任意形フレーム応力解析 MATRIX

mat_258d.lzh  ('06/07/24 562,370byte)
mat_259.lzh  ('07/01/22 571,381byte)
mat_260.lzh  ('09/05/08 600,456byte)
mat_261.lzh  ('09/06/24 607,090byte)
mat_261b.lzh  ('09/10/07 607,631byte)
mat_261c.lzh  ('09/10/12 606,402byte)
mat_261d.lzh  ('10/04/01 609,557byte)
mat_261d2.zip ('11/11/01 603,422byte)
mat_261e.zip  ('13/02/14 602,942byte)
mat_262.zip  ('16/06/06 592,997byte)
mat_262a.zip  ('17/03/22 609,900byte)
mat_263.zip  ('17/06/10 621,291byte)

06/07/24 版 mat-gene.exe の制限値:節点数,部材数≦100 を撤廃しました(メモリ依存)。
07/01/22 版 WindowsVista での使用を考えて、MATRIX.INIの保存先とWORKディレクトリサーチ方法を変えてみました。
09/05/08 版 部材温度伸縮荷重を考慮できるようにし、データのフォーマットを変更しました(旧データの読込も可)。
09/05/08 版 にバグが見つかりました(温度伸縮荷重数のカウントミス。解析結果への影響なし)。
09/06/24 版 「解析結果の組合せ」をプロットする機能を追加しました。
09/06/24 版 にバグが見つかりました(保存データの回転バネ単位系変換ミス。入力値と不整合)。
09/10/07 版 ユーザ名、フォルダ名に漢字を使用すると起動時エラーとなる場合に対応したつもりです。
Ver2.60〜2.61b 版 にバグが見つかりました(節点力(=トルク)の単位系変換ミス。データエコーと解析結果は整合)。
10/04/01 版 応力値のプロット位置を調整してみました。
11/11/01 版 mat-gene.exe の架構図(節点、部材配置)が崩れることがある不具合を修正。
13/02/14 版 変位・応力プロット図の数値が解析結果と異なることがある不具合を修正。
16/06/06 版 計算誤差指標=(Σ荷重とΣ反力の差分)/最大反力を算出する機能を追加。
17/03/22 版 プロットFILEの上書確認およびΣ荷重,最大反力の算出方法の不具合を修正。(解析結果への影響なし)
17/06/10 版 プロット出力形式にDXFを追加。

readme.txt   インストール・設定例   履歴   コメント・評価のページへ

メールはこちら