーを
強化していって欲しい。

メールサーバーをユーザーが設定して、
htmlメール、添付メールの拒否、
添付ファイルの削除、
迷惑メール、ウイルスメールの拒否など。
また、迷惑メールの通報、
それを送信しているサーバーのアドレス監視。
そういうことによって、よりよいメール環境が
維持されると良い。

ちょっと、そんなことを願っている。

戻る