<< Back

Windows 対応ソフトの開発について

Windows 対応ソフトの開発について

AzPainter の Windows 版ソフトを更新してほしいという要望をたまに頂くのですが、
現時点では、Windows 対応ソフトは今後一切作るつもりはないので、申し訳ないとは思いますが、お断りさせていただいています。

Windows 専用ソフトとして作ることはもちろん、Linux をメインにしつつ Windows にも対応するといった開発も行っていくことはありません。

理由としては、以下のようになります。


Windows は XP 以降使っていませんし、所持していません。
私は軽量で快適な OS を求めているので、現在の Linux 環境が快適で何の問題もないため、もう重い Windows は使う気になれません…。

私はあくまで趣味の範囲でソフトを作っているので、基本的に自分が欲しいものや使いたいものを自分で作るというスタイルです。
そのため、自分が使わない Windows ソフトを、わざわざ苦労して作る気にはなれないというのも理由の一つです。

さらに、Windows ソフトとなるとユーザーが多いので、要望や質問などが比較的多く来るため、それらのサポートを行うのが結構な負担になることがあります。
今は Windows の頃と比べるとほとんど来ないので、開発に集中できて、とても楽です。

About development of Windows compatible software

I sometimes get the desire to update AzPainter's Windows version software, but at this time I do not plan to make any Windows compatible software at all,I am sorry but I will refuse it.
As well as making it as Windows specialized software, I will never develop such as mainly Linux, while also supporting Windows.

The reason is as follows.


Windows does not use XP or later and does not possess it.
Since I am seeking a lightweight and comfortable OS, the current Linux environment is comfortable and there is nothing wrong, so I can not use heavy Windows anymore.

Since I am making software for the purpose of my hobbies to the last, basically it is the style that I make what I want and what I want to use myself.
Therefore, one reason is that it does not bother to make the trouble to make Windows software that you do not use.

In addition, there are many users when it comes to Windows software, so requests and questions and so on are relatively many, so it may be a great burden to support them.
Since it hardly comes now compared with Windows, I can concentrate on development and it is very easy.