ようこそ FUNAKI_Soft  You are the visitor.


MidiMimiちゃんでExcelと音楽をマスターして下さい。

MidiMimiちゃんVer2.5を公開しました。

半音(♯♭)を処理する機能を追加しました

Ver2.4
アルペッジョ(コードの構成音を高さの順に奏でる)のデータ処理を追加しました。

楽譜画像にクリックだけで縦線が引ける、LineMimiちゃん を添付しました。


MidiMimiちゃんの概要
Excel(VBA)を使って音符や音階からMIDIデータを作成できるツールです。

作成したMIDIデータはぺいんとコロちゃんで再生できます。  ※ ライセンス未登録でも再生できます。


編集は数字で入力して下さい。


ダウンロード

ぺいんとコロちゃん新機能の紹介
画像の図形を連続で移動する機能を追加(Ver8.6)
画像に図形を入力後、[ピンポイント連続移動] を選択し移動させたい場所をクリックして下さい。


フォトフレームのような機能を追加(Ver8.3)
MIDIを再生させながら画像(楽譜等)を逐次表示させます。

MIDIスロー再生寝ながら簡単操作機能追加(Ver8.1)
スロー再生でリラックできます。

オカリナの指位置を追加しました。(Ver7.9)

MIDIデータ作成.xlsを更新しました。
和音付の音階・音符・鍵盤をそれぞれ変換できるようになり、作成と編集が容易になりました。
音符2からの入力とキーボードから音を聞きながらの入力がお奨めです。


入力画面を改良しました。(Ver7.3)
ALT+1〜9で時間の調整ができます。
ALT+P で蓄積データを再生します。
[BackSpace] キーで一つ戻ります。



PCのキーボードでMIDI作成ができるようになりました。(Ver7.2)
[ファイル/鍵盤呼出]を行って下さい。
Z〜Mの行をタッチして下さい。音を聞きながら作成できます。
矢印↑↓キーでオクターブが変更できます。BSキーで一つ戻ります。
[補助/MIDI再生]で記録データを再生します。
また、保存することができます。※ライセンス登録が必要です。

[一般警告音]が同時に再生されますが、再生しないように設定することができます。
Windowsシステムツール/コントロールパネル/ハードウエアとサウンド/スステムが出す音の変更/プログラムイベント/一般の警告音/(なし)




楽譜・キーボード・サウンドがリンクしました(Ver6.7)
[ファイル/スライドショー]から君が代和音.txt を選択して下さい。
音符と鍵盤の位置を表示しながら和音でMIDI演奏します。
[Readme] に MIDIデータ作成要領 を追加しました。



[短歌等呼出]にテキストフォーマットを追加(Ver6.6)
メモ帳で作成したテキスト文書を取り込んでスライドショーが可能になりました。

スライドショー実行時のキー操作を変更(Ver6.5)
マウス左 Or ↓で次に進み、マウス右 Or ↑ で戻り、← Or Homeで最初に、
→ Or End で最後に移動します。

タッチペンの場合は[補助/スライド 最初]・[補助/スライド 最後]で移動

[短歌等呼出]を追加(Ver6.4)



カレンダー画像活用マニュアルを添付(Ver6.3)
[カレンダー]に平成30年の カレンダー.jpg・カレンダー.xlsを添付

チェックリストの項目を拡大表示する機能を追加しました。(Ver6.2)
 タッチペンに対応していますので日常会話を登録しておけば筆談ができます。



富士山の夕日をスライドショーでも表示できるようになりました。夕日.txt を呼出して下さい

画像の指定色を透明にする機能の精度を向上(Ver5.0)

画像にチェックをいれる機能を追加(Ver4.9)

文字結合機能と文字列のみ保存機能を追加
(Ver4.8)
チェックリスト作成時に行番号を残したい場合に使用

文字入替呼出機能を追加(Ver4.7)
チェックリストやカラオケテロップを作成する際文字の入替が簡単にできるようになりました。
詳しくは[ファイル/スライドショー]から Sample.txt を呼出してご確認下さい

チェックリスト機能を更新(Ver4.6)
項目を選択できるようにしました。
Sample.txt、認知症チェック.txtを添付しました。

スライドショーを追加(Ver4.5)
画像データと描画データを組み合わせて連続して表示することができます。
画像とテロップを設定しバックでミュージックを再生すればカラオケができます。
[ファイル/スライドショー]から Sample.txt を呼出して下さい。
Ctrl + Space キー で次の画面に移行します。


【結合呼出】三つの動作解析データを結合させる機能を追加(Ver4.3)

【移動呼出】動作解析データを横に並べる機能を追加(Ver4.2)

正面のデータから簡易的に上方向・横方向から見たデータを作成し結合させて横に並べました。

【背景連続作成】描画データを背景として連続して作成する機能を追加(Ver3.8)
詰碁データ作成後背景として表示させてご使用下さい。
詳しくは囲碁データ表示マニュアルを参照下さい。

【ユーザー指定】ユーザー指定画像で球の軌跡を作成する機能を追加(Ver3.7)
オリジナル画像(jpg形式)をご準備下さい。
※ 画像のサイズ調整は [ペイント] の [サイズ変更] が便利です。
[F3]キーorマウス左クリックで軌跡入力、[F6]キーで[リアル描画]します。
球のサイズを変えることで立体的に見えます。([F1]/[F2]で調整)
[PgUp]キーを押すごとにスピードが遅くなります。

(連続して描画させる場合は[F6]キーを連続して押して下さい)
詳しくは、ユーザー指定シミュレーションマニュアルを参照下さい。

【卓 球/テニス/バドミントン】 球の軌跡作成機能を追加(Ver3.5)

YouTubeに「卓球練習」「テニス練習」「バドミントン練習」として公開中です。

※危険ですのでラケットを振り回さないでください。

詳しくは、卓球等シミュレーションマニュアルを参照下さい。





富士山に沈む太陽の軌跡
自宅で撮影し「ぺいんとコロちゃん」で加工しました。
動画加工マニュアルを添付

左から
2016/12/21(冬至) 2017/1/4、1/10

連続画像表示
「ぺいんとコロちゃん」の作業フォルダ連続画像を配置
K数値を1に設定後、画像呼出を行って下さい。連続して表示されます。
太さを変更するとスピードが変わります。
画面サイズに合わせる場合は [編集/画面操作/画面表示位置/ズーム] を選択して下さい。

 

チェックリスト機能を追加(Ver3.2)
タッチペン(スタイラスペン)に対応
※チェックリスト作成マニュアル参照



碁盤機能を追加(Ver2.9)
産経新聞(H29.3.28)に掲載された囲碁データからシミュレーションしました。
※囲碁データ表示マニュアル参照



予 定 表
カレンダーの画像上に一項目づつ、予定表の種類ごとにデータファイルを作成し
¥ぺいんとコロちゃん¥にそれぞれをコピーし、連続ファイルを作成します。
※ファイル名連続作成マニュアル参照
[連続呼出]で()付連続ファイルを結合すれば完成です




射 撃:『F 的』を追加しました




背景入れ替えサンプル



登録ソフトの紹介    YouTube   公開中     ダウンロード