CentOSをサーバOSとして素早く検証する


このページではCentOSをサーバOSとして素早く構築、学習、検証する手順を記します。
CentOSはRedHatEnterorseLinuxのフリーなクローンOSとして
開発が続けられています。

学習のため、検証のためにいかにてっとり早く環境を整えられるかを目的に構成されています。

このページは「てっとり速い検証」がコンセプトです。

検証閑居、最短手順を目指してますので、セキュリティは無視してます。


インストール前
DVDイメージをダウンロードする
 2011/01/09

Intel P965チップセットでインストールできない
 2011/01/10
OS / セキュリティ
SELinuxを無効化する
 2011/10/12
VNC
VNCを動作させる(解説)
 2011/01/11

VNCをサービスとして動作させる(デスクトップセッション)
 2011/01/11

VNCをxinetd経由で動作させる(XDM/GDMセッション)
 2011/01/11

VNCをユーザプロセスで動作させる(デスクトップセッション)
 2011/01/11
メールサーバ
Postfixでメールサーバを構築する(解説)
 2011/01/28

インターネットへ向けて送信しない閉じたメールサーバ(Postfix + Qpopper)
 2011/01/28

インターネットへ向けて送信しない閉じたメールサーバ(Postfix + Dovecot)
 2017/11/03

上位メールサーバへ一律転送するメールサーバ
 2011/01/29

SMTP-AUTHを使って上位メールサーバへ転送する
 2011/01/29

直接インターネットへ配送するメールサーバを
 2011/01/30

宛先により配送先を振り分けるメールサーバ
 2011/02/09

DMZを介したメールの配送
 2011/02/09

RoundCubeMailでウェブメールサーバを構築
 2015/01/03

ActiveDirectoryと連携するメールサーバ(MailDir)
 2017/03/19

ActiveDirectoryと連携するメールサーバ(MBOX)
 2017/03/19

ActiveDirectoryと連携するメールサーバ(追加設定)
 2017/03/19

プロキシーサーバ
プロキシーサーバを構築する(解説)
 2011/03/20

単純なプロキシーとして動作させる
 2011/02/24

多段プロキシーを組む
 2011/03/05

宛先により別のプロキシーへルーティングする
 2011/03/13

二つ以上のプロキシルーティングをする(直接取得)
 2011/03/20

二つ以上のプロキシルーティングをする(多段プロキシ)
 2011/03/20

DNS
DNSマスターサーバを構成する
 2018/04/21 UP

DNSスレーブサーバを構成する
 2018/04/21 UP

キャッシュサーバを構成する(DNSSEC対応)
 2018/04/21 UP

キャッシュサーバを構成する(DNSSEC非対応)
 2018/04/21 UP

named.confを調整する(CentOS5)
 2011/07/19

仮想化
KVMで仮想環境を構築する
 2011/02/09

WebベースでKVMを管理する
 2011/02/13

VirtualBoxで仮想環境を準備する
 2011/03/05

VirtualBoxへCentOSをインストールする
 2011/05/05

ストレージ
iSCSIを設定する
 2011/05/08

時刻同期
時刻同期させる
 2017/06/10

SYSLOG / rsyslog
SYSLOGサーバでログを集中させる
 2011/08/22

rsyslogをインストールする
 2011/09/16

rsyslogを設定する
 2011/09/16

rsyslogモジュールommailの時刻ズレに対処する
 2012/04/17

SNMP / MRTG
SNMPをインストールする
 2011/09/23

MRTGをインストールする
 2011/09/19








prev.gif