ようこそ FUNAKI_Soft  You are the visitor.




※ 作成した図形は Ctrl+[1] 後、カーソルキーで回転させることができます。

【公開中】

ぺいんとコロちゃんVer12.0


キーに筆先を割り当てました。(太さを変えながらカラーを濃い色から淡色に徐々に変化する機能を追加)
※ Ver12.2からデータ追加モードに移行できるようになります。
詳しくはイラスト作成マニュアルでご確認下さい。




ぺいんとコロちゃんVer11.9



タッチペンやマウスの軌道で太さを変え
曲線を作成してポイント描画しました。


著名な画家の自画像を参考に3D図形を作成しました。

それぞれ凸・凹一括処理を実施した場合、回転方向が逆になります。
凸面一括処理(Ctrl+Shift+[11])でZ座標を結合させた場合はカーソルキーの方向に回転します。
凹面一括処理(Ctrl+Shift+[12])でZ座標を結合させた場合はカーソルキーの反対方向に回転します。




ぺいんとコロちゃんVer11.2

王子稲荷の狐面から3D図形を作成しました。

半面作成後、凸一括処理で完成です。更に縦軸に高低差を付けることができます。



ぺいんとコロちゃんVer11.0

小宇宙.の作成手順及びデータを添付しました。



地図画像から3Dの道路データが作成できます。


作成した3D図形が滑らかに360度回転します。
3Dデータ及び作成例を添付しました。
ライセンス未登録でも作成できますのでお試し下さい。


書太郎シリーズで作成した行書体のひらがな、カタカナ及び般若心経の文字データ(200以上)を添付しました。

Ctrl+1 の後、カーソルキーを操作すれば簡易3Dで回転します。


ぺいんとコロちゃんVer10.8
図形の疑似3D機能で3Dデータを軽易に作成し回転させることができます。
書太郎シリーズの文字データを添付しました。(簡易3Dで回転します)



ぺいんとコロちゃんVer10.5
[背景継続呼出(MIDI)]は画像(楽譜等)がある場合
[サイズ調整呼出(MIDI)]は描画データがある場合
に設定しました。


ぺいんとコロちゃんVer10.4
MIDIファイルに楽器コードを追加するだけで演奏中楽器を変更できるようになりました。
演奏中に
レコードプレーヤーを描画できるようになりました。

ぺいんとコロちゃんVer10.3
[鍵盤呼出] からコード入力ができるようになりました。
Q〜P のキー で [M m M7 m7 7th mM7 sim ang sus4 その他] の コードを指定
 その後、Z〜のキーでルート音を決定します

ぺいんとコロちゃんVer10.2
楽器数を128
に増やしました

ぺいんとコロちゃんVer10.1
30種類以上の楽器
メロディーハーモニーに指定し演奏します。
音の強弱に対応しました。
[鍵盤呼出] ではテンキーを使った入力機能を追加しました。


MidiMimiちゃんVer2.8
音の強弱
を入力できるようになりました。

ぺいんとコロちゃんVer10.0
スライドショーで動作解析を操作する機能を追加しました。

前進・後退しながら瞬時に描画することができるようになりました。

行追加データの縦・横軸の1点を固定する機能を追加しました。


 行追加、横軸固定、下コピー、 色を替えて線を追加

ぺいんとコロちゃんVer9.1
CG & MIDIデータ再生 & 鍵盤指位置表示 ができます。

CGを描画後に鍵盤位置を表示させながら再生させることもできます。

MidiMimiちゃんの概要
Excel(VBA)を使って音符や音階からMIDIデータを作成できるツールです。

作成したMIDIデータはぺいんとコロちゃんで再生できます。  ※ ライセンス未登録でも再生できます。


MidiMimiちゃんでExcelと音楽をマスターして下さい。



『ぺいんとコロちゃん』の更新履歴です。
画像の図形を連続で移動する機能を追加(Ver8.6)
画像に図形を入力後、[ピンポイント連続移動] を選択し移動させたい場所をクリックして下さい。

フォトフレームのような機能を追加(Ver8.3)
MIDIを再生させながら画像(楽譜等)を逐次表示させます。

PCのキーボードでMIDIデータの作成ができるようになりました。(Ver7.2)

[短歌等呼出]にテキストフォーマットを追加(Ver6.6)
メモ帳で作成したテキスト文書を取り込んでスライドショーが可能になりました。

[短歌等呼出]を追加(Ver6.4)


カレンダー画像活用マニュアルを添付(Ver6.3)
[カレンダー]に平成30年の カレンダー.jpg・カレンダー.xlsを添付

チェックリストの項目を拡大表示する機能を追加しました。(Ver6.2)
 タッチペンに対応していますので日常会話を登録しておけば筆談ができます。


画像の指定色を透明にする機能の精度を向上(Ver5.0)

画像にチェックをいれる機能を追加(Ver4.9)

文字結合機能と文字列のみ保存機能を追加
(Ver4.8)
チェックリスト作成時に行番号を残したい場合に使用

文字入替呼出機能を追加(Ver4.7)
チェックリストやカラオケテロップを作成する際文字の入替が簡単にできるようになりました。


スライドショーを追加(Ver4.5)
画像データと描画データを組み合わせて連続して表示することができます。
画像とテロップを設定しバックでミュージックを再生すればカラオケができます。
[ファイル/スライドショー]から Sample.txt を呼出して下さい。
Ctrl + Space キー で次の画面に移行します。


【結合呼出】三つの動作解析データを結合させる機能を追加(Ver4.3)

【移動呼出】動作解析データを横に並べる機能を追加(Ver4.2)
正面のデータから簡易的に上方向・横方向から見たデータを作成し結合させて横に並べました。

【背景連続作成】描画データを背景として連続して作成する機能を追加(Ver3.8)
詰碁データ作成後背景として表示させてご使用下さい。

【ユーザー指定】ユーザー指定画像で球の軌跡を作成する機能を追加(Ver3.7)

【卓 球/テニス/バドミントン】 球の軌跡作成機能を追加(Ver3.5)

YouTubeに「卓球練習」「テニス練習」「バドミントン練習」として公開中です。

 

チェックリスト機能を追加(Ver3.2)
タッチペン(スタイラスペン)に対応

碁盤機能を追加(Ver2.9)

予 定 表
カレンダーの画像上に一項目づつ、予定表の種類ごとにデータファイルを作成し
¥ぺいんとコロちゃん¥にそれぞれをコピーし、連続ファイルを作成します。
※ファイル名連続作成マニュアル参照
[連続呼出]で()付連続ファイルを結合すれば完成です


射 撃:『F 的』を追加しました



登録ソフトの紹介    YouTube   公開中     ダウンロード