Last modified:2020/02/24

日本語入力・キーボード

多くのユーザーは、メーカーお仕着せのヒューマンインタフェースに何となく付き合っている。自分がもっと使いやすい環境で作業できる可能性があることすら気づかない。 結構奥が深いキーボードと日本語入力の世界。そんな世界に少しでも光を当てたい‥‥

日本語入力

拡張ローマ字など、かな漢字変換ソフトに入力する際のキーボード操作を楽にするための提案を行っています。2010年現在、Google日本語入力のローマ字データをカスタマイズすることで実装が可能です。

拡張ローマ字入力『AZIK』『ACT』『gACT10』

ローマ字による日本語入力をもっと快適にしようという発想の拡張ローマ字入力。速記の応用で、日本語の頻出文字列や打ちにくい操作が格段に楽に打てるようになります。
特に、AZIKはQWEWRTY配列キーボードでローマ字入力をしている人向けです。通常のローマ字入力との互換性を重視しており、現在の技能資産を極力活かすように、また学習コストを少なくするように配慮しています。

覚えやすく打ちやすい『ぶりっこ入力(2010.10追加)

携帯電話やiPhoneの配列そっくり。フリック入力に似ている、フリックぶりっ子している入力法です。小指をあまり使わず、字面通りでも打てるので、学習コスト、指の負担ともに従来よりも軽減されます。無料の「Google日本語入力」ですぐに実現できます。
キーボードにシールを貼れば、一日で打てるようになるでしょう。そんなに速く打てなくていいから、3本の指だけ使って楽に覚えたい、という人向けです。

キーボードユーティリティ

キーボード操作を楽にするための提案を行っています。

■スペースキーで快適シフト‥‥その名はSandS

スペースキーを押しながらアルファベットキーを押すと大文字が入力できるという、目からウロコのアイディアです。様々なキーボードユーティリティに採用されています。WindowsでSKKを使用する方には必須でしょう。

■JCtrl

あまり使われていない[無変換]キーが大活躍。ホームポジションから離脱せずに、各種編集操作ができるようになります。

タッチタイプ・トレーニングソフト

タッチタイプをマスターするためのソフトを提供しています。

■ブラウザ上で動作するタッチタイピング・トレーニング・システム(Touch31)

Web上で動作する本格的なタッチタイプトレーニングシステム(HTML版)です。まったくの初心者から凄腕のチャレンジャーまで対応です。 ユニークな顔グラフで、練習結果を表示します。
(初期版は、日経ベストPC 2002 June p.133で紹介されました)

■タッチタイプ・モニターボード(2003.01.02)

タッチタイプのトレーニングに使う画面です。指が定まらない初心者、あるいは変な癖を直したい人におすすめ。使い方によってはつ以上のタッチタイプソフトよりも効果があるかもしれません。Web上で動作します。Webページと同じものはこちらからダウンロードできます。

このページは月刊アスキー2000.11号p.397で紹介されました