更新日:2021年9月1日

ブラウザ上で動作するタッチタイピング運指訓練ソフト
Touch31

一般的なタイピングソフトでは、キーをひたすら速く打つことに気を取られてしまい、 必ずしも正しい打ち方(運指法)が身につくとは限りません。 まずは、ゆっくりでもいいから手元を見ずに正しい指使い(運指)ができること。 指が動くようになれば、指の動きとキーを対応させる練習が効率的。 Touch31はこの点に真面目に取り組みました。

練習入り口

指ガイド図

指ガイド図とその説明

指の練習 画面例

指の練習の画面例と説明

単語練習(ひらがな2文字) 画面例

単語練習の画面例と説明

例文練習 画面例

例文練習の画面例と説明

使い方・練習方法

Touch31(HTML5版)の使い方(含ユーザー登録・パスワード変更方法)と練習方法について(PDFファイル)は、 こちらからダウンロードできます。 また、実際のTouch31のHome画面右下に「お読みください」として、 説明や注意事項へのリンクを張っています。適宜参照し、 本システムのねらいをご理解いただいた上で ご使用ください。

練習入り口

顔グラフについて

顔グラフのマッピング 人間の「顔」についての高い識別能力を利用して、多変量データを総合的に把握するための方法が「チャーノフの顔グラフ」です。ここでは本来の使い方からやや外れますが、練習結果の傾向を総合的に把握できるようにする目的で導入しました。ある程度の試行錯誤の結果のものであり必ずしも正確・ベストのものではありませんが、ニコニコ顔・穏やかな顔が沢山出るような練習が好ましいです。

なお、顔グラフについては リフォード・A・ピックオーバー 著,高橋時市郎/内藤昭三 訳「コンピュータ・カオス・フラクタル 見えない世界のグラフィックス」(白揚社)を参考にしました。 また実装にあたってはJohn Wiseman氏作成のJavaコードを本人承諾の下使用しています。

旧参考資料

Touch31開発の背景

実際の学習者の日誌より(学生)

Touch31ユーザの声・評価など


戻る