HNXgrep サポートページ(予定地)

(2016.07.13) Ver1.4.6公開 : 合致箇所プレビュー位置オプション追加、など
(2014.06.10) Ver1.4.0公開 : 不具合修正、文字コード・改行コード変換機能追加、など

概要説明

HNXgrepは、テキストファイル等を一括検索できるWindows用Grepソフトです。 ※検索のみ、置換は未対応

検索結果が2タブ構成になっており、「合致箇所」タブではマッチした箇所を、
「ファイル一覧」タブでは検索したファイルのマッチ件数やファイル種類などを、確認できます。

Unicode(UTF8/UTF16)完全対応。複数フォルダ・ファイルからの検索、複数行にまたがるキーワードの検索、
検索結果のコピー/テキスト出力なども可能です。

メイン画面イメージ

■Vector公開バージョン(Version 1.4.6 / 2016.07.10版)のダウンロード

こちらからダウンロードできます。 ⇒ Vectorソフト詳細ページへ

更新履歴はこちらをご覧ください。 ⇒ Ver1.4.6のUpdateHistory.txtを表示

Readmeはこちらをご覧ください。 ⇒ Ver1.4.6のReadme.txtを表示

フリーウェア(寄付歓迎)として配布しています。寄付は VectorVector送金ページから送金できます

■使い方ヘルプ

 ●xdoc2txt.exeの入手方法について

 2014年秋頃より、xdoc2txt.exeの公開URLが変更になっています。
  変更前: http://www31.ocn.ne.jp/~h_ishida/xdoc2txt.html
  変更後: http://ebstudio.info/home/xdoc2txt.html

 HNXgrepでExcel/Word/PDFファイル等の検索を行う場合は、上の変更後URLより
 xdoc2txt 2.xxをダウンロードし、zip解凍後の[command]ディレクトリにあるxdoc2txt.exeを
 HNXgrep.exeと同じディレクトリへ配置してください。

HNXgrepの紹介 - 主な特徴・機能について(BLOG記事)

検索対象フォルダ・ファイル指定に関する説明(テキストファイル)

正規表現・検索モード等に関する説明(テキストファイル)

設定オプション画面の説明(BLOG記事)

キーボードショートカット一覧(BLOG記事)

起動できないときは(BLOG記事)

上記以外のヘルプは未整備です・・・・・・基本的な使い方はReadmeをご覧ください。
画面上の各項目にマウスポインタを当てると操作説明が表示されるので、その内容を参照願います。

■紹介記事

※Vectorの新着ソフトレビューで紹介されました。(2014.07.01)

※Vectorおすすめアプリセレクションでも紹介されています。(Windows7Windows8


■ReadJEnc ファイル文字コード自動判別ライブラリ

HNXgrepの文字コード自動判別機能をC#のライブラリとして切り出し、「ReadJEnc」という名前で公開しています。

 こちらからダウンロードできます。 ⇒  Vectorソフト詳細ページへ
 (dllおよびソースコード、動作サンプルを同梱しています)

 Readmeはこちらをご覧ください。 ⇒ ReadJEncのReadme.txtを表示

●ソースコード主要部分については、以下のblog記事で簡単に解説しています。

 テキストファイル文字コード自動判別(2014年版)(BLOG記事:2014.08.24)
 ※文字コード判別に関する不具合・疑問点などありましたら、こちらの記事にコメントください。
 

このライブラリもフリー(MITライセンス・寄付歓迎)として公開しています。
寄付は VectorVector送金ページから送金できます

■Contact me

hnx8 開発室(作者のBLOG)へ ※不具合報告等は、BLOGの適当な記事にコメントください。


hnx8's page トップへ