« How I Like to Play Bridge »
by W. Somerset Maugham
« ブリッジを楽しむ »
W. サマセット モーム
日本語訳:  boco_san

 ブリッジについて何か書くには,私は全く不適格である。 なぜなら,私は並みのプレイヤーに過ぎない。パートナーとしての私の取り柄と言えば, そういう自分を わきまえていることだ。だから, ブリッジについて何か書くと いう大それたことなど,夢にも思わなかった。ところが,そんな私に, Charles Goren が,既に書き上げて出版するばかりになっている ビッドの本に,なんと序文を書いてくれと言ってきたのだ。

         I am not at all the proper person to write an article on bridge, for I am an indifferent player and my chief asset as a partner is that I never have thought myself anything else.   Nor would it ever have occurred to me to embark on such an undertaking, if Charles Goren hadn't asked me to write an introduction to a book on bidding that he was about to publish.  

 誰もが知るように,Charles Goren は 世界のトップ級プレイヤーである。 私は,この申し出をすぐさま受け入れた。この申し出は,私への敬意の大きな表れである。 私はとても誇らしく思った。 ちょうど,海軍大尉が提督の命を受け,旗艦を率いて 海戦に赴くような気分だった。

         Everyone knows that Charles Goren is one of the greatest bridge players in the world, and I accepted his suggestion with alacrity.  It was a great compliment he paid me, and I felt proud as a lieutenant might feel if he were bidden by his admiral to lead the flagship into battle.  

 私は,もともと理想に走るタイプの人間である。 とはいえ,この世で うまく立ちまわる術 (すべ) も 心得ている。 だから,そのとき,条件を今この場でお伝えする必要がありますね と言った。 すると,Goren は顔色を変えた。条件とは,私と食事をして,ブリッジをすることだった。 Goren は 安堵の息をついて,この条件を呑んだ。

         But having a practical side to an otherwise idealistic nature, I told him I thought I should let him know at once what my terms were.   He paled.   They were that he should dine and play bridge with me.   He heaved a sip of relief and accepted.  

  お金を損するだろうということは,もちろん,分かっていた。しかし,どれだけ損するとしても,ブリッジの楽しみの方が上回るに違いなかった。
  私がこれまで一流のライフ・マスターとプレイしたのは,5〜6 回に過ぎない。そんな僅かな経験から推し量るのは 乱暴かも知れないが,二流や三流の人よりも,一流の人の方が一緒にプレイしやすい。 なぜなら,一流の人は,自分のすることに歴 (れっき) とした 理由があり,ビッドするときにも言いたいことが はっきりしていて, よく分かるからだ。
  ブリッジというのは,もともと難しいゲームだが,常識に依らず当て感に頼ったり, 自分の願望のために判断を歪めるような類の人を相手にすると,いっそう難しいゲームになる。

         Of course I knew I should lose my money, but I was certain that the fun it would be must make whatever it cost well worth it.   I have played only half a dozen times with life masters and it is rash to generalize on such slight experience, but it has seemed to me that they are easier to play with than players of the second or third class, for you know they have a good reason for doing what they do, and when they make a bid, mean what they say.  
         Bridge is a much more difficult game when one has to deal with players who trust their hunches rather than their common sense and allow their wishes to warp their judgment.  

  この記念すべき晩は,私にとってハッピー・エンドだった。エースもキングも全部揃っていて, 私の一人勝ちだった。

  そこでさて,序文を書こうと Charles Goren のビッドの教科書を開いてみた。 だが,そこに書いてあるルールを全部覚えるなんて無理なことだ。覚えようとしても, 混乱するだけだ。けれども,そのとき,はっと思いついた。本当に守らなければならないルールは, そのうちのごく僅か … たぶん 5〜6 個で,残りは俗識からでも分かる。 だから,俗識があって,それを働かせば,過大なルールで頭をこんがらかす必要は無いのだと。 要するに簡単なことだ。冷静な頭と,2 足す 2 がいくらになるかをちゃんと計算できる能力とがあって,自分の手を正確に伝えられれば,それだけでパートナーの役は 十分に務まるし, 敵に回せば脅威なのだ。

         My story has a happy ending.   On that momentous evening, I held all the aces and kings and rose from the table the only winner.

         When, then, I came to read Charles Goren's standard Book on Bidding in order to write my introduction, I felt I could never hope to remember all the rules it gave, and that to try to do so would only confuse me.   But presently it dawned upon me that very few of them, not more than half a dozen perhaps, are obligatory rules which must be followed as you follow those of any game − and that the rest depended on horse sense, so that if you had that and were prepared to abide by it, you need not clutter up your brain with any great number of precepts.  The moral was clear: if you have a cool head, the ability to put two and two together and get the right answer, and if you will tell the exact truth about your hand, you will be a useful partner and a formidable opponent.

  そんなことを書き終えて,はたと気づいた。
ブリッジについて言いたいことは いろいろあるのに,今まで言う機会が無かったのだ。 それを,今ここに書こうと思う。

         But having finished my pieces, I found that I had various things to say about bridge which I had not had occasion to say.   I am going to say them now.

  最初に言いたいのは,ブリッジしない人たちの言い分への反論だ。 ブリッジしない人たちは,ブリッジする人たちに対して得てしてお高くとまっていて, あんなつまらない遊びごとに頭の良さような人たちが無駄な時間を使うのはおかしいと言う。
  でも,この言い分は,ばかばかしい。暇な時間というものは誰にでも少しはあるし,息抜きも必要だ。 こういう横柄な人たちにアンケートして,暇な時間をどう過ごしているか,とか, どうやって息抜きしているかを調べれば,「おしゃべり」 という答が 返ってくるかもしれない。

         The first thing I want to do is to remonstrate with the people who don't play bridge.   They are apt to be hoity-toity with those of us who do, and tell us they can't understand how presumably intelligent persons can waste their time on such an idle pastime.   That is stuff and nonsense.   Everyone has a certain amount of leisure and everyone needs distraction, and when you come to inquire of these supercilious folk how they prefer to occupy their leisure and in what they seek their distraction, the chances are that they will say in conversation.  

  おしゃべり派には,聴き手が要る。ブリッジをすれば,おしゃべりができない。辛かろう。 でも,本当のことを言うと,一遍に 3 時間も 4 時間も楽しい話を続けられる人は,少ない。 そんな天賦の才能を持つ人は,ごく一握りだ。それに,そういう人が居たとしても, 長い話には誰でも飽きる。そして,そんなふうを続ければ,おしゃべりを独占してしまって, 他の人が我慢できなくなる。

         The conversationalist needs an audience, and it is true that the bridge table robs him of it.   No wonder he is bitter.   But the fact is that few people can talk entertainingly for three or four hours at a time.   It needs gifts that few of us possess, and even the most brilliant talker grows tedious, if he goes on too long; and when, as he is apt to do, he monopolizes the conversation, he is intolerable.  

  えっ,ブリッジするよりも,名作を読む方が,ずっとあなたの心のためになりますよって ?
  そういう自己改善のために暇な時間を当てようという人は,多くはない。 ブリッジができないときには,むしろ,推理小説を手に取る。実際,私はもう何百冊も読んだ。 胸に手を当ててよく考えてみると,さっき読んだばかりの "推理もの" から心に受けた有り難みと, 半ダースの激戦ラバーとでは,比較にならない。

         I dare say it profits the soul more to read great literature than to play bridge, but not many of us are prepared to spend our leisure in that improving pursuit.  When we can't get a game of bridge, we are more likely to take up a detective story.   I have read hundreds of them myself, − but I cannot put my hand on my heart and say that I am conscious of receiving more spiritual benefit from reading the latest whodunit than from playing half a dozen hard fought rubbers.

  文句を付けたい人には,言わせておけばいい。
自分が的外れだということが,分かっていないのです。
私の流儀では,こどもたちに,必修科目としてブリッジを教えたい。ちょうど, ダンスを教えるように。でも最後には,ブリッジの方が役に立つ。なぜなら, 禿の でぶっちょ になったら,それらしく踊ることなんて もうできません。 ダンスが駄目でも,テニスやゴルフでパートナーのお相手を続ける … なんて楽しみも 中年過ぎたら もう満足にはできません。でも,ブリッジならできる … テーブルについて,次々にカードをプレイできれば。
  スポーツ,恋,野心,すべてが終っても,ブリッジは,心の慰めと楽しみとして残ります。

         No, let the carping carp, they don't know what they miss.   If I had my way, I would have children taught bridge as a matter of course, just as they are taught dancing.  
In the end, it will be more useful to them, for you cannot with seemliness continue to dance when you are bald and pot-bellied; nor, for the matter of that, can you with satisfaction to yourself or pleasure to your partners continue to play tennis or golf when you are past middle age; but you can play bridge as long as you can sit up at a table and tell one card from another.  
         In fact, when all else fails sport, love, ambition, bridge remains a solace and an entertainment.

  ただし,そうは言っても,誰もがブリッジを習うべきだと私は思いますが, 誰もがプリッジをプレイすべきだとは思いません。
  どんなにレッスンしても,本を読んでも,練習しても,カード・センスの無い人は駄目なのです。 こういう不幸な人たちにとって,カード・センスの無さは,色盲や音感外れと同様,生まれつきのものなので, ブリッジを諦めて,ソリテアやクロスワード・パズルなどをするしかありません。

         But though I think everybody should learn bridge, I do not think everybody should play it.   Not lessons, books, or practice will make players of those who have no card sense.   These unfortunate creatures must look upon it as a defect of nature, like tone deafness or colour blindness, and resign themselves to solitaire, crossword puzzles, or what not.

  ブリッジは,人間の知力がこれまでに考え出した最も面白い知的な カード ゲームです。 しかし,あまりにも多くの人が,このゲームを詰まらないものにして しまっているのは 残念です。
  たとえば,一つのハンドのプレイが終ると,自分がどんな 13 枚の カードを持っていたかを,パートナーに向かって言おうとする人がいます。 「ちゃんと見てましたよ。分かってます」。 心の中であなたは そう 言うでしょう。万一ちゃんと見ていなかったとしても,わざわざそんなことまで心配してくれる必要があるでしょうか ?
  さらにまた,カードを配っているときや,手の中でカードを並べ替えているときに, アニー叔母さんの話を始めたり,新しいアパートの部屋の内装での トラブルを話し始める人がいます。
どうやったら,これが止まるのか …

         Bridge is the most entertaining and intelligent card game the wit of man has so far devised, and I deplore the fact that so many people go cut of their way to make it a bore.  
         There are the people who, after a hand has been played, will tell you all the thirteen cards they held.   Well, you'd seen them played, so you know; but even if you didn't, why should they suppose you care ?  
Then there are the people who during the deal or when you're sorting your cards start to tell you about Aunt Annie's operation or the trouble they're having with decorators in their new apartment.
         There is no stopping them:

   "1 ハート",  あたたは ビッドします。
誰も見向きもしません。
   "ねぇ,この 2 週間,3人もの人に料理を頼んだのに,誰一人卵を茹でるのができなかったの。"
   "1 ハート", もう一度 ビッドします。
すると,あなたのパートナーが言い出します。
   "このあいだ,こんなことがあったんだ。カップルが来たんだ。 二人で車に乗ってね。建物は見たんだけど,入りもしない。そのまま 車で素通りさ。 … 日曜日には,お昼に8人さんにご馳走することになっていたけど。"
   "1 ハート",  あたたは ビッドします。
今度は,右手の人が割り込みます。
   "Betty が またいい人見つけたって知ってる ?"
今度は,左手の人が応えます。
   "Harry でしょ。何ヵ月も前から知ってるわ。あの娘さん,追っかけだから。"
 ここでちょっと気を引こうと "7ノートランプ" をビッドしようかと考えます。でも,それはちょっと無茶で,パートナーに嫌われるでしょう。ここは我慢の一手,
   "1 ハート",  あたたは 繰り返します。

         "One heart," you say.
They take no notice.
         "My dear, I've had three cooks in the last two weeks, and not one of them could boil an egg."
         "One heart," you repeat.   "Well I'll tell you what happened to me," says your partner.   "I got a couple.   They drove up in their car, looked at the house, and didn't even come in.   They just drove away, …, and I was expecting eight people to lunch on Sunday."
         "One heart," you say.
         "You know that Betty's got a new beau ?", the player on your right puts in.
         "Oh, you mean Harry," replies the player on your left.   "I've known that for months.   She always has liked heels."
         Just to get a little attention, you have a mind to say, "Seven no trumps," but of course it might be expensive and your partner wouldn't be sympathetic, so you meekly repeat, "One heart."

  でもこれは,ポスト・モーテムに比べたら,物の数ではありません。 ポスト・モーテムは,ゲームの楽しさをひっくりかえす大敵です。 退屈なだけでなく,無益です。
  というのは,あなたがプレイでミスを犯して気がつかなかった場合, どんなに議論しても,あなたはその指摘に納得しません。たとえ気がついて いても,自分の見栄から,おそらく,認めないでしょう。そこで,相手も矛を納め, 次のカードを配り始めます。

         But this is nothing compared with the post-mortem.  
It is the commonest nuisance that besets the game.   It is not only boring, but useless, for if you cannot see a mistake when you have made it, no argument will convince you of your error; and if you do see it, the probability is that your vanity will prevent you from acknowledging it; so the critic may just as well hold his piece and deal the next hand.  

  一番うまいやり方は,あなたのミスをパートナーが指摘したときに,直ちにそれを 認めることです。そして,次のハンドで もしもパートナーが代を高く上げ過ぎて 1400 点も ダウンしたら,そんな真似は二度とするな と上機嫌で言ってやりましょう。 このような 「天上の王国」 には,心から賛成です。

         It is a very good rule, when your partner points out a mistake you have made, to agree with him promptly and when on the next hand he lets you down fourteen hundred by grossly overcalling, to tell him cheerfully not to give it another thought.   Of such, you will say, is the Kingdom of Heaven, and I heartily agree.

  これまで私は,折にふれて,ブリッジの本を何冊も読みました。そして,罰当たりのこの 自分にも,役に立つことがいくつもありました。でも,多くの本の中で,強調されていない ことが一つあるのにびっくりしました。それは,一緒にプレイする人たちの性格を 素早くキャッチするのが有利だということです。

         From time to time, I have read books on bridge, profiting by them as much as it was in my sinful nature to do and I have been surprised that they lay no more stress than they do on the advantage it is to you to find out as quickly as you can something of the nature of the persons you are playing with.

  以前,私の友人にこんな男がいました。
彼が言うには,ブリッジのプレイのしかたから,その人の性格を 言い当てられるというのです。たぶん,自分自身のことを拡大解釈して いたのだと思います。そのプレイは,大胆,かつ太っ腹で,突進型でした。 そして,自分自身を,突進型で太っ腹の大胆な奴 と思いたがっていました。 職業は,画商でした。そのご自慢の取り柄を巧みに使い, 長年にわたって,古い二流画家の絵を,べらぼうな 高値でお金持ちに売りつけていました。

         I had a friend once who held the opinion that you could tell the character of people by the way they played.   I think he was generalizing on the single instance of himself.   He played a bold, generous, and dashing game, and he liked to think of himself as a dashing, generous and bold fellow.   He was a picture dealer and by the proper exercise of qualities on which he prided himself, succeeded for many years in selling many second-rate old masters to the rich at fantastic prices.  

  このような言い当てが,本当にできていたのかどうかは,分かりません。 けれども,パートナーおよび相手の特徴を正確に推測できれば,それがはっきり 役に立つことは,ほぼ間違いないでしょう。
  一方では,いつも低めにビッドする控えめな人がいます。他方, これと同様に いつも高めにビッドする積極的な人がいます。 また,明らかに誘いを受けてはいけないときに,約束事をきちんと守る慎重な人がいます。 さらにはまた,あなたがほんとの間抜けで いつでも狐騙しできると思っている狡賢い人もいます。 こんな人たちは,割合とすぐに品定めできるので,それぞれの特性に応じて対処できます。

         Well, I don't know whether there was truth in this notion but I'm pretty sure it is a distinct help if you can guess the peculiarities of your partners and opponents with accuracy.   There is the diffident player who consistently undercalls, the aggressive player who as consistently overcalls; there is the cautious player who follows the rule when it is obvious that the ride doesn't apply; there is the sly player who thinks you are such a fool he can fox you every time.   All these you can size up pretty quickly and deal with according to their idiosyncrasies.

  ところが,ここに,どうにも対処に困る人がいます。
この人は,パートナーも 13 枚のカードを持っていることが,念頭にありません。 パートナーのビッドを無視し,パートナーの警告に耳を貸しません。 地獄に落ちようが,高波に襲われようが,何のその,自分のハンドで思うまま … 挙句の果てにダブルを掛けられて何トリックもダウンすれば,それは ただ 運が悪かっただけと考える。 こんな手合いから
   "まぁ,やってみる値打ちはありましたね。"
と にこやかに言われなければ,運が良いほうでしょう。
  こういう人への対処法を書いた本を,私は今も探しています。
  こんな手合いをブートするのは たやすいですが,向こうさんは,どこ吹く風。  おまけに,こちらに代りの人がいなければ

         But there is one player whom I have never learned how to cope with and that is the player who never stops to consider that you also hold thirteen cards; he will ignore your bids, he will pay no attention to your warnings, come hell or high water he will take command of the hand, and when he has been doubled and gone down several tricks, he'll ascribe it to nothing but bad luck.   You are fortunate if he doesn't smile blandly and say, "Well, I think it was worth it, partner."   I am still looking for the book that will show me how to deal with him.   Shooting is too quick and too painless, and besides, there might not be another fourth available.

  ここまで書いて読み返してみると,良いブリッジに不可欠なものは,
嘘を言わないこと,頭が切れること,思いやりがあること, リスクを取ることを嫌わず 同時に 慎重であること,そして,覆水盆に返らず。
  でも,これらは,人生という もっと重要なゲームにも たぶん不可欠なものです。

         As I look now at what I have written, it seems to me that the essentials for playing a good game of bridge are to be truthful, clearheaded, and considerate, prudent but not averse to taking a risk, and not to cry over spilt milk.   And incidentally those are perhaps also the essentials for playing the more important game of life.


Saved from http://www.haroldschogger.com/Maugham.htm
with corrections and some CRLF's inserted to make it readable.

Valid HTML 4.01 TransitionalEnglish only
トップ・ページ