はじめに
Introduction to HTML 3.2

HTML3.2はW3CのHTML仕様書で、IBM, Microsoft, Netscape Communications Corporation, Novell, SoftQuad, Spyglass, Sun Microsystemsといったソフトウェア供給者達と共に、1996年初頭に開発されました。HTML3.2は標準的存在であるHTML2.0との全面的な互換性を維持した上で、表組やアプレットや文章の画像回り込みなど、幅広い新機能を加えています。
HTML 3.2 is W3C's specification for HTML, developed in early `96 together with vendors including IBM, Microsoft, Netscape Communications Corporation, Novell, SoftQuad, Spyglass, and Sun Microsystems. HTML 3.2 adds widely deployed features such as tables, applets and text flow around images, while providing full backwards compatibility with the existing standard HTML 2.0.

W3Cはソフトウェア供給者達と共に、多元オブジェクト・プログラム組み込み・スタイルシート・レイアウト・書式・計算・国際化など、付加機能の拡張について研究を続けています。W3Cはこの研究をHTMLの新版に含める予定です。
W3C is continuing to work with vendors on extensions for accessibility features, multimedia objects, scripting, style sheets, layout, forms, math and internationalization. W3C plans on incorporating this work in further versions of HTML.

SGMLの応用としてのHTML
HTML as an SGML Application

HTML3.2は国際規格ISO8879(Standard Generalized Markup Language)に基づくSGMLの応用です。SGMLの応用ですので、HTML3.2に基づく文書の文法は、SGML宣言文書型定義(DTD)の組み合わせによって定義されます。この仕様書はHTML3.2の要素として考えられた解釈を定義し、DTDに置き換えられない語法の扱い方について詳しい説明をしています。
HTML 3.2 is an SGML application conforming to International Standard ISO 8879 -- Standard Generalized Markup Language. As an SGML application, the syntax of conforming HTML 3.2 documents is defined by the combination of the SGML declaration and the document type definition (DTD). This specification defines the intended interpretation of HTML 3.2 elements, and places further constraints on the permitted syntax which are otherwise inexpressible in the DTD.

記録の区切りに関するSGML規則は曲芸的です。特に、開始タグの直後に続く記録終了は飛ばされることになります。例えば
The SGML rules for record boundaries are tricky. In particular, a record end immediately following a start tag should be discarded. For example:

<P>
文章Text

は、
is equivalent to:

<P>文章Text

とするのと同等です。
同様に、終了タグの直前に置かれた記録終了は飛ばされることになります。例えば
Similarly, a record end immediately preceding an end tag should be discarded. For example:

文章Text
</P>

は、
is equivalent to:

文章Text</P>

とするのと同等です。

(PRE要素のような)文字列の部分を除き、HTMLは空白が連続している部分を一字分の余白(アスキー番号32)として扱います。以上の規則は、超越書類を直接表記するときに、大幅な柔軟性を持たせるものです。将来のHTMLの改訂では、スタイルシートによって定義されたタブ規則に関連して、水平タブ(アスキー番号9)の解釈を許すかもしれないことに注意してください。
Except within literal text (e.g. the PRE element), HTML treats contiguous sequences of white space characters as being equivalent to a single space character (ASCII decimal 32). These rules allow authors considerable flexibility when editing the marked-up text directly. Note that future revisions to HTML may allow for the interpretation of the horizontal tab character (ASCII decimal 9) with respect to a tab rule defined by an associated style sheet.

PCDATAの内容やCDATAの属性のSGML実体は、語法解析によって拡張されます。 たとえば&#233;は国際標準化機構ラテン1文字233番(鋭アクセントを持つ小文字のe)として拡張されます。 これは&eacute;のような名称実体としても書いておくことができます。 &記号には、&amp;という名称実体の使用を固有の表現として取り込むことができます。
SGML entities in PCDATA content or in CDATA attributes are expanded by the parser, e.g. &#233; is expanded to the ISO Latin-1 character decimal 233 (a lower case letter e with an acute accent). This could also have been written as a named character entity, e.g. &eacute;. The & character can be included in its own right using the named character entity &amp;.

HTMLでは、属性値が文字(アルファベットの大文字と小文字)・数字 (0から9)、ハイフン-(アスキー番号45)・終止符.(アスキー番号46)のみを含んでいる場合は、 CDATA属性には引用符を付けなくてもよいことになっています。属性値は二重引用符"又は単引用符'(それぞれアスキー番号34と39)で囲むようになっています属性値が二重引用符によって区切られているときには、その値の中に単引用符を入れることができます。または、その逆も可です。
HTML allows CDATA attributes to be unquoted provided the attribute value contains only letters (a to z and A to Z), digits (0 to 9), hyphens (ASCII decimal 45) or, periods (ASCII decimal 46). Attribute values can be quoted using double or single quote marks (ASCII decimal 34 and 39 respectively). Single quote marks can be included within the attribute value when the value is delimited by double quote marks, and vice versa.

ユーザエージェントによっては、以下の属性について最小限化を必要とするものがあることに注意してください。 COMPACT, ISMAP, CHECKED, NOWRAP, NOSHADE , NOHREF
そのようなユーザエージェントは、HTML 3.2 DTDに基づく妥当な表記であっても、COMPACT=COMPACTISMAP=ISMAPなどといった語法を受け付けません。
Note that some user agents require attribute minimisation for the following attributes: COMPACT, ISMAP, CHECKED, NOWRAP, NOSHADE and NOHREF. These user agents don't accept syntax such as COMPACT=COMPACT or ISMAP=ISMAP although this is legitimate according to the HTML 3.2 DTD.

HTML3.2使用のためのSGML宣言と文書型定義については、補足に回します。 HTML構文解析に関する詳細なガイドラインはWD-html-lexにあります。
The SGML declaration and the DTD for use with HTML 3.2 are given in appendices. Further guidelines for parsing HTML are given in WD-html-lex.


HTML文書の構造
The Structure of HTML documents

HTML3.2文書はまず<!DOCTYPE>宣言で始め、その後に頭HEAD(かしら)、そして本文BODY要素というHTML要素が続きます。
HTML 3.2 Documents start with a <!DOCTYPE> declaration followed by an HTML element containing a HEAD and then a BODY element:

  <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
  <HTML>
  <HEAD>
  <TITLE>A study of population dynamics</TITLE>
  ... other head elements
  </HEAD>
  <BODY>
  ... document body
  </BODY>
  </HTML>

実際には、HTML とHEADBODYの開始タグと終了タグは、HTML 3.2 DTDに準拠する語法解析によってこれをすべて推察できるものであるため、 省略することができます。
In practice, the HTML, HEAD and BODY start and end tags can be omitted from the markup as these can be inferred in all cases by parsers conforming to the HTML 3.2 DTD.

HTML3.2に基づくすべての文書は、HTML3.2文書をHTMLの 他の版から区別するために必ず<!DOCTYPE>宣言で始めなければなりません。HTML仕様書は、保管実体には関係していません。ですから、同一の保管実体(ファイル等)に文書型宣言を置く必要はありません。Webサイトは、HTML3.2仕様書に準拠するものとわかっているようなHTMLファイルについては、HTMLファイルに文書型宣言を動的に付け加えるようにしてかまいません。
Every conforming HTML 3.2 document must start with the <!DOCTYPE> declaration that is needed to distinguish HTML 3.2 documents from other versions of HTML. The HTML specification is not concerned with storage entities. As a result, it is not required that the document type declaration reside in the same storage entity (i.e. file). A Web site may choose to dynamically prepend HTML files with the document type declaration if it is known that all such HTML files conform to the HTML 3.2 specification.

また、全てのHTML3.2文書は、必ず具体的な標題要素を持たなければなりません。従って、最小限のHTML3.2文書は次のようになります。
Every HTML 3.2 document must also include the descriptive title element. A minimal HTML 3.2 document thus looks like:

  <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
  <TITLE>人口動態調査A study of population dynamics</TITLE>

注意: HTML3.2仕様書がW3C関係者機関によって正式に発表されたので、“Draft”を“Final”に置き換えます。
Note: the word "Final" replaces "Draft" now that the HTML 3.2 specification has been ratified by the W3C member organizations.


HTML第3.2版仕様参考書 HTML 3.2 Reference Specification
魔術幻燈版日本語訳

目次 進む→

翻訳:魔術幻燈
poetlabo@cap.bekkoame.ne.jp
ご意見・引用・複写・盗作その他の活用を歓迎します