ROM作成物サポートページ


Written by ROM, since 2003








正式版

動作テスト完了済みのWindows用ユーティリティ




「ainu_exchange」(文字列置換ソフト用)

(文字列一括変換機能付き)文字列置換ソフト用 - アイヌ語相互変換サポートユーティリティデータ

アイヌ語文章(ローマ字・カナ)などを記述した「テキストファイル」や「HTMLファイル」での、

  • 記述形式相互変換
    「Unicode 3.2」←→「Shift_JIS-2004」←→「Shift_JISにおける半角カナ代用表記」
「ainu_exchange」(for EmEditor Professional v4~)

EmEditor Professional v4~用 - アイヌ語相互変換サポートマクロ

アイヌ語文章(ローマ字・カナ)などを記述した「テキストファイル」や「HTMLファイル」での、

  • 記述形式相互変換
    「Unicode 3.2」←→「Shift_JISにおける半角カナ代用表記」→「HTMLタグによる文字サイズ縮小」
  • 表記形式相互変換(アイヌ語+日本語 混在対応)
    「アイヌ語キリル文字表記」←→「アイヌ語ローマ字表記」←→「アイヌ語カナ表記(Unicode 3.2準拠)」
    「日本語ローマ字表記」←→「日本語カタカナ表記」←→「日本語ひらがな表記」
<備考>
次期版となる「ainu_exchange」の一部を先行暫定公開します
(HTML/CSSファイルは、現行版のREADME(取扱説明書)の「readmefolder」フォルダ内に上書きコピーしてご利用下さい)

 

 

EmEditor Professional v4~用 - 二言語併記(文節単位随時翻訳)文章向け HTMLルビ振りサポート(+α)マクロ
  • “Rosetta Stone”のような「異なる言語などでの同一内容の二つの文章」から、文節単位で二つの言語などを随時翻訳した文章の記述に適したHTMLファイル作成などのための、様々な処理の支援をします

  • “先進的”なHTMLファイルの作成を目的とした「Rosetta Scripting - Ruby Assist」や、“旧式”なHTMLファイルの作成を目的とした「Rosetta Scripting - Table Assist」などがセットになっています

  • 『ruby』を用いた先進的なHTMLファイルと、『table』などを応用した旧式なHTMLファイルとを、相互変換する事も出来ます

  • 二言語併記(文節単位随時翻訳)文章での、「本文」部分と「ルビ(訳文)」部分とをワンタッチで入れ替える事も出来ます
<備考>

主要ブラウザソフトの現行versionでは、いずれも『ruby』にネイティブ対応しています


READMEに記述済みの『ruby』ネイティブ対応ブラウザソフト、

  • Microsoft Internet Explorer 5~6 / Microsoft Windows Internet Explorer 7~11 (for Windows)
    Microsoft Internet Explorer 5.0 / 5.1 (for Mac OS ~9.x)
    Microsoft Internet Explorer 5.2 (for Mac OS X (PowerPC))
    Microsoft Internet Explorer 5.0~5.5 (for UNIX (Solaris / HP-UX))
    (1999年3月リリース...)

・・・だけではなく、README記述以降に

  • Google Chrome 4~
    (2010年1月リリース)

  • Apple Safari 4.1.x (for Mac OS X 10.4)
    Apple Safari 5(for Mac OS X 10.5~)
    Apple Safari 5.0 / 5.1 (for Windowsxp~ )
    (2010年6月リリース)

  • Opera 14 for Android
    (2013年5月リリース)
    Opera 15~
    (2013年7月リリース)

  • Mozilla Firefox 38~
    (2015年5月リリース)

  • Microsoft Edge (for Windows 10)
    (2015年7月リリース)

・・・も、『ruby』ネイティブ対応ブラウザソフトとなりました

Google Chrome
マイナビニュース - IEとGoogle Chrome、振り仮名をサポート
マイナビニュース - Safariの振り仮名実装
マイナビニュース - 【レポート】WebKitにおけるHTML5準拠のrubyタグ(注釈)サポート
マイナビニュース - 【レポート】Chrome 4でGoogleが見せた"Web標準"へのこだわり - グーグル・及川氏

Apple Safari
Apple - Apple、Safari 5をリリース
Impress 窓の杜 - 【NEWS】Apple、“Safariリーダー”やBing検索機能を追加した「Safari 5」を公開
マイナビニュース - Apple「Safari 5」リリース、30%高速に - 拡張機能プログラム開始

Opera
Impress INTERNET Watch - 「Opera for Android」正式版公開、Chromiumベースで初のバージョン
Impress 窓の杜 - WebKitベースのレンダリングエンジンに移行して生まれ変わった「Opera 15」正式版

WebKit - Implement HTML5 <ruby> rendering

Mozilla Firefox
Impress 窓の杜 - タブベースの設定画面とルビの表示がサポートされた「Firefox 38」が正式版に
Mozilla - Hacks the Web developer blog - Ruby support in Firefox Developer Edition 38

 

 

秀丸エディタ v5~用 - Unicode 3.2準拠アイヌ語カナ入力支援マクロ
(ローマ字キー入力方式)
<備考>
秀丸エディタ v8~上で“合成文字処理”にフル対応するためには、設定変更をする必要があります
  1. 秀丸エディタのメニューバーのをクリック→をクリック

  2. 「動作環境」窓にて、画面左下の「上級者向け設定(A)」のチェックボックスをにする

  3. 「動作環境」窓にて、画面左側の「設定の対象(L):」枠内にある、

    編集
    - 高度な編集2

    ・・・の項目で、画面右側の

    結合文字
    結合文字を一つの文字として扱う(J)」

    ・・・のチェックボックスをにする

  4. 「動作環境」窓にて、画面下側中央のをクリック

≫設定変更をしないままでも「Adobe-Japan1-5~仕様.otfフォント」であれば合成文字処理されますが、「Unicode 3.2対応.ttf/.ttcフォント」の場合は設定変更が必須

<参考>
秀丸エディタ - 改版履歴 - 2012/05/29 Ver8.30 - UnicodeのIVS (異体字セレクタ補助) 対応。
([その他]→[動作環境]→[編集]→[高度な編集2]の結合文字のオプションがONのとき)

※ 「Windows 7 / Server 2008 R2 with SP1」「Windows Vista / Server 2008 with SP2KB971644...」の場合、OpenType規格 version 1.5対応フォントの導入が必要
(「Windows 8 / Server 2012」 のOS標準日本語フォントでは、Ideographic Variation Database (IVD)部分実装)

Impress 窓の杜 - サイトー企画、「秀丸エディタ」v8.30を公開 - 結合文字に関わる処理の改善や“IVS”への対応など。等幅フォント以外も選択可能に
秀丸エディタ - Ver8.10 新機能の紹介(DirectWrite対応)

 

 

 

 

Preview Release版

動作テスト中のWindows用ユーティリティ

 

「ainu_input_macro」

EmEditor Professional v4~用 - Unicode 3.2準拠アイヌ語カナ入力マクロ
(かなキーボード入力に準じた入力方式)
「ainu_input_plugin」

EmEditor v3
EmEditor Standard v4~v6

EmEditor Professional v4~ 用 - EmEditor公式プラグイン向け Unicode 3.2準拠アイヌ語カナ入力設定データ
(入力文字字形切替方式)
<備考1>
EmEditor Professional v7~ での「設定をINIファイルにエクスポートした状態」及び「Portable版」へは、「ainu_input_plugin」を直接導入する事は出来ません

※ 通常の状態(上記条件以外)の EmEditor に「ainu_input_plugin」を導入後、導入された情報を『.eacファイル』へ一度エクスポートする事により、上記条件の EmEditor にも『.eacファイル』経由で「ainu_input_plugin」の情報をインポートする事が出来ます
(詳細については、公式プラグインの取扱説明書をお読み下さい)

Impress 窓の杜 - 「EmEditor」v16.0.0が公開、検索ダイアログが改善され抽出オプションが拡充
Impress 窓の杜 - 【特別企画】もう「Excel」はいらない? 最強CSVエディターと化した「EmEditor」を使いこなす

<参考>
EmuraSoft EmEditor - EmEditor Professional 11 - その他の新機能 - Unicode 異字体シーケンス (IVS) に対応しました。
(emeditor11_unicode_ivs_j.png)

Windows 7 / Server 2008 R2 の場合、OpenType規格 version 1.5対応フォントの導入が必要
(「Windows 8 / Server 2012」 のOS標準日本語フォントでは、Ideographic Variation Database (IVD)部分実装)
Windows Vista / Server 2008 の場合、OpenType規格 version 1.5対応フォントと 、新しい世代の“Uniscribe Unicode script processor”の導入が必要

<備考2>
README「第3・第4水準漢字の扱い方 「Unicode」編」ページ 情報更新

旧URLアドレス (~2009年12月5日)

新URLアドレス (2010年2月7日~)

Keijiweb - Charu3の使い方講座 - Charu3の紹介からLesson0、1、2
Keijiweb - Charu3の使い方講座

 

 

 

 

取扱方法について

 

ダウンロードファイル(「.zip」もしくは「.7z」形式圧縮) を解凍したらまず最初に、中に入っている「README」(取扱説明書)の全てのページを、現代的な機能を実装しているブラウザソフトで熟読して下さい

<備考1>
「.zip」形式や「.7z」形式などの圧縮ファイルに対応している“解凍ソフト”

「.7z圧縮形式について」及び「関連Link」

<備考2>
現代的な機能を実装している“サポート対象ブラウザソフト”
(下記より古いバージョンについてはサポート対象外)

 

 

 

 

関連Link

 

いかづちSqueakさん作成の「Google 日本語入力用 アイヌ語カナ対応ローマ字キー入力設定データ」を利用する事で、「Google 日本語入力 version 0.10.264.100~ (for Windows)(for Macintosh)」 にて「アイヌ語カナ」対応ローマ字キーが可能となります (Unicode 3.2準拠)

 

Unicode 3.2対応フォントとなる、
  • 「游明朝 Light」
    「游明朝 Regular
    「游明朝 Demibold」


    「yuminl.ttf」version 1.61、
    「yumin.ttf」「yumindb.ttf」version 1.70


  • 「游ゴシック Light」
    「游ゴシック Regular」「游ゴシック Bold
    「游ゴシック Medium」


    「Yu Gothic UI Light」
    「Yu Gothic UI Semilight」
    「Yu Gothic UI Regular」「Yu Gothic UI Bold
    「Yu Gothic UI Semibold」


    「YuGothL.ttc」「YuGothR.ttc」version 1.72、
    「YuGothB.ttc」「YuGothM.ttc」
    version 1.73・・・(Windows 10 Anniversary Update v1607 build 14393 での version数)

・・・が、新しいOS標準フォントとして採用されています

<備考>
以前のOS標準フォントだった、
  • メイリオ/メイリオ イタリック/Meiryo UI/Meiryo UI Italic」(meiryo.ttc) version 6.26
    メイリオ ボールド/メイリオ ボールド イタリック/Meiryo UI Bold/Meiryo UI Bold Italic」(meiryob.ttc) version 6.26


  • MS 明朝/MS P明朝」(msmincho.ttc) version 5.10
    MS ゴシック/MS Pゴシック/MS UI Gothic」(msgothic.ttc) version 5.10

・・・については「日本語版」「多言語版」では標準同梱 (「日本語版」「多言語版」以外では追加ダウンロード)

 

Unicode 3.2対応フォントとなる、
  • 「MS 明朝/MS P明朝」(msmincho.ttc) version 5.00
    「MS ゴシック/MS Pゴシック/MS UI Gothic」(msgothic.ttc) version 5.00


  • 「メイリオ/メイリオ イタリック」(meiryo.ttc) version 5.00
    「メイリオ ボールド/メイリオ ボールド イタリック」(meiryob.ttc) version 5.00

・・・が、無償提供されています

<備考>
Windows Vista 8.1 / Windows Server 2008 Server 2012 R2 でも、各 version 5.00~ がOS標準フォントとして採用されています

 

・・・を装備したUnicodeカーネルのテキストエディタ、「Alpha」(Windows 2000~用) が公開されています

<備考1>
安定版となる「0.7.5.16」系(及び「0.7.5.7 fix6~」) では、「ainu_input」の「ainu_input_macro」互換キー入力(※)によるUnicode 3.2準拠「アイヌ語カナ」入力機能がサポートされていますが、初期状態では「アイヌ語カナ」入力機能は有効になっていません
(「アイヌ語カナ」入力機能を有効にすると、「Alpha」固有のショートカットキー設定の一部も「アイヌ語カナ」入力として機能するように設定変更されます)

≫ 「macros」フォルダの中にある「events.js」(Unicode(UTF-8)ファイル)を開き、文字列の置換機能を用いての文字列をへと置換して上書き保存、アプリケーションを再起動すると、「アイヌ語カナ」入力機能が有効になります

※ 「ainu_input_macro」でのキー入力方法のうちの、<小文字カタカナの場合><半濁音記号付きカタカナの場合 - 半濁音記号同時入力方法>がサポートされています
(詳細については「ainu_input」のREADMEをお読み下さい)

試験公開版となる「0.7.9x」系については、「アイヌ語カナ」入力を含む“キー割り当て機能”全般が記述時点ではまだ実装されていません

<備考2>
“第3・第4水準漢字”を含む「Shift_JIS-2004」「EUC-JIS-2004」「ISO-2022-JP-2004」「ISO-2022-JP-3」のエンコードのファイルでのUnicode 3.2対応フォントによる表示や、「Unicode(UTF-16)」「Unicode(UTF-8)」「Shift_JIS-2004」「EUC-JIS-2004」「ISO-2022-JP-2004」「ISO-2022-JP-3」の各エンコード間での相互変換が可能

≫ エンコードの自動選択が意図通りに機能しない場合には、メニューバーのをクリック→をクリックして、「ファイルを開く」窓で「エンコード(E):」欄を











・・・などと手動で選択した状態にしてからファイルをと、Unicode 3.2対応フォントによって“第3・第4水準漢字”が表示されます

<備考3>
version 0.7.93.3 からは、プレーンなUnicodeテキストでも「Unicodeとしては一つのコードポイントとしてUnifyされている異体字」を明示的に扱う事が出来るようなりました
(Adobe製アプリケーションのような、「字形切替のための Graphical な User Interface」は装備されていません)
  • Windows Vista~ であれば、文字字形切替制御に標準対応

  • Windows 2000/xp/Server 2003であれば、新しい世代の“Uniscribe Unicode script processor”を導入する事により文字字形切替制御に対応化


Alpha の「version 0.7.93.3~0.7.9x」では、Unicode の Ideographic Variation Sequence (IVS) 用の制御文字データ「Variation Selectors Supplement (VS17~VS256)」(U+E0100~U+E01EF) を、「OpenType規格の異体字タグ(trad/expt/hojo/jp78/jp83/jp90/jp04/nlck...)」に内部で変換して“文字字形切替制御”を処理しています

OpenType規格 version 1.5~Unicode Variation Sequences (UVS) としては機能しません

≫ Adobe-Japan1-6 での漢字部分のCID準拠字形のうち、変換処理による仕様(※1)のため切替制御出来ないCID準拠字形も一部あります

≫ 90JIS字形基準な.otfフォントのうち、OpenType規格の異体字タグの 'jp04' を実装していない『古いフォント』では、変換テーブルの仕様(※2)のため2004JIS字形なCIDに切替制御出来ません
(「『古いフォント』の場合には、第1・第2水準漢字の場合は "jp78" を、第1・第2水準実装外漢字の場合は "trad" "expt" "hojo" などを用いて、2004JIS字形なCIDにアクセスする」ためのデータが盛り込まれていません)

  • Adobe製「小塚Std」シリーズ(Adobe-Japan1-3仕様)は、version 3 から 'jp04' を実装

  • Adobe製「小塚Pro」シリーズ(Adobe-Japan1-4仕様)は、version 4 から 'jp04' を実装

  • 大日本スクリーン製造製「ヒラギノPro/Std」シリーズは、'jp04' を非実装
    (「ヒラギノPro」シリーズ以外の Adobe-Japan1-5/1-6仕様.otfフォントでは、'jp04' を実装)

※1 Alpha 作成日記の2008年1月~3月分などに、変換処理の仕組みが詳細に記述されています

※2 Y.Oz Font旧掲示板にて変換処理の仕組みが考案されたものの、infoseek掲示板は2009年3月末でサービス終了しました・・・
(そこで作成された変換テーブルは当初の場所からURLアドレスは移動されましたが、まだ提供されています)


次期版の Alpha では、 OpenType規格 version 1.5~ の Unicode Variation Sequences (UVS) 対応アプリケーションになる模様

<参考1>
  • プレーンなUnicodeテキストでも「Unicodeとしては一つのコードポイントとしてUnifyされている異体字」を明示的に扱う事が出来るようにするためのさらに新しい枠組み Ideographic Variation Sequence (IVS) が、2007年12月に正式な規格として制定されました

Unicode Consortium. - Ideographic Variation Database (IVD)
Unicode Consortium. - Variation Selectors Supplement (VS17~VS256)
(U+E0100~U+E01EF)

Unicode Consortium. - FAQ - Variation Sequences

AdobeのCID規格化担当者による説明資料
IRG36 - IRGN1765 「Current Status of IVS Support in OSes & Applications」
IRG34 - IRGN1676 「Adobe-Japan1 IVD Collection」
IRG31 - IRGN1543 「Additional Information on IVS from UTC」
IRG30 - IRGN1435 「Ideographic Variation Sequences: Implementation Details & Demo」
IRG30 - IRGN1435 「White Paper: Ideographic Variation Sequences」
IRG29 - IRGN1374 「Ideographic Variation Sequences-Implementation Details」

Adobe Blogs - Typblography - Unicode Variation Sequences in OpenType (version 1.5 draft)


Microsoft - 異なる字体の相互運用を可能にするIVS技術促進のための協議会を設立
JUSTSYSTEMS. - 異なる字体の相互運用を可能にするIVS技術促進のための協議会を設立
DAINIPPON SCREEN - 異なる字体の相互運用を可能にするIVS技術促進のための協議会を設立
MORISAWA - 異なる字体の相互運用を可能にするIVS技術促進のための協議会を設立

Impress INTERNET Watch - 人名などの異体字もデータ交換可能に、MSなどが「IVS技術促進協議会」発足


  • Macintosh の場合、Mac OS X 10.6 “Snow Leopard” からは、
  1. Glyph Access Protocol による CIDアクセス

  2. Unicode の Ideographic Variation Sequence (IVS)
    OpenType規格の Unicode Variation Sequences (UVS)(※)

・・・の両方が API としてサポートされています

  1. OpenType規格の異体字タグ
    (trad/expt/hojo/jp78/jp83/jp90/jp04/nlck...) - Microsoft
    (trad/expt/hojo/jp78/jp83/jp90/jp04/nlck...) - Adobe

  2. Unicode の Ideographic Variation Sequence (IVS)
    OpenType規格の Unicode Variation Sequences (UVS)(※)

・・・の両方をサポートしています

 

Windows 7 及び Windows Server 2008 R2 からの「メモ帳」などは、DirectWrite 対応アプリケーション
≫ Windows Internet Explorer 9 からは、DirectWrite 対応アプリケーション
≫ Mozilla Firefox 4 (for Windows) / Google Chrome 37 (for Windows) からは、DirectWrite 対応アプリケーション

Adobe Blogs - Typblography - IVS (Ideographic Variation Sequence) support in OSes
Adobe Blogs - CJK Type - IVS Support: The Current Status and the Next Steps
Adobe Blogs - Typblography - Microsoft DirectWrite is Coming

≫ Mac OS X 10.2 “Jaguar”~Mac OS X 10.5 “Leopard” では、Glyph Access Protocol のサポートのみ

Uniscribe Functions version 1.6 や、.NET Framework 3.0/3.5 での Windows Presentation Foundation (WPF) の API では、OpenType規格の異体字タグのサポートのみ


  • Macintosh の場合、OS X Lion (v10.7) からは、OS標準フォントがOpenType規格 version 1.5対応フォント(Adobe-Japan1-5N)(Adobe-Japan1-3N)、
    OS X Mavericks (v10.9) からは、(Adobe-Japan1-6N)(Adobe-Japan1-5N)(Adobe-Japan1-3N)
  • Windows の場合、Windows 8 / Server 2012 からは、OS標準フォントが OpenType規格 version 1.5対応フォント(Adobe-Japan1-6N相当+α)
    (「Windows 8 / Server 2012」 のOS標準日本語フォントでは、Ideographic Variation Database (IVD)部分実装)
  • iPhone / iPod touch / iPad の場合、iOS 5 からは、OS標準フォントが OpenType規格 version 1.5対応フォント (Adobe-Japan1-5N)
  • Windows Phone の場合、Windows Phone 7.5 からは、OS標準フォントが OpenType規格 version 1.5対応フォント(Adobe-Japan1-3N相当+α)
<参考2>
<参考3>
  • 2014年2月リリースの JUSTSYSTEMS. 一太郎2014 徹~ では、 Ideographic Variation Sequence (IVS) に対応化されました

    Windows 7 / Server 2008 R2 の場合、OpenType規格 version 1.5対応フォントの導入が必要
    (「Windows 8 / Server 2012」 のOS標準日本語フォントでは、Ideographic Variation Database (IVD)部分実装)
    Windows Vista / Server 2008 の場合、動作環境対象外
    (OpenType規格 version 1.5対応フォントと 、新しい世代の“Uniscribe Unicode script processor”の導入で機能するかも?)

JUSTSYSTEMS. 一太郎2014 徹 - 人名・地名でもう困らない - NEWIVSという文字の標準規格に新しく対応! / UP「異体字ツール(IVS)」から簡単操作で異体字入力

Impress PC Watch - 簡単にこだわりある見栄えの文書を作成できる「一太郎2014 徹」
Impress INTERNET Watch - 「一太郎」2014年版の名は“徹”、美文書にこだわる頑固一徹職人的ワープロ
ITmedia PC USER - 2014年は「徹」:こだわり抜いた日本語表現を実現 「一太郎 2014 徹」「ATOK 2014」発表会
マイナビニュース - ジャストシステム、「IVS」に対応し文字種が4倍に増えた一太郎の最新版

一太郎2016 (ダウンロード) Just MyShop価格 税別16000円
(特別優待版 - ダウンロード) Just MyShop価格 税別7400円
(バージョンアップ版/アカデミック版 - ダウンロード) Just MyShop価格 税別各6000円

・・・など


JUSTSYSTEMS. 一太郎2008 - あなたの日本語文書作成をパワーアップ。ATOK 2008も搭載 - NEW 異体字フォントの入力に対応

Impress PC Watch - ジャストシステム、一太郎/ATOKなど含む「JUST Suite 2008」を発表
Impress Enterprise Watch - ジャストシステム、使いやすさに磨きをかけた「JUST Suite 2008」
Impress Internet Watch - 「一太郎2008」など新製品7本、ジャストシステムが2月8日に発売

<参考4>

6 Font feature properties

6.10 East Asian text rendering: the font-variant-east-asian property


MDN (Mozilla Developer Network) - CSS - font-variant-east-asian

マイナビニュース - 【レビュー】「Firefox 34」を試す - WebRTC機能「Firefox Hello」搭載、開発者向けブラウザFirefox Developer Editionも紹介
WWW WATCH - Firefox 34 が正式リリース、SSL 3.0 の無効化、CSS Fonts 関連の実装強化など

Adobe Blogs - Typblography - OpenType Features Come to the Web
MDN (Mozilla Developer Network) - CSS - CSS リファレンス - Mozilla CSS 拡張仕様

マイナビニュース - 【レビュー】Firefox 4に導入されたOpenTypeフォント新機能
Impress 窓の杜 - 【NEWS】「Firefox 4」Beta 7が公開、新しいJITコンパイラ“JaegerMonkey”を統合

Impress 窓の杜 - 【特集】“Firefox史上最多の改善点”を誇る「Firefox 4」がついに登場

 

  • Unicode 3.2対応フォント

    「「游明朝体+36ポかな ミディアム」「游明朝体+36ポかな デミボールド」「游明朝体 ミディアム」「游明朝体 デミボールド version 11.1d1e7 → 11.1d3e1

    「游ゴシック体 ミディアム」「游ゴシック体 ボールド version 11.1d1e2


    「ヒラギノ角ゴシック」W1〜W6 (W1〜W6 の 6Weight が Unicode 3.2対応仕様)(W0/W7〜W9 の 4Weight は Unicode 3.2非対応仕様)
    「ヒラギノ明朝 ProN W3」「ヒラギノ明朝 ProN W6」「ヒラギノ丸ゴ ProN W4」 version 11.0d1e2 → 11.0d2e1 (Copyright ver8.2x)



  • Unicode 3.2準拠アイヌ語入力モード(ローマ字キー入力方式)対応文字入力システム、「アイヌ語Input Source

  • (Shift_JISにおける)アイヌ語半角カナ代用表記」の自動インポート&エクスポート機能・「Shift_JIS-2004」などの手動インポート&エクスポート機能対応Unicodeカーネルテキストエディタ、「テキストエディット」

・・・などを標準装備した OS X El Capitan (v10.11) 搭載コンピューター、「Macintosh」(Intel 64bitプロセッサ搭載モデル) が製造・販売されています

Mac mini」 (普及モデル標準構成) Apple Store価格 税別58800円
MacBook Air」 (普及モデル標準構成) Apple Store価格 税別102800円
MacBook」「MacBook Pro (with Retina display)」 (普及モデル標準構成) Apple Store価格 税別148800円
iMac」「MacBook Pro (with DVD Drive)」 (普及モデル標準構成) Apple Store価格 税別126800円

・・・ など

ITmedia PC USER - 週末アップルPickUp!:新生活でアップルデビューしたい! アップルストアでMacを安く買う方法

(学生、教職員、教育関係者、及び予備校生やPTA役員などの個人購入なら、Apple Store for Education価格で7~10%OFF)
(国家公務員及び地方公務員の個人購入なら、
Apple Store for Government価格で6~8%OFF)

<備考1>
(先進的な)Cocoa APIアプリケーションではOS標準機能として字形切替に対応しているため、OS X El Capitan (v10.11) 上の Cocoa APIアプリケーションでは「ヒラギノ角ゴ ProN W3/W6」「ヒラギノ Pro シリーズ」などの旧OS標準フォントは、原則的には“書体名が不可視化”されました

しかし、
  • (旧式の)Carbon APIアプリケーション
  • Adobe環境 (「Adobe製Application」「Adobe AIR Application」「Adobe Flashコンテンツ」など)
  • Java環境 (「Java Application」「Java Applet」)

・・・など“OSの「フォントパネル」(Cocoa API) を使用せず、独自にフォント選択メニューを用意しているアプリケーション”では、旧OS標準フォントの書体名も基本的にはそのまま表示されます

SCREEN Graphic and Precision Solutions - OS X El Capitan(10.11.2)搭載のヒラギノフォントと弊社製品版フォントについて (2015年12月11日更新)
SCREEN Graphic and Precision Solutions - OS X El Capitan(10.11、10.11.1)搭載のヒラギノフォントと弊社製品版フォントについて (2015年12月11日更新)

<備考2>
Mac OS X 10.5/10.6 では、Mac OS XWindowsxp~ とのデュアルブートを可能にする「Boot Camp」v2/v3 が標準装備されています

v2.1 からは “Windows Vista 64bit”、v 3.1 からは Windows 7”(32bit/64bit)にも、正式対応されました

v2.0
ITmedia PC USER - 正々堂々!LeopardでBoot Campを試す
ASCII.jp - Mac OS & Windows ハイブリッド環境構築大全「PART4-3 単独マシンでのファイル転送」

v2.1
マイナビニュース - Macユーザも「SP3レディ」に - Boot Campのアップデータが公開
ASCII.jp - MacBook対応! Windows Vistaインストール完全ガイド
ASCII.jp - 「本気でお買い得」のMacBookでWindowsを使う (前編)(後編)

v3.1
ASCII.jp - 完全保存版・MacにWindows 7をインストールしよう
ASCII.jp - 11インチMacBook AirにWindows 7をインストール!

OS X “Lion”(v10.7) に標準装備の「Boot Camp」v4~ からは、Windowsxp/Vista への対応が切り捨てられました・・・

v4.0
週刊アスキーPLUS - Lionそっちのけ! 新MacBook Airにウィンドウズ7を即インストール
Impress PC Watch - Apple「Mac mini」Windows 7編 ~Boot CampとParallels Desktop 6でWindows 7マシンとして使う

ASCII.jp - VAIO PからRetina MacBookまで Windows 8インストール実験|RTM版で最終チェック ここが知りたい!Windows 8特集 (6/8) - インストール実験 その4 MacBook Pro Retinaモデル
ITmedia PC USER - “Retina”はMacだけでなく、Windowsでも普及するか (3/4) - Windows 8 Release Previewと解像度スケーリングを確認
ITmedia PC USER - LionとWindows 7で性能チェック:やっぱり欲しい!! 「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」まとめ

v5.0
ITmedia PC USER - 「Touch 8」がすごい:「MacBook Pro」にWindows 8を入れて“タッチ化”してみた
週刊アスキーPLUS - Windows8アップグレード版をMac (MacBook Air - Mid 2012) のBoot Campに入れてみた!
週刊アスキーPLUS - 新MacBook Air (Mid 2013) にWin8を入れてみた 完全ガイド
週刊アスキーPLUS - BootCamp MacBook Airを速攻でWindows8.1化したのねん

MacBook Air」「MacBook」「MacBook Pro (with Retina display) 13-inch」の“Early 2015 製造モデル”からは、“全ての32bit版Windows”及び“Windows 7 (64bit)”への対応が切り捨てられました・・・

vBCA
週刊アスキーPLUS - 新MacBookにBoot Campで速攻Windows 8.1をインストールもUSB 3.1 Type-Cがやっかい

v6.0
ITmedia PC USER - 手順を解説:「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――インストール編
ITmedia PC USER - Egdeは本当に速い?:「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――ブラウザ対決編

<備考3>
OS X(v10.7~) / Mac OS X(~v10.6) 上にて、32bit版や64bit版のWindows/Linux/Unix/OS X Server(v10.7~) / Mac OS X Server(~v10.6) などを同時に稼動させる仮想OSソフトウェア、「Parallels Desktop for Mac」(Multilingual) がリリースされています

「Parallels Desktop for Mac」v11 (Multilingual) 非課税79.99USドル
希望小売価格 税込8500円(税抜7870円)
アカデミック版 希望小売価格 税込6000円(税抜約5556円弱)


v11 (with Japanese Support) Package版 Apple Store価格 税別7800円
v11 アカデミック版 (with Japanese Support) Package版 Apple Store価格 税別5400円

v11
ASCII.jp - Windows 10とOS X El Capitan対応、Mac用仮想ソフト「Parallels Desktop 11 for Mac」
ITmedia PC USER - Windows 10とEl Capitanに対応:MacでWindows 10の「Cortana」も使える! 「Parallels Desktop 11 for Mac」登場 - ITmedia PC USER
マイナビニュース - パラレルス、仮想化ソフト「Parallels Desktop 11 for Mac」を発表
マイナビニュース - 「Parallels Desktop 11 for Mac」発表会 - Siriの代わりにCortanaからMac用アプリを起動
Impress INTERNET Watch - CortanaがMacにやってきた――Mac向けVMソフトの新バージョン「Parallels Desktop 11 for Mac」 -
Impress PC Watch - Parallels、Mac用仮想化ソフト最新版でWindows 10をサポート ~Mac上でCortanaを動作させるデモも披露

v10
週刊アスキーPLUS - 歴代WindowsやIEをMacで使える最強仮想化環境「Parallels Desktop 10」
ASCII.jp - OS X YosemiteとWindows 8.1を統合できる「Parallels Desktop 10 for Mac」
ITmedia PC USER - Yosemiteへの備えはこれでOK:パラレルス、Yosemiteに対応するMac仮想化ソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」

v9
週刊アスキーPLUS - Boot CampなMac使いもなびくWin8スタートボタン付きParallels
マイナビニュース - 【レビュー】Mavericks/Windows 8.1対応を早々にアナウンスしている仮想化ソフト「Parallels Desktop 9 for Mac」の機能をチェック!
Impress PC Watch - Parallels Desktop 9 for Mac ~ThunderboltとFireWire、Windows 7風スタートメニューやDropboxなどクラウドストレージに対応

<備考4>
OS X(v10.7~) / Mac OS X(~v10.6) 上にて、32bit版や64bit版のWindows/Linux/Unix/OS X Server(v10.7~) / Mac OS X Server(~v10.6) などを同時に稼動させる仮想OSソフトウェア、「VMware Fusion」(Multilingual) がリリースされています・・・

「VMware Fusion」v8 (Multilingual) 非課税79.99USドル
日本円価格 税込9990円(税抜9250円)

ZDNet Japan - ヴイエムウェア、米国の「Fusion」「Workstation」開発チーム全員を解雇か (2016年1月28日)



v8
ASCII.jp - Mac上でWindows 10が動かせる「VMware Fusion 8」登場
ITmedia PC USER - ヴイエムウェア、Windows 10の動作もサポートしたMac用仮想OSソフト「VMware Fusion 8/Pro」
マイナビニュース - MacでWindows 10が使える仮想化ソフト「VMware Fusion 8 / Pro」
マイナビニュース - ヴイエムウェア、「VMware Fusion 8/Pro」発表 - Windows 10に対応
Impress INTERNET Watch - VMware、Mac向け仮想化ソフト「VMware Fusion 8」、Windows10やEl Capitanに対応

v7
VMware - VMware Delivers Ultimate Windows on Mac Experience With VMware Fusion 7 and VMware Fusion 7 Pro

v5
ASCII.jp - 40%高速化の「VMware Fusion 5」発売 - Retina/Win8対応
マイナビニュース - アクト・ツー、Mac向け仮想化ソフト最新版「VMware Fusion 5」の販売を開始
マイナビニュース - 【レビュー】Mac定番ソフト十番勝負! - Mac上でマルチOSを実行できるVM(Virtual Machine)ソフトを比較

<備考5-1>
OS X(v10.7~) / Mac OS X(~v10.6) 上にて、32bit版や64bit版のWindows/Linux/Unix/OS X(v10.7~) / Mac OS X (~v10.6) などを同時に稼動させる仮想OSソフトウェア、「Oracle VM VirtualBox for Mac OS X」(Multilingual) が無償提供されています
<備考5-2>
「Macintosh」でのデュアルブートされた Windows 上にて、32bit版や64bit版のWindows/Linux/Unix/OS X(v10.7~) / Mac OS X (~v10.6)などを同時に稼動させる仮想OSソフトウェア、「Oracle VM VirtualBox for Windows」(Multilingual) が無償提供されています

v1.6では VMwareイメージ(.vmdk形式ファイル) にネイティブ対応、v2.0からは Virtual PC/Hyper-Vイメージ(.vhd形式ファイル) にもネイティブ対応、v3.2からは Mac OS X ゲスト対応しています

詳細については、「virtualbox 使い方 mac」などで検索してみるといろいろ解説されている模様・・・

v3.0 for Mac OS X
Impress PC Watch - Snow Leopardと最新仮想化ソフトで使うWindows 7 【Sun VirtualBox編】

v3.1 for Mac OS X
ASCII.jp - 無料の仮想化ソフト「VirtualBox 3.1.2」 10の注目機能
v3.0 for Windows
Impress 窓の杜 - 【NEWS】仮想PC上でDirect3Dを利用可能になった「Sun xVM VirtualBox」v3.0.0

v3.1 for Windows
Impress 窓の杜 - 【NEWS】指定した任意のスナップショットを起動可能になった「Sun VirtualBox」v3.1.0
v3.2
マイナビニュース - VirtualBox 3.2登場、Mac OS XをゲストOSとして初サポート
マイナビニュース - 【レビュー】VirtualBoxの3Dアクセラレーションを有効にする方法

v4.0
Impress 窓の杜 - 【NEWS】フリーの仮想PCソフト「Oracle VM VirtualBox」がメジャーバージョンアップ
マイナビニュース - VirtualBox 4.0登場、NATポートフォワーディングとエクステンション導入

v4.1
Impress 窓の杜 - 【NEWS】仮想マシンソフト「Oracle VM VirtualBox」がメジャーバージョンアップ、v4.1.0に
マイナビニュース - VirtualBox 4.1登場 - VMクローン、1TBメモリ、Aero対応、OSX Lion対応ほか

v4.2
マイナビニュース - VirtualBox 4.2登場 - Windows 8やMac OS X 10.8を正式サポート

v4.3
マイナビニュース - リンゴ印のライフハック (23) Windows XPからMacへ
マイナビニュース - Oracle、最新版となるVirtualBox 4.3をリリース - Windows 8.1をサポート
Impress 窓の杜 - Oracle、PC仮想化ソフト「Oracle VM VirtualBox 4.3」を正式公開

v5.0
Impress 窓の杜 - Oracle、“準仮想化”をサポートした「Oracle VM VirtualBox 5.0」を正式公開
マイナビニュース - VirtualBox 5.0登場

v5.1
Impress 窓の杜 - Oracle、PC仮想化ソフト「Oracle VM VirtualBox 5.1」を正式公開
マイナビニュース - 「Oracle VM VirtualBox 5.1」へとメジャーバージョンアップ - Oracle
<参考1>
Microsoft から評価版/互換環境用/互換検証用として、CD/DVD-ROM イメージ(.iso形式ファイル)

・・・や、Virtual PC/Hyper-Vイメージ(.vhd形式ファイル)

・・・や、Windows向け「Virtual PC/Hyper-V」「VMware Player」「Oracle VM VirtualBox」各イメージ、
OS X(v10.7~) / Mac OS X (~v10.6)向け「Parallels Desktop」「VMware Fusion」「Oracle VM VirtualBox」各イメージ、
Linux向け「Oracle VM VirtualBox」イメージ

・・・などが無償配布されています

マイナビニュース - Microsoft Edge搭載したWindows 10仮想マシンイメージが公開

Impress 窓の杜 - 【NEWS】MS、機能制限なしで90日間試せる“Windows 7”を仮想ディスクイメージとして公開
Impress 窓の杜 - Microsoft、“modern.IE”で提供中の歴代IEの仮想マシンイメージをアップデート

Impress 窓の杜 - 【NEWS】Windows 7向けに仮想PC機能「Virtual PC」とWindows XP実行環境「XP Mode」が公開
Impress Enterprise Watch - Windows 7の新機能「Windows XP Mode」を使ってみる

<参考2>
Virtual PC/Hyper-Vイメージ(.vhd形式ファイル) や VMwareイメージ(.vmdk形式ファイル) 内ファイルへダイレクトアクセスする、仮想HDD化マウントソフトも各種公開されています

Impress 窓の杜 - 【NEWS】VMware、仮想ハードディスクを操作するソフトを開発できるSDKを公開
Impress 窓の杜 - 【REVIEW】Virtual PCのVHDファイルもマウントできる仮想CD/DVDドライブ「Gizmo Drive」


Windows 7 及び Windows Server 2008 R2 からは、

・・・などが可能になりました

Impress Enterprise Watch - Windows 7時代の新常識-仮想ハードディスクをドライブとして使う【前編】【後編】
マイナビニュース - 【ハウツー】レッツ! Windows 8 - 仮想HDDからのOS起動も可能にするVHD/VHD形式ファイル