自作したフリーソフトウェアの公開及び配布を行うサイトです.
Latest Update: 2015.10.15 / Since: 2002.10.25
Access Count

公開中のフリーソフトウェア


TCP Monitor Plus

概要


TCP Monitor Plus は、Windows用のTCP/IPネットワークモニターです。
LANやインターネットのトラフィック量表示やIP監視、セッション状態の
モニタリングが可能です。また、NSLOOKUP、NETSTAT、WHOIS、
通信ログファイル出力などの機能もあります。
タスクトレイに常駐することも出来るので邪魔になりません。

[対応OS] Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

※一部のバージョンのWindowsでは機能に制限があります。 [詳細は→]
※このソフトウェアはWindowsXP/7で動作確認しています。
※64bitOSでは32bitアプリとして動作します。


ダウンロード


最新バージョン



Ver2.73 [ tcpmon273.zip ]

( FileSize: 349,352 Byte )



更新履歴


Ver2.73の更新について (2015-10-15)
・トラフィックモニターの詳細情報で表記ミスを修正しました。
・その他

Ver2.72の更新について (2015-09-18)
・トラフィックモニターのフォントに関するオプションを追加しました。
・その他、細かい修正・追加
Ver2.72のDownload [ tcpmon272.zip ]

Ver2.71の更新について (2015-07-02)
・セッションモニターのソート不具合を修正しました。
・他言語表示時のシステムメニューとログファイルが文字化けする不具合を修正しました。
・休止状態からの復帰時に累計値とログの保存タイミングを変更しました。
・トラフィックモニターの [CTRL+ホイール回転] でフォントサイズの変更を可能にしました。
・トラフィックモニターの [CTRL+ホイールクリック] で2重サンプリングの切り替えを可能にしました。
・ミニモニターの [CTRL+ホイール回転] でフォントサイズの変更を可能にしました。
・ミニモニターの [ホイールクリック] でサイズ変更枠の[有/無]を選択可能にしました。
・Windows 10 Insider Previewでの動作確認。
・その他
Ver2.71のDownload [ tcpmon271.zip ]

Ver2.70の更新について (2015-02-13)
・セッションモニターの通信時間の不具合を修正しました。
・WHOIS検索JPRSの文字コードがUTF-8に変更された事により発生していた文字化けを修正しました。
・その他
Ver2.70のDownload [ tcpmon270.zip ]

Ver2.69の更新について (2014-08-23)
・セッションの切断ルールにログ出力を抑制する『NOLOG』を追加しました。
Ver2.69のDownload [ tcpmon269.zip ]

[ Vectorのダウンロードページへ ]

>> すべての更新履歴

次バージョンの予定など

・その他、不具合報告等に関する修正や要望など
(簡単に実装出来そうなもの優先です。すみません)

インストール・アンインストール方法

インストール

インストーラー等は使用しません。
アーカイブを解凍すると実行ファイルがありますので、ショートカットを作るなりして使用してください。
以前のバージョンのファイルは上書きしても構いません。

※ 上書きでバージョンアップした時に動作が安定しない場合は、tcpmon.iniを削除してから再起動してみてください。
※ すべての保存ファイル(設定やログ)は実行ファイルがある場所と同じなので、USBメモリーでの実行も可です。
※ 別途必要なライブラリはありません。

アンインストール

アンインストール用の実行ファイルはありません。
エクスプローラ等で、実行ファイル等を解凍したフォルダごと削除してください。
Windowsのレジストリは一切使用していません。

掲載誌

過去に掲載されたPC関連雑誌などです。

  • 宝島社 Windows98/Me究極の快適設定2005 (2月3日発売)
  • WindowsXPWorld Vol.8 (2005年1月31日発売予定)
  • エンターブレイン フリーウェア年鑑2005 (2005年1月17日)
  • 晋遊舎「iP!」8月号
  • 「PCJapan」6月号
  • 「PCJapan」5月号
  • 晋遊舎「iP!」4月号
  • 遊ぶインターネット Men's STRONG 5月号
  • 月刊アスキー 4月号
  • 「PCJapan」4月号




Traffic Management Controller

概要

Traffic Management Controller は、トラフィック量によってシャットダウンするツールです。
送受信量によって再起動や電源を切る、コマンド実行、プロセス強制終了などを行います。
また、帯域制限機能によって転送量を調整することも可能です。

[対応OS] Windows 2000/XP
TCP Monitor Plus Ver2.00以降が必要

各機能について

操作方法、各機能についてはこちら参照してください。
Traffic Management Controller の操作説明
帯域制限機能の説明

ダウンロード


最新バージョン



Ver0.50 [ trafficcon050.zip ]

( FileSize: 152,548 Byte )



更新履歴


Ver0.50の更新について (2014-07-30)
・リストビューの表示を一部変更しました。
・アクション(全ての待機中イベントの監視を再開)を追加しました。
・その他細かい修正。

Ver0.40の更新について (2013-09-11)
・トレイアイコンをCPU/MEM使用率に変更しました。
・イベントの実行までの待機時間を1~30秒後の範囲で変更可能にしました。
・リストビュー表示の調整と一部変更
・その他
Ver0.40のDownload [ trafficcon040.zip ]

Ver0.30の更新について (2011-08-23)
・リストビュー描画の不具合を修正しました。
・ Ctrl+↑、Ctrl+↓でアイテム移動が可能になりました。
・その他
Ver0.30のDownload [ trafficcon030.zip ]

Ver0.24の更新について (2010-05-12)
・条件にシステム時刻の時間毎を追加しました。
Ver0.24のDownload [ trafficcon024.zip ]

>> すべての更新履歴

インストール・アンインストール方法

インストーラー等は使用しません。
アーカイブを解凍すると実行ファイルがありますので、ショートカットを作るなりして使用してください。
アンインストールは、実行ファイル等を解凍したフォルダごと削除してください。
Windowsのレジストリは一切使用していません。