タイトルイメージImg
        試用は,

  試用は,無料です。  是非,使ってみてください。


最新のヴァージョンは,v.1.0.1です。既にWorkPlan3をインストールされている方がUPLoadされたプログラムを入手するには,ここをクリックしてください。
必要なファイル(WorkPlan3+Img.exe,WP3メモ帳.exe,WorkPkan3help.chm,+Imagehelp.chm,InstWP3.exe,UnInstWP3.exe,WP3DataFileEdit.exe)をダウンロードできます。これまでのファイルを上書きしてください。.

WorkPlan3とは ??
 仕事の準備計画を立て,それぞれの準備段階で作成したデータ(アプリデータ,画像,音声 等のデータ)をそれぞれの段階毎に記録(データパス)し,仕事の進み具合を見通したり,これまでのデータを貴重な資料として生かすアプリケーションです。

※年度当初等に自分が関わる行事,事業の実施日を分かっている範囲で一年分入力しただけで,年間の見通しが立ちます。その後,時間が取れる時に,それらのイベントへの準備や後始末等を入力していきます。入力する順番はどうでも良く,後で並べ替えられます。始めから完全な計画を入力する必要はありません。

                           最新バージョン: v.1.0.1  今回のバージョンアップ
 これまでの「WorkPlan3」にプロジェクト関連画像の表示機能を付加し,新たに「WorkPlan3+Img」(ワークプランスリープラスイメージ)としてリニューアルしました。
 プロジェクト毎に写真等の画像データを振り分けて記録し,プロジェクト毎に表示するというものです。記録する際には,リサイズしてストレージ消費を少なくします。(もちろん,画像をそのままのサイズで記録することも選択できます。)
 プロジェクト毎の表示は3プロジェクトまで同時に表示できますので,前年と前々年のプロジェクトの様子を比較表示することができます。
 WorkPlan3は元々仕事で使っていたのですが,退職後に家庭菜園の運営に使うことが多くなりました。このことを他の方に話す機会があり,その際にの作物の生育記録を表示し比較できないか,という話がありました。 そこで,付加したのが今回の機能です。

 WorkPlan3と今回のWorkPlan3+Imgの正規使用パスワードは同じなので,これまでWorkPlan3をご使用になられていた方は,そのままバージョンアップしてWorkPlan3+Imgに移行できます。また,使用データもそのままです。(WorkPlan3+ImgNeed.zipをダウンロードしてお使いください。)
 

Information
「WorkPlan3+Img」は,シェアウエアです。「試用」は無料ですが,@記録できるのが40行までという制限と,Aプロジェクト毎の画像表示が1プロジェクトのみという制限があります。その他は正規使用と全く同じです。気に入ったら,是非,正規使用の申込をお願い致します。
 登録して頂いた方が複数のハードウエアをお持ちの場合でも,登録料を別に支払う必要はありません。基本的には,登録料は試用者一人についてのものとお考えください。
  また,今後のヴァージョンアップでも継続して使用できます。
お問い合わせ
 使用方法,感想,ご意見等有りましたら,メールでお寄せください。出来るだけ早くお答えしたいと思います。
 Email  tasogarekikaku@aug.so-net.jp

  Information
画面の移動と大きさを変える
画面の移動は,画面の一番上のバー(タイトルバー)をドラッグしてください。移動位置は,記憶されます。
 画面の大きさを変えるには,画面端にカーソルを移動したときに,拡大縮小矢印が表示されたら,そこでドラッグします大きさは記憶されます。

☆各画面でのほぼ共通の操作
     左クリック=>選択
        右クリック=>編集訂正,画面やリスト等の表示を消す
     ダブルクリック=>選択確定

☆WorkPlan3+Imgで必要なファイル
 WorkPlan3+Img.exe,メモ帳.exe,WorkPlan3Help.chm,WorkPlan3+ImgHelp.chm,InstWP3.exe,UnInstWP3.exe,WP3DataFileEdit.exeの7つです。
データファイルは,*.wp3pと*.wp3m,WP3TmpStockFileの3つです。(無い場合は,作られます。)
(Windows7の場合は,Net FrameWork 4.5が必要です)
 ダウンロードファイル「WorkPlan3v○○○.zip」には,上記ファイル以外のファイルが沢山入っています。これは,プロジェクトファイルに「SampleWP3Data.wp3p」を指定した場合に「SampleWP3Data.wp3p」に記録されているデータファイルが無いと呼び出せずにエラーとなってしまうので入れてあるだけです。本来は,要らないファイルです。自分のPCで作ったプロジェクトデータファイル(○○.wp3p)なら,当然,データファイルとそれを作ったアプリが自分のPCに入っているはずなので
チェック画面の右下のファイルリストでファイルをダブルクリックすればアプリが起動してファイルが呼び出されるはずです。
 
                         

newpage1.htmlへのリンク