現在位置: ホーム > ForwardMail4 > ガラケーへのメール転送機能について

Short Cut

シェアウエア

About Me

Toshi's Goods Report

ForwardMail4 ガラケー(docomo au Softbank)へのメール転送機能について

ForwardMailは、携帯電話へのメール転送のための様々な機能を持っています。docomo au softbankどのキャリアにも対応できます。携帯電話へのメール転送機能の使用/不使用については、各アカウント個別に自由に選択することができます。

1)ガラケーの文字制限に対応する分割転送機能

ガラケーメールで一度に受信できる文字数に制限がある場合、転送したメールの全部を受信することができません。ForwardMailは、転送時に、この受信制限文字数を超えないように、1つのメールを複数に分割して転送することができるようになっています。この際に、分割順に従って、題名に分割番号を付ける機能も備わっています。

2)本文へ、題名、差出人名の情報を付加する機能

携帯会社のメールの方式や携帯電話本体の仕様などにより、メールの題名や、差出人の情報が分かにくい場合があります。ForwardMailでは、メール本文の先頭に、題名や差出人名を追加する機能があります。

3)引用符の付いた行の削除機能

メールの引用部分を示す文字(>、|など)が付いたメール本文の行を削除して転送することができます。この際には、引用部分があることを判りやすくするため、引用記号の付いた部分の先頭行のみを残して削除するオプションも選択できます。

4)特定の文字を削除する機能

例えばスペース、TAB、空白行など、携帯でメールを読む場合には、これらの文字はない方が読みやすくなります。ForwardMailには、これらの文字を削除して転送することができるようになっています。

5)同一文字による区切り行を最適にする機能

また、通常のメールでは、区切り目を示すために、「■□■□■□■□■□■□」の様に、同じ文字を連続させた行を作ることが多くあります。携帯では表示部分が小さいため、そのまま転送したのでは、無駄が多くなってしまいます。ForwardMailは、同一文字が連続する場合、連続部分の文字を短くする機能を持っています。

6)引用情報の削除機能

OutlookExpressなどでは、メールの返信文、転送文を作成した場合、「-- Original Message --」で始まる引用情報が付加されますが、携帯でメールを読む場合は、これらの情報は不要な場合がほとんどであり、無駄に文字数を消費してしまいます。ForwardMailでは、「-- Original Message --」がメールに現れると、この部分を引用情報と見なして、それ以下のメールを削除して転送することができます。引用情報に、他の文字列を指定することもできます。

 詳しいガラケー転送機能の説明は マニュアルをご覧下さい


↑出張の宿予約も簡単 ポイントも着きます!

携帯に使用料無料でPCメールを常時転送する方法を紹介

転送されたメールを携帯電話で使用料を負担せずに見る方法があります。これはメール受信が無料であるSOFTBANKの「受信通知」を利用する方法です。SOFTBANKの受信通知は、PCから送られた通常のメールであっても、100バイト以内であれば、受信料(パケット代)がかかりません。

これを利用すれば、無料で会社やプライベートのPCのメールボックスから携帯電話にメールを「たれ流しておく」ことができます。メールの受信通知に利用するには十分ですし、分割転送の機能を利用すれば、長いメールを読むことも出来ます。分割メールは番号が付きますので、番号通りに読んでゆけばメールをつなげて読むことができます。

私は、PCのプライベートアドレスに届くメールをフィルタ機能でフィルタリングして、必要なメールだけを携帯電話にたれ流し転送しています。何通来てもパケット代の負担はないので安心です。

この設定方法を下にサンプルとして掲載します。この設定をそのまま使って下さい!ただし、しつこいようですが、無料なのは「SOFTBANK」携帯だけです。

 

SOFTBANK携帯に パケット代無料でPCメールを「たれ流す」設定
↓クリックすると拡大表示します。

 


【レビュー】LED電球で節電対策: 3LDKマンションの照明をLEDに変えてみました

レビュー情報掲載!