拡張ローマ字入力『AZIK』『ACT』

Last modified:2020/02/24

AZIKやACTで「あっ、ずっといい感じ!」 ローマ字カスタマイズで快適な入力環境を!

拡張ローマ字入力『AZIK』『ACT』

AZIKとACTはローマ字入力、英文入力との互換性を保ちながら、より快適に入力する方法です。
AZIK(エイズィック)→QWERTY配列がベース
ACT(アクト)→Dvorak(DSK)配列がベース
gACT10(ガクト・テン)→ローマ字入力はDvorak(DSK)配列がベース、アルファベット入力はQWERTY配列がベース(ACTの拡張実装版)

AZIKについて

総合解説書
拡張ローマ字入力『AZIK(エイズィック)』についての総合的な解説書&仕様です。理念、効果、実装、入力方法、変換一覧表(仕様)について述べています。

補足

通信用語の基礎知識AZIKがわかりやすく解説されています。

ACTについて

AZIKの拡張ローマ字の考え方をDvorak配列に適用して生まれたのがACTです。


ACT (AZIK on Dvorak)
AZIKとACTのポリシーは『ローマ字、英文入力と互換性を保ちながらより快適に!』です。その点からいえば英文キー配列の第2のスタンダードといえるDvorak配列でAZIKを使うこと、つまりACTによる日本語入力は一つの理想形といえるでしょう。
Dvorak配列をベースとした日本語入力については、他に、Aki:z(アキーズ)さんが、 DvorakJPという方式を提案されています。(2002.5)

gACT10
gACT10は『Google日本語入力』を使って、ACTの拡張版の入力を実現するものです。 筆者はAZIK開発後、しばらくそれを使っていました。 しかし、速記の世界でも多用される日本語頻出文字列の省入力をもっと規則的に拡張できないかと考えた末、ACTの拡張版ともいえる拡張ローマ字入力をGoogle日本語入力で実現しました。 アルファベット、英文入力はQWERTY配列のまま、ローマ字入力時だけDvorakベースとなります。筆者の現在のキーボード環境の主砲です。
gACT10は、拡張ローマ字入力としては、最高レベルの省打鍵となめらかな打鍵を提供できる方式です。

雑文コーナー(当初開発時点)

キー入力に関する言いたい放題(htmファイル約20kB)
私はAZIKに行き着くまでいろいろなキー入力を試してきました。そのなかで思ってきたことを徒然なるままに(?)書いてみました。AZIK開発当初のメモのようなものです。(古いです)
ATOK+AZIK実装記念雑文
2000.10.23あのATOK13にAZIKが実装できた!このあまりの喜びに思わず書いてしまった‥‥‥読むだけ無駄かとは思いますが‥‥‥(後日談:今はまたWXGユーザに戻っています)(さらに後日談(10年後の2010年):Google日本語入力でgACT10に決まり!)

Home

ご意見・ご感想をお寄せ下さい

■変更履歴
2020/02/24 しばらくメンテナンスを怠っていたので、リンク切れなどを大幅に整理しました。
2010/12/12 古い内容を整理し、全体的にコンパクトにしました。
      実装方法については、総合解説の中で扱うこととしました。