メールマガジンを読んだり書いたり

最終更新日:2006-10-05

メールマガジンを読んでいると、自分も発行してみたくなる。
音声ブラウザでうまく使用できるのかどうか。

そこで、まぐまぐに発行者の登録をしてみる。
サンプル誌を用意する。
最初のメールマガジンは「ちょっとバリアフリー」というもの。
登録申請をしたのだが、何故だか承認されない。

ある人から、サンプル誌のあるホームページアドレスが
アクセスしてもリンク切れになっている、と。
これは、アップロードのミス。
そこを修正したら承認された。

そして、メールマガジンを発行した。
読者さんからメールがきた。
これは励みになる。

その後、C言語初級編、C言語入門などを発行してきた。
今年は、おいしい料理入門も。

そうそう。
インターネットは新しいメディア。
ホームページなどは、ネット上のコンピュータに
データが置かれていて、そこにアクセスする。
メールなどは、電子データがネットの中を流れている。
送信側と受信側でやりとりしている。
メールマガジン、メーリングリストなどにより、
ネットの中を大量の情報が流れているのだろう。

続く

戻る